">
 

世界でたたかうKOZUE

トップ

お知らせ:

管理上のミスにより、長い間本ブログが更新できない状態出会ったことをお詫びいたします。 本日復旧いたしまいしたので、これまでにいただいたコメントなど順次アップさせていただきます。 今後とも応援の程をよろしくお願いいたします。 2016年12月30日 管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


全試合日程一覧はここをクリック

△page top




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告 | -- trackback | -- comment

△page top

第6節 イェナ2-3(2-1)フランクフルトで辛勝 

イェナFF USV Jena 2-3(2-1)フランクフルト1.FFC Frankfurt

第6節ハイライト動画 MDR Mediathek   ここをクリック!
ハイライト動画画像

第6節ゴール集 DFB-TV



[試合経過]
FFCフランクフルトは、イェナでの激しい戦いの末3-2で勝ち星をとり、首位ポツダムへ追いつきました。FFCは最後の30分、10人での戦いを強いられたものの、後半に大幅にパフォーマンスをあげ、チーム一丸となったプレイで勝利をモノにしました。

IMG-20131021-WA0001.jpg
©荒井英樹

IMG-20131021-WA0002.jpg
©荒井英樹

IMG-20131021-WA0003.jpg
©荒井英樹

IMG-20131021-WA0004.jpg
©荒井英樹

ベル監督はミュンヘン戦で採用したフォーメーション4-3-3をぶつけてきました。
Schumann
Schmidt - Bartusiak - Kuzni - Weber
Behringer - Marozsán - Laudehr
Garefrekes - Sasic - Bajramaj

前節に引き続き、Babett Peter選手、Kim Kulig選手、Svenja Huth選手は、怪我で長期療養中、Lise Munk選手は負傷のため欠場、梢選手と明日菜選手はベンチスタートです。

IMG-20131021-WA0005.jpg
©荒井英樹

ベル監督は、試合前からイェナは侮れないチームであることを選手たちに警告していました。強力なチームプレーで、トップチームのヴォルフスブルク戦とポツダム戦で1-1と引き分けに持込み、ポイントを取ることに成功しています。

この試合、最初のチャンスは、シュミットBianca Schmidt選手のパスを受けたバイラマイ Lira Bajramaj選手のヘッドシュートでした。 最初の10分間はイェナは試合に入り込めずにいましたが、みるみるうちに強さを増し、シュートチャンスこそないもののどんどん押してきます。

それどころか、24分、イェナのパーシヴァルRia Percival選手が蹴ったフリーキックをエアセックAbby Erceg選手が見事に決めてなんと先制します。

しかしフランクフルトは動揺せず、落ち着いて対応します。
ベル監督は36分、ウェーバーMeike Weber選手に代えてスイス代表クロノゴルチェヴィッチ Ana-Maria Crnogorcevic選手を投入、攻撃を強化します。ラウデアSimone Laudehr選手が、サイドバックにポジションを変え、クロノゴルチェヴィッチ選手をトップに据えます。フランクフルトは激しく追撃し何度かシュートチャンスを迎えますが、イェナGKミシェル Stenia Liane Michel選手に阻まれるか、精度を欠くかでなかなか得点につながりません。

同点に追いつこうと必死に戦っているさなかの42分、なんと相手チームのカウンター攻撃を受け、アーノルドJulia Arnold選手のシュートがシューマンDesirée Schumann選手をかすめてゴール隅に収まり2-0に引き離されてしまいます。

このシュートの後のセンターサークルから出されたボールでフランクフルトがネットを揺らします。43分、ガーレフレケス Kerstin Garefrekes選手がサジッチ Celia Sasic選手に出したボールを、さらに相手のディフェンスを2枚交わしてバイラマイ選手にパス、バイラマイ選手がこれを決めて、ようやく2-1。




ハーフタイムのあと、フランクフルトの選手たちは、同点に追いつこう!と、ロッカールームから決然として出てきます。しかし、シュミットBianca Schmidtが、マロジャンDzsenifer Marozsán選手が、バイラマイ選手が、惜しいシュートを放つも、なかなか決まりません。

それにめげず、フランクフルトは攻撃のプレッシャーをさらに強め、ついに56分、ベーリンガー Melanie Behringer選手のフリーキックをサジッチ Celia Sasic選手が頭で決めて、ようやく同点!!。実はこの時、クロノゴルチェヴィッチ Ana-Maria Crnogorcevic選手がGKを押し倒してしまったように見えましたが、審判はファウルを取らずにゴールを認め、フランクフルト・ファンはホッと胸を撫で下ろします。


その数分後の60分、再びベーリンガー 選手のフリーキックを、今度はガーレフレケス選手が頭で決めて3-2と逆転!!!!


しかしまたその直後の62分、事件が起きます。
イェナのフリーキックをキャッチしたシューマンDesirée Schumann選手が、ゴールに詰めてきたイェナのウテス Susann Utes選手を押し倒してしまい、レッドカードを取られます(このレッドカードは今季の女子ブンデスリーガで初めてです)。
同時に、審判はウテス選手のファウルをとりイエローカードを出します。イエナ側は、ファウルを行っていないとしてPKを要求しますが認められません。

ポストの間には、シューマン選手に代わって21歳のプロイス Anke Preuß選手が入り、ベーリンガー選手がピッチを去ります。10人で戦うフランクフルトに対してイェナの怒涛の反撃が続きますが、プロイス選手はなんとか交わし続けます。

81分、梢選手がバイラマイ選手に代わって投入されるも、ひたすら守りに徹し、そのまま追加点を抑えて試合終了。田中明日菜選手の出場はありませんでした。

IMG-20131021-WA0006.jpg
©荒井英樹

IMG-20131021-WA0007.jpg
©荒井英樹

この日の勝利で、フランクフルトは2位に浮上しました。
次の週末は代表マッチーでブンデスリーガはお休みのため、次の試合は11月2日、12時からジンデルフィンゲンと対決します。Eruosport、DFB-TVで放送予定です。さあ、トップ目指してGO!!!


がんばれ梢選手!
頑張れ、明日菜選手!
頑張れ、FFC フランクフルト!!

[コメント]
Colin Bell監督:
「選手たちは倒れるまで戦った。試合序盤は受身過ぎた。イェナの方が良かったので、ハーフタイムの時点では先方が勝っていたのは当然だ。しかし後半に入ってチームは能力を発揮し、その結果当然ゴールも決めた。」

Siggi Dietrichフランクフルト・マネージャー: 「強いイェナに勝ったのは非常に意味が大きい。2-0になったあと意地を見せ、しっかりとしたパフォーマンスで逆転に成功した。」


[選手]
フランクフルト
Desiree Schumann (1)
Melanie Behringer (7) (64分→Anke Preuß (31))
Celia Sasic  (9)
Dzsenifer Marozsán (10)  
Simone Laudehr  (11) 
Meike Weber     (12) (36分→Ana-Maria Crnogorcevic(21))
Kerstin Garefrekes (18)
Fatmire Bajramaj (19) (81分→Kozue Ando(14))
Bianca Schmidt (23)
Saskia Bartusiak (25)
Peggy Kuznik (27)

フランクフルト ベンチ
Anke Preuß        (31)
Alina Garciamendez Rowol (2)
Kozue Ando        (14)
Jessica Wich      (17)
Ana-Maria Crnogorcevic  (21)
Asuna Tanaka       (24)
Anne Kathrine Kremer    (30)


イェナ
Stenia Liane Michel (30)
Ria Percival (2)
Abby Erceg (3)
Susann Utes (6)
Amber Hearn (10)
Lisa Seiler (17) (81分→ Louisa Lagaris(20))
Vivien Beil (18) (56分→Sara Löser (8) )
Iva Landeka (19)
Laura Brosius (23)
Julia Arnold (31)
Carolin Schiewe (33)

イェナ ベンチ
Franziska Ippensen(12)
Sara Löser     (8)
Louisa Lagaris (20)
Maxi Krug     (21)
Maxi Lehnard (25)


[観客数]
920

[得点]
1:0 Erceg (24分)
2:0 Julia Arnold (42分)
2:1 Bajramaj (43分)
2:2 Sasic (55分
2:3 Garefrekes (60分)


[主審]
Ines Appelmann (Alzey)

[警告]
イエロー:
イェナ Erceg (13分), Utes (64分)
フランクフルト Laudehr (38分)

レッド:
フランクフルト Schumann (62分 乱暴行為) タグ: 女子ブンデスリーガ  安藤梢  FFCフランクフルト 

[edit]

△page top

コメント

楽しそう~!!

DFB-TVの映像見ましたよー!(笑)
3人でめちゃめちゃ楽しそうに盛り上がってましたね~!
まあ、一番はあっすーですけど・・・(^_^;)


あんちは、こうやって見るとほとんどのドイツ代表選手とチームメイト経験があったり、お友達だったりするんですよね~。
すごいなぁ~。
Annike選手のユニも似合ってましたよー!
そのまま、ドイツ代表になれそうかも(笑)。


ドイツ語でのインタビュー、内容を理解できました!(^_^)v
もっともっとあんちの話すドイツ語聞きたいな~。
ぜひ、試合で活躍してインタビューに応えて欲しいです!
そうしたら、私ももっと必死で勉強しますんで・・・。

ドイツ代表の戦いぶりを見て、またなでしこでプレーをしたくなったと思います。
絶対に2015W杯には出ないとね!!!

でも、まずは明後日のリーグ戦!

がんばれーー!!!(^_^)/

姉さんファン #dDm6s.8Q | URL【2013/11/01 00:48】 edit

元気ですか?

おはようございます!日本は朝6時。
フランクフルトはまだ夜10時のこんばんはですね(^^;)

時差8時間て、こうやって考えると日本とドイツは遠いんだなぁと実感します。


紗希ちゃん、やっぱりフランクフルトに来たんですね~。
『梢先輩は多忙のため会えませんでした』って…。
残念……(:_;)

あんちの近況もぜひブログで教えてくださいね~!(^_^;)
KOZUEメソッドの第2弾を書いてたり?は、しないか…(笑)

では、土曜日の試合楽しみにしてますね!

頑張って会社に行ってきます!
ゆっくり寝てね(笑)。
オヤスミなさいー☆

姉さんファン #dDm6s.8Q | URL【2013/10/29 06:13】 edit

あんち、勝利おめでとうございます!!

一人少ない状態での交代出場は、信頼が厚い証拠のような気がします。
また楽しみにしてます!
勝利!もですが、アシストやゴールも(^∧^)

ice #Jb1WjOXM | URL【2013/10/25 08:08】 edit

イエナ戦勝利おめでとうございます。
勝ってよかったですね。
生で見てたらすごい盛り上がりそう~。
ハイライト動画だけでも楽しめます。
こういう試合で勝ったら勢いづいていけそうですね。

って言っても、次はお休みなんですね。
他のサッカーの試合見に行ったりするのかな?
ゴール集で見ているとドイツ各地も紅葉がきれいですね。
ではまた!(^^)!

しべーた #- | URL【2013/10/24 10:52】 edit

ありがとうございます!

詳しい試合経過、どうもありがとうございます!

やっぱり、いろんな意味で内容の濃い試合だったみたいですね。
選手のみなさんもアドレナリン出まくりだったのではないでしょうか・・・(笑)

でも、Desi選手の2試合出場停止はチームにとっては痛いですね。
こういう時こそ他の全員の気持ちを一つにして結束することが大事ではないかと思います。


次の試合はまたDFB-TVでの中継もあるので、楽しみにしています!!

では~!(^_^)/

(今日は短め・笑)

姉さんファン #dDm6s.8Q | URL【2013/10/22 22:14】 edit

荒れた試合になりましたね。でも勝利でなによりです。観客数が少ない気がしますが、入場料(観戦チケット)はいくらくらいなんですかね?あんちさんお疲れさまでした。皆様お身体大切に。

ほたるいか #- | URL【2013/10/22 19:19】 edit

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozueingermany.blog.fc2.com/tb.php/83-b2ebacde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。