">
 

世界でたたかうKOZUE

トップ

お知らせ:

管理上のミスにより、長い間本ブログが更新できない状態出会ったことをお詫びいたします。 本日復旧いたしまいしたので、これまでにいただいたコメントなど順次アップさせていただきます。 今後とも応援の程をよろしくお願いいたします。 2016年12月30日 管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


全試合日程一覧はここをクリック

△page top




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告 | -- trackback | -- comment

△page top

2013/14女子ブンデスリーガのみどころ 

女子ブンデスリーガ2013-14年のみどころ
※主に以下のサイトを参照しまとめました。
Frauenfußball-Bundesliga: Ausblick auf den 1. Spieltag 2013/14 - Frauenfußball in Deutschland - Framba.de

☆試合を見る方法
DFB ライブティッカー
 文字テキストで、試合の状況を見ることができます。
DFV-TV
 時折、各節のうちの1試合のみ、ライブで放送されます。
EUROSPORTS
 今季から2016年までの毎節1試合の放送権利を獲得。
TV及びネット放映情報 framba
 ドイツの女子サッカーの放映情報
各スタジアム入場料(独)
 クラブ名をクリックすると、スタジアム情報も見られます。
 ※Sitzplatz:座席 Stehplatz:立ち席 erm.割引対象者(子供、障害者など)
 

☆先シーズンの最終結果

順位チーム試合得失点ポイント
1.VfL Wolfsburg (P, CL)221771:16 +5553
2.1. FFC Turbine Potsdam22161570:16+5449
3. 1. FFC Frankfurt 22152552:26+2647
4.FC Bayern München 22141849:24+2543
5.SC Freiburg2295833:31+232
6.SGS Essen2286826:30-430
7.SC 07 Bad Neuenahr2286825:29-430
8. Bayer 04 Leverkusen2268831:40-626
9.FCR 2001 Duisburg22731237:47-1024
10.FF USV Jena22641224:47-2322
11.VfL Sindelfingen22331614:73-5912
12.FSV Gütersloh 200922211619:72-537
II南TSG 1899 Hoffenheim22182273:23+5056
II北BV Cloppenburg22173254:14+4054


☆第1節の見どころ

第1節試合予定
日付時間対戦チーム
9月7日 13:00  VfL Wolfsburg -   FC Bayern München
9月8日14:00 Bayer 04 Leverkusen - FCR 2001 Duisburg
9月8日14:00 SC Freiburg - 1. FFC Frankfurt FF USV Jena
9月8日14:00 1. FFC Turbine PotsdamFF USV Jena
9月8日14:00 SGS Essen - BV Cloppeburg
9月8日14:00  1899 Hoffenheim - VfL Sindelfingen 



女子ヨーロッパ選手権でドイツ代表が優勝、EUROSPORTが女子ブンデスリーガのライブ放送を決定と、ドイツでは女子サッカーが注目を浴びてきています。


チャンピオンのヴォルフスブルク対ミュンヘン戦は、EUROSPORTSでも放映!
昨季、ブンデスリーガ、DFBカップ戦、ヨーロッパ・チャンピオンスリーグの3つの大会でいずれも初めての優勝という快挙を成し遂げた、三冠王のヴォルフスブルクは、過去20試合負け知らずのホームでミュンヘンを迎えます。

しかし、昨季4位のミュンヘンは隠れた優勝候補。ヨーロッパ選手権で全試合に出場する活躍を見せたLeonie Mayer選手を獲得したほか、次節から使われるホームスタジアムでのメディア対応も一新するなど、準備万端。米国人選手6人とともにトップ争いに向かいます。



常に優勝候補のフランクフルトとポツダム
フランクフルトとポツダムは、ブンデスリーガ創設以来、常にトップに君臨してきました。

多くのドイツ代表選手を抱えながら、昨季三位に終わったフランクフルトは、アウェイで昨季5位のフライブルクと対戦します。実は、フランクフルトはフライブルクでの過去4試合中3試合に負けています。しかも、Colin Bell 新監督は、怪我で長期休養中の Babett Peter, Kim Kulig、Svenja Huthの3選手の他、Lise Munk選手、 Jessica Wich選手を起用から外さなければなりません。さらに、主力であるSaskia Bartusiak選手、今季から第1GKとなるDesirée Schumannも軽い負傷。開幕早々、万全とは言えない選手状況ですが、土曜日からフライブルクへ移動して準備に入り、Bell監督も「フライブルクはよく訓練され戦略に長けたいいチームだ。Melanie Leupolz、 Sara Däbritz、Juliane Maierといい選手も揃っており、油断できない。 今度こそフライブルクで勝利を!」と気合十分です。

また、昨季後半から在籍している安藤梢選手、今季加入の田中明日菜選手が、15名の各国代表選手を擁するこのチームで、どんな活躍もみせてくれるのかも、楽しみです。

1238735_578373322208559_1877576942_n.jpg 1239001_578373798875178_1776369280_n.jpg
安藤梢選手 田中明日菜選手 写真:Highlander Saxy

一方、フライブルクは「11人のヨーロッパ・マイスターを生で見よう!」のポスターを掲げ、強豪チームとの開幕戦を盛り上げています。Dietmar Sehrigぽ新監督も、「1試合1試合勝ちに行くつもりだ」と、勝つ気満々です。


もうひとつの優勝候補、ポツダムはイェナとの東ダービーです。ポツダムは、昨季の得点王大儀見優季選手が英国のチェルシーに移籍し、戦力ダウンが心配されますが、2011/12シーズンの得点王Genoveva Anonmaが残っています。また、昨季主に2軍で戦っていた永里亜沙乃選手が1軍登録になり、その活躍が期待されます。
Asano-Nagasato.jpg
写真:Jan Kuppert


昇格チームは、どこまで上がれるか?
今期の残留争いも見ものです。

昇格してきたホッフェンハイムとクロッペンブルクは決して侮ることができません。

特に、クロッペンブルクは7年ぶりに北部グループから昇格を離したクラブです。簡単にその地位を明け渡したくはないはずです。夏のあいだに、昨季の得点王争いに最後まで絡んでいたMandy Islacker選手(元Duisburg)、スウェーデン代表のSofia Jakobsson選手(元FC Chelsea,ENG)など、11選手の獲得に成功しています。日曜日のEssen戦、移籍市場閉鎖ぎりぎりに移籍が決定したJakobsson選手が間に合うかどうかは不明ですが、戦いぶりが楽しみです。

また、ホッフェンハイムは日曜日にジンデスフィンゲンを迎えます。ホッフェンハイムには、若きなでしこ戦士、岩渕真奈選手が在籍しており、その活躍が注目されます。
SetWidth245-Mana-Iwabuchi.jpg
岩渕真奈選手 写真:Hoffenheimクラブサイトより

一方、Niko Koutroubis監督率いるジンデルフィンゲンは、平均年齢18,9歳と、ブンデスリーガで最も若いチームです。経験のある選手が少なく、ブンデスリーガへの残留が最は難しいかもしれませんが、あるいは、若いが故に成功するかもしれません。


今季のブンデスリーガはおもしろい!?
デュイスブルクをホームで迎えるレーバークーゼンは、昨季後半に急に頭角を出し注目を浴びたチームです。今季どんな戦いを見せてくれるか楽しみです。

安藤梢選手の元在籍クラブであるデュイスブルクは、1月に破産申請をして以降、経営再建中です。ぎりぎりで救済されI部残留がかなったものの、安藤梢選手やMandy Islacker選手などの放出などにより、戦力が弱まっているのも事実です。経営状況も然ることながら、残留圏内に残れる戦いができるか、注目したいところです。

また、デュイスブルクII軍チームには、4月から日本人の柴田里美選手が在籍しています。すでに夏季準備期間
からI軍トレーニングに参加しており、試合でも柴田選手の出場が期待できそうです。
Satomi-Shibata-pr.jpg
柴田さとみ選手 写真:Marion Kehren

どこが優勝し、どこが降格するのか、はたまた経営危機にあるクラブが立ち直れるのか、予想がつかない今季のブンデスリーガは目が離せません!?


[第1節観戦 豆知識]
・7日土曜日13:00の開幕戦ヴォルフスブルク対ミュンヘンは、EUROSPORTSおよびDFB-TVにより、ライブ放送。

・ヴォルフスブルクは、ホームで過去20戦連勝中。

・フライブルクは、ホームで過去4試合中3試合フランクフルトに勝利している。

・ポツダムは、ブンデスリーガにてイェナに1ポイントも献上したことがない

女子ブンデスリーガの平均年齢は、21.62歳。
最も若いチーム:     ジンデルフィンゲン 18.79歳
最も人生経験が長いチーム:フランクフルト 24.29歳
ドイツ代表(ヨーロッパ選手権)平均年齢: 23.70歳

女子ブンデスリーガ・スタジアムの平均入場料(座席)は、7,50€。

• 外国人選手の獲得の際、各クラブはまとめて取る傾向あり。
 例えば、バイエルンはアメリカ人選手が6人、クロッペンブルクはポーランド人選手が4人、イェナはニュージーランド選手が3人いる。
タグ: 女子ブンデスリーガ  安藤梢  FFCフランクフルト 

[edit]

△page top

コメント

今季もよろしくおねがいします!!

後援会さま

いつもたくさんの情報、どうもありがとうございます!
いよいよ新シーズンが開幕ですね!
今季もまた、安藤選手とFrankfurtの情報を期待していますので、どうぞよろしくお願い致します(^_^)

初戦で当たるFreiburgには、苦手意識がちょっとあるかもしれませんね。
良いスタートを切れれば、序盤戦で勝ちを積み重ねて波に乗って行けると思いますので、ぜひとも勝利して欲しいです!

個人的には、今季はWolfsburgはもちろんですが、Bayernも怖い存在かなと。。。
Potsdamは大儀見選手が抜けた穴を埋められるかが課題でしょうか。


監督も代わり、新生Frankfurtの戦いぶりが今からとても楽しみです!!
スタメンに「Kozue Ando」の名前がありますように~~☆☆
そして、開幕戦ゴールにも期待します!

姉さんファン #dDm6s.8Q | URL【2013/09/06 22:31】 edit

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozueingermany.blog.fc2.com/tb.php/68-a7304f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。