">
 

世界でたたかうKOZUE

トップ

お知らせ:

管理上のミスにより、長い間本ブログが更新できない状態出会ったことをお詫びいたします。 本日復旧いたしまいしたので、これまでにいただいたコメントなど順次アップさせていただきます。 今後とも応援の程をよろしくお願いいたします。 2016年12月30日 管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


全試合日程一覧はここをクリック

△page top




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告 | -- trackback | -- comment

△page top

第8節 デュイスブルク0-5フランクフルトで完勝 

デュイスブルク FCR 2001 Duisburg 0ー5 フランクフルト1.FFC Frankfurtの大勝利!


第8節ゴール集 DFB-TV


第8節梢選手写真アルバム by Kazu





[試合経過]
秋も深まり、すっかり冷え込んだデュイスブルクの週末。降ったり止んだりの雨は、キックオフまでになんとか上がってくれました。

DSC_0714_GF.jpg
秋色-試合終了後の風景-

この第8節、首位フランクフルトにとっては11位という格下のデュイスブルクとの対戦。
昨季初旬までフランクフルトの監督をしていたデュイスブルクのカーレァト監督は、ベンチ立ち入り処分を受けてスタジアムからの観戦です。代わって、梢選手の元チームメイト、キーゼル・セカンドコーチが監督にあたります。

梢選手の来独当初、6、7人のドイツ代表選手を抱え、3つの大会で常にトップ争いに絡んでいた頃、常に1000人を超える観客を集めていた頃のFCRを知る私たち梢選手後援会としては、閑散とした会場に複雑な思いが交錯します。

しかし、同情も油断も禁物です。フランクフルトの首位争いを確固としたものにするためにも、次の週末に昨季三冠王のヴォルフスブルクと対戦するDFBカップ戦の下準備のためにも、しっかり戦ってもらわねばなりません。


今日のフランクフルトのフォーメーションは4-1-4-1。

        Preuß
Schmidt - Bartusiak - Kuznik - Laudehr
       Behringer
Crnogorcevic - Ando - Marozsán - Garefrekes
         Sasic

前節に引き続き、梢選手がスタメンに入り、レッドカードで出場停止中のシューマンDesiree Schumann選手に代わってプロイスAnke Preuß選手がGKを務めます。スタメンに、梢選手、ラウデア選手、プロイス選手の3人の元デュイスブルク選手が名を連ねます。

Babett Peter選手、Kim Kulig選手、Svenja Huth選手、Lise Munk選手は怪我で長期療養中、バイラマイFatmire Lira Bajramaj選手は軽い肉離れでしばらくお休み、明日菜選手はベンチスタートです。

DSC_0064_GF.jpg


そして、試合開始早々3分、左から駆け上がったチュルノゴルチェビッチCrnogorcevic選手があっという間に先制点を決めます(DFBのゴール集のカメラも、撮影が間に合わなかったようですね)。
DSC_0119_GF.jpg

今日も圧勝するのかと思いきや、その後デュイスブルクが果敢に攻撃し続け、フランクフルトは思いのほか手こずります。ボールをなかなか自陣に持ち込めず、なんとか戦い方を修正しようとする選手たちから、「前にいって!」「あっちだよ!」「あなたでしょ!」などの声が聞こえ、混乱している様子が伺えます。

そして、監督の指示で落ち着いた新たなフォーメーションは4-4-2。

       Preuß
Schmidt - Bartusiak - Kuznik - Laudehr
Crnogorcevic - Behringer - Ando - Garefrekes
      Marozsán
       Sasic

梢選手は、なんと守備的ボランチにまわります。

DSC_0082_GF.jpg








仲良しの"オースティ"とマッチアップ
DSC_0227_GF.jpg
絶対に負けません!!!

27分、前に飛び出たザジッチSasic選手がゴールを決めて2-0に持ち込みますが、デュイスブルクの攻撃の手はなかなか緩まず、そのまま前半終了。デュイスブルクの「降格圏から脱出したい!」という気持ちがひしひしと伝わってきます。

DSC_0312_GF.jpg
ハーフタイムのウォーミングアップ!

0-2で迎えた後半、50分にガーレフレケスKerstin Garefrekes選手のシュートを止めようとしたデュイスブルクのヒミッヒホーフェン Marina Himmighofen選手の触ったボールがフランクフルトのネットを揺らし、なんとオウンゴールで3-0になります。

しかし、その後フランクフルトはなかなか得点へ持ち込むことができません。

梢選手も完全に守備に回り、デュイスブルクのフォワード選手にマークについている様子で、攻撃に絡みそうな気配はありません。しかし、フランクフルトは試合を徐々にコントロールし始めます。

75分、シュミット Bianca Schmidt選手にデュイスブルクのヴァイヒェルトStefanie Weichelt選手がファウルをおかし、PKを献上。これをザジッチ Sasic sicher選手が難なく決めて4-0 (76分)。

梢選手も、後ろから駆け上がって、2度ほどシュートを試みます。
DSC_0651_GF.jpg
DSC_0652_GF.jpg


惜しい!


78分、待ちに待った明日菜選手の登場です。
しかし、はやる気持ちからか、主審の指示の前にピッチに入ってしまい、イエローカードをもらってしまいます。
DSC_0510_GF.jpg
ドンマイ!あっすー!

明日菜選手はトップ下に入り、ボランチの梢選手とともに、いつもと反対(?)のポジションで、応援する私たちも戸惑い気味です。

DSC_0580_GF.jpg

そんななか、試合終了直前の90分、マロジャンDzsenifer Marozsán選手のコーナーキックのこぼれ球をクツニックPeggy Kuznik選手が決めて5-0。

これにて試合終了。


ところで、今日のデュイスブルク・ベンチには、柴田里美選手が入っていました。

DSC_0671_GF.jpg
柴田里美選手とドイツで初の対面!

DSC_0715_GF.jpg


さあ、この土曜日にはDFBカップ戦!

頑張れ、梢選手!
頑張れ、明日菜選手!
頑張れ、FFC フランクフルト!!

Colin Bell監督:「想定したことをきちんと実現してくれたチームを誇りに思う。早々に先制点を決めたものの、前半途中からデュイスブルクは非常に調子を上げてきたので、我々は戦略を変更して対応した。前の試合の勝利で首位に立ったとは言え、少しでも得点を稼いでおきたかったが、後半最初に3-0になってからは、余裕を持って支配をコントロールし、得点を重ねることができた。特に前半戦で非常に良い戦いを見せてくれたデュイスブルクもたたえたい。」

Siggi Dietrichフランクフルト・マネージャー:「チームがここ数週間調子を上げてきており、今日も良い結果を出してくれて、非常に嬉しく思う。優勝候補としての戦いを出来たと思うし、今日の結果により4度目のブンデスリーガ優勝したいという気持ちをいっそう強くした。しかし、今週末はDFBカップ戦でのヴォルフスブルクとの戦いが待っている。最大の集中力で準備に取り組みたい。」

フランクフルト
Anke Preuß (31)
Melanie Behringer (7) (83分→Garciamendez(2))
Celia Sasic   (9) (78分→Tanaka(24))
Dzsenifer Marozsán (10)  
Simone Laudehr    (11)
Ana-Maria Crnogorcevic (21) (82分→Jessica Wich(17))
Kerstin Garefrekes (18)
Kozue Ando (14)
Bianca Schmidt (23)
Saskia Bartusiak (25)
Peggy Kuznik (27)

フランクフルト ベンチ
Anne Kathrine Kremer    (30)
Alina Garciamendez Rowol (2)
Meike Weber (12)
Jessica Wich      (17)
Asuna Tanaka       (24)


デュイスブルク
Stina Lykke Petersen (12)
Jennifer Oster (6)
Jackie Noelle Groenen (7) (72分→Nati(11))
Lucie Vonkova (9) (83分→Debitzki(20))
Lieke Elisabeth Petronella Martens (10)
Dolores Isabel Jacome Silva (14)
Vanessa Wahlen (17)
Stefanie Weichelt (19)
Marina Himmighofen (21)
Barbara Müller (32)
Carole da Silva Costa (33)

デュイスブルク・ベンチ
Meike Kämper  (1)
Satomi Shibata (4)
Alice Rebekka Hellfeier(5)
Sofia Nati (11)
Julia Debitzki (20)

[観客数]
598

[得点]
0:1 Crnogorcevic  (3分)
0:2 Sasic       (27分)
0:3 Himmighofen  (50分 オウンゴール)
0:4 Sasic         (74分 ファウルによるPK)
0:5 Kuznik         (90分)

[主審]
Imke Lohmeyer (Holtland)

[警告]
イエローカード:
Tanaka (78分), Bianca Schmidt (83分) タグ: 女子ブンデスリーガ  安藤梢  FFCフランクフルト 

[edit]

△page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 【2013/11/13 13:49】 edit

納得です!

またまた、たくさんの写真と詳しいレポートありがとうございます!

やっと「なるほど~!」と納得しました。
と言うのは、写真サイトやゴール集を見てもあんちがあまり前線に出て来ていないので不思議に思っていました。
FCRのMartens選手とマッチアップしてる写真をいくつか見つけて、「あれ?なんでFWの選手とあんちがボールを奪い合ってるの?」って疑問だったんです。
途中から、守備的ボランチだったんですね~。
なんだか、監督さんのあんちに対する要求が高度ですね(^_^;)
まあ、それだけどんなポジションでも順応できると信頼されている証拠だと思いますが。

そのポジションじゃ、なかなかゴールに絡むのは難しいですね。
2戦連発を期待していたんですけどね~~。
映像のゴール、本当に惜しかった!!!(>_<)
でも、フル出場で完封勝利ですから嬉しさも倍増だったんじゃないでしょうか☆

もう土曜日はPokalのWolfsburg戦ですね!
この試合は事実上の決勝戦だと思います!
絶対に勝ちましょう!!そして、あんちのゴールもね!!
これって、DFB-TVで中継ないんですかね??
こんな好カード中継せずにどうする!?って感じですが・・・。


ドイツはもうかなり寒いようですが、体調に気をつけて好調を維持してくださいね~!


では~~!(^_^)/

P.S.
クラブにリクエストしていたあんちとあっすーの今季のAutogrammkarteが昨日届きました!!!!
本当にどうもありがとうございます!!
また宝物が増えました!
クラブのスタッフさんにもよろしくお伝えくださいませ(^_^)/

姉さんファン #dDm6s.8Q | URL【2013/11/12 23:44】 edit

あっすー、あかんがな・・・(;_;)。あんちさん、どこでもやれるプレーヤーとして信頼されているのが分かります。守備にも攻撃にも陰日向なく献身的ですから。
今回も詳しいリポートありがとうございました!  皆様、お身体を大切に。

ほたるいか #- | URL【2013/11/12 23:38】 edit

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozueingermany.blog.fc2.com/tb.php/87-59704b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。