">
 

世界でたたかうKOZUE

トップ

お知らせ:

管理上のミスにより、長い間本ブログが更新できない状態出会ったことをお詫びいたします。 本日復旧いたしまいしたので、これまでにいただいたコメントなど順次アップさせていただきます。 今後とも応援の程をよろしくお願いいたします。 2016年12月30日 管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


全試合日程一覧はここをクリック

△page top




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告 | -- trackback | -- comment

△page top

第20節 Frankfurt 2-0 wolfsburg トップチームに完封勝利! 


1.FFC Frankfurt 2-0(1-0) VfL Wolfsburg 首位チームに完封勝利、2位を保持!


フル動画 DFV-TV


ハイライト動画 DFV-TV


第20節ゴール集 DFV-TV



ヴォルフスブルクWolfsburgに前半戦で4-2で負けたフランクフルトFrankfurt。多くの人がこの日のヴォルフスブルクの優勝確定を思い描いていた第20節、フランクフルトは、ケアステン・ガーレンフレーケスKerstin Garefrekes(15分)選手とザスキア・バートゥジアックSaskia Bartusiak選手 (50分)の得点でヴォルフスブルクを2-0で下しました。

これによりヴォルフスブルクのブンデスリーガの優勝確定は、少なくとも1週間先に伸ばされました。既にDFBカップ決勝戦(5月19日対ポツダム)とCL決勝戦(5月23日対オリンピア・リヨン)への出場を決めているヴォルフスブルクは、ブンデスリーガではこれが今シーズン2度目の負けです。一方、フランクフルトはチャンピオンズリーグ出場圏獲得へ向けて、大きな3ポイントです。


[試合経過]
24度の暑さの中でポツダムと戦った水曜日と打って変わり、気温10度の曇り空の4月28日に行われた頂上対決は、DFB-TVとNDTがネット放映し、おびただしい数のカメラマンと、3240人の観客が詰めかけました。

130428-004.jpg
Wolfgang NiersbachDFBプレジデント

[写真]
DFBプレジデントのWolfgang NiersbachとSteffi Jones DFB-ディレクター

Zuschauer.jpg
アマチュアカメラマンも今日はたくさん!

 Wolfsburg.jpg
優勝確定の瞬間を一目みようと、朝5時に出発してきたヴォルフスブルク応援団

130428-001.jpg
次戦で復帰できるか?!ラウデアLauder選手

130428-003.jpg
最終戦復帰が目標というバイラマイBajramaj選手

DSC01357.jpg
ウォーミングアップも楽しそう!

DSC01362.jpg

DSC01370.jpg 
紗季選手、ステキ!

DSC01380.jpg

pohlers_11_42591_p880722.jpg
かつて4年ほどフランクフルトにてプレーしていたヴォルフスブルクのコニー・ポーラースConny Pohlers選手。今日勝てば、このピッチでの2度目の優勝祝い(1度目はフランクフルト時代)でした。

kids.jpg

 kids-2.jpg 

siaimae F

siaimae W


今日は両チームとも「勝ちたい」という強い気持ちの伝わる好ゲームでした。
ヴォルフスブルクは、最初からマルティーナ・ミュラーMartina Müller、コニー・ポーラースConny Pohlers、 アデクサンドラ・ポップAlexandra Poppの三人のフォワードを投入します。試合開始9分後には、 アナ・ブレッセAnna Blässe選手が大きなチャンス!シュートに持ち込みますが、クロスバーに当たります。


そのすぐ14分、フランクフルトが大きなチャンスを迎えます。梢選手がアナ選手との素晴らしいコンビネーションでシュートに持ち込みますが、惜しくも相手ディフェンダーに阻止されます。

kozue01-2.jpg

kozue02.jpg

kozue02_20130429174935.jpg

kozue04.jpg

kozue03.jpg

kozue05.jpg

kozue07.jpg

このシュートで得たジェニファー・マロジャンDzsenifer Marozsán選手からのコーナーキックを、ガーレンフレーケス選手がゴールし先制点をあげます (15分)。 このときのフランクフルトの喜びぶりを見ると、ヴォルフスブルクの優勝を少なくとも今日決めさせたくはない、という気持ちがいかに強かったかが伝わってきます。

130428-006.jpg
ガーレンフレーケス選手は、珍しく自分のゴールに喜びをあらわに!

130428-007.jpg
アシストをしたマロジャン選手も、嬉しさのあまり、観客席の元チームメイトSara Thunebroのところまで大疾走!



31分にコニー・ポーラース選手が放ったシュートもポストが弾きます。



130428-008.jpg

130428-010.jpg


前半も半ばを過ぎたころ、アクシデントが起こります。フランクフルトのスヴェニャ・フースSvenja Huth選手とGKのナディーネ・アンゲラーNadine Angerer選手が頭を互いにぶつけ、フース選手は顎にアンゲラー選手は後頭部に切り傷を負ってしまいます。ピッチ上でドクターに傷口を繋ぎ合わせる応急処置を受けます。

130428-012.jpg

130428-013.jpg

130428-014.jpg

10分ほどの中断の間、心配そうに見守るフランクフルトの選手たちの横で、ヴォルフスブルクの選手達もボール周しをしながら辛抱強く待ち続けます。
二人が治療を終え、ユニフォームを着替えて、ピッチ上に立ち上がったとき、会場からは大きな拍手が沸き起こりました。試合後、フランクフルトのHans-Joachim Kergerチームドクターは「スヴェニャはどうしてもプレイを続行したいという強い気持ちがあった」と説明しています。

若手ドイツ代表選手でもあるフース選手のこの強い意志が、今日のフランクフルトの試合に決め手となったかもしれません。後半に入ると、ニーダーザクセンから来たゲストチームよりも、フランクフルトは俄然より献身的に、チームがより一体となって戦いを展開します。

後半が始まって4分、マロジャン選手が40mから夢のようなループシュートを放ちます。これを、ヴォルフスブルクのGKアリーザ・フェッテラインAlisa Vetterlein選手が指先でゴール上になんとか弾きます。そして得たコーナーキックを、バートゥジアック選手がゴール!(50分)。


130428-018.jpg

1960366089-594602151_344-2W09.jpg

130428-017.jpg

130428-022.jpg

130428-024.jpg

その後も、両者、激しい攻防がつつきますが、ついに、、、、試合終了!

連戦が続く苦しい日程の中、両チームの選手とも、最後まで精一杯戦い抜きました。
ザシャ・グラスSascha Glass新監督(代行)はたった5回のトレーニングを経て、既に今日3試合目、3勝目です。

130428-025.jpg
フランクフルトの勝利を素直に祝福するRalf Kellermannヴォルフスブルク監督

DSC01432.jpg
嬉しそう!

DSC01437.jpg

DSC01428.jpg
紗季選手とガーレフレーケス選手

DSC01447.jpg
ストレッチしながらおしゃべり中の梢選手と紗季選手を不思議そうに眺めるセカンドコーチ!

DSC01444.jpg
試合後の記者会で名を挙げて褒められたkullig選手。「KOZUEはフォワードがあってるよね。いい動きしてる。」


DSC01459.jpg


DSC01472.jpg
今日もベルギーからまたもう一人

DSC01468.jpg
わざわざ日本からも、梢さんのファンの方が!偶然にも、今日のFFCマガジンの特集は梢選手!

DSC01481.jpg
とっても気さくなバイラマイ選手とラウデア選手

DSC01485.jpg
フランクフルトでお世話になっている和食「IWASE」の大将ご夫妻!

DSC01497.jpg

梢選手の乗っている車

今日は、後援会の裏話もひとつ。
浦和レッズレディースのサポーターから預かった赤い垂れ幕。
日本の方の心もひとつにおうえんしていただきたい、と思い、できる限り会場に掲げるようにしています。

今日は、しかし、この垂れ幕を結ぶ紐紛失!というハプニング。
ドイツにはコンビニもなければ、日曜日はスーパーも開いていません。
しかも、20分後には試合開始。試合を見るためにこそこここへやってきた私たちなので、試合も見たいし写真も撮りたい。
そこで、周囲を見渡し、それぞれの思いつき、いえ、知恵を集大成して、なんとか垂れ幕を掲げることができました。

DSC01343_20130429191937.jpg
そばにおちていた蔦を発見!使えるか?


DSC01346.jpg

できた!


DSC01352.jpg

下辺には枯れ枝を通して重しに。

DSC01353_20130429191932.jpg
生えてるものは、草でも使え!

DSC01354.jpg
完成!間に合ったーーー!!

あと2試合、後援会も全力で応援します!!!!


[コメント]
ナディーン・アンゲラーNadein Angerer (フランクフルトGK):「チームの雰囲気はとてもいい。CL出場圏は獲得できると思う」「怪我はもちろんひどく痛かったけど、サッカーではよくあることだし、怪我ももう大丈夫」
(Glass siegt weiter: FFC bezwingt auch die "Wölfe" | hr-online.de http://p.tl/Rl0h)

ガーレンフレーケス選手(フランクフルト):「勝ててとても嬉しい。今季の目標であるCL出場圏の2位を達成できるよう、残りの試合を頑張りたい」「今のフランクフルトの成功は、Philipp Dahm前監督と切り離して考えることできない。冬期休みの間に十分な準備をして基礎固めが出来ていたからこそ、今の成功があると思っている」(Glass siegt weiter: FFC bezwingt auch die "Wölfe" | hr-online.de http://p.tl/Ti0R )

Siggi Dietrichフランクフルト・マネージャー:このCL出場圏の地位にしっかり足をつけなければ。私はチームにも、CL.出場権をもう誰にも譲るなと言い聞かせた」「この非常に難しい状況の数週間の中で、選手たちはプレイの上でも、戦いぶりでもそして精神力の面でも非常に強さを見せてくれた。彼女らを心から誇りに思う」

ナディーン・ケスラーNadine Keßler:選手(ヴォルフスブルク):「もちろん、今日優勝が決められなくてすごく残念。全員が今日は必死に戦った。いくつかあったシュートチャンスを決めていれば勝てた試合だった。相手チームの2度のセットプレイで1試合棒に振ったことが悔しい」

コニー・ポーラース選手(ヴォルフスブルク):「残念だが、優勝の可能性は十分にある。顔をあげて、優勝目指して続けて戦うのみ」


試合後の記者会見の模様


ザシャ・グラスSascha Glass新監督(代行)
「素早く、きれいに、そしてクリエイティブに前線でプレイすることも重視したが、後ろでボールをキープすることにも力をいれた。球際での戦い方が今日は非常に良かったし、みんなが限界まで戦った。SakiとSaskiaはほとんど敵を防いだ。特に、スヴェニャ・フース、ケアスティン・ガーレフレーケス、キム・クーリヒの3選手をたたえたい。」
「ヴォルフスブルクのシュートがポストに当たるなど、前半は運の良さもあったが、チームは誰ひとりここでヴォルフスブルクに優勝祝いをさせたいと思っていなかったし、その強い気持ちが現れた試合だった」

ラルフ・ケラーマンRalf Kellermannヴォルフスブルク監督:
「もちろんこの結果には納得している。試合の最初は私帯の方が優位に攻めていた。セットプレイの対策もしていたつもりだが、ベーリンガーやマロジャンのような上手なコーナーキックには、為すすべがなかった。それには私たちの実力が足りなかった。フランクフルトの手柄だ。」


[フィナーレへ向けて]
こうして2-0で終了した第20節、フランクフルトは2位を保持しブンデスリーガ残り2試合を残してヴォルフスブルクに3ポイント差まで迫ります。(ただし、ヴォルフスブルクは残り3試合)。3試合を残した3位のポツダムとは4ポイント差。CL出場圏の2位確保のためには、お互い最後まで気が許せません。
順位表の1位から8位までには変動がありませんでしたが、イェナJenaとデュイスブルク Duisburgが入れ替わり、それぞれ9位と10位になりました。ジンデスフィンゲンSindelfingenは3試合を残して10位のデュイスブルクと9ポイント差(得失点差は40点差)、ギュータースローGüterslohとともに降格が確定するのは時間の問題だと思われます。


ブンデスリーガの終盤戦、まだまだ目が離せません。


がんばれ梢選手!
頑張れ、紗季選手!
頑張れ、FFC Frankfurt!!!


[選手]
1. FFC Frankfurt
Nadine Angerer (1)
Saskia Bartusiak (25)
Saki Kumagai (4)
Babett Peter (22)
Svenja Huth (15)
Kerstin Garefrekes (18)
Melanie Behringer (7)
Kim Kulig (8)
Dszenifer Marozsán (10)  (→86分 Jessica Wich)
Kozue Andō (14)  (→90分+1 Butt)
Ana-Maria Crnogorčević (21)  (→83分 Bianca Schmidt)


VfL Wolfsburg
Alisa Vetterlein (1)
Luisa Wensing (2)
Josephine Henning (27)
Verena Faißt (22)
Anna Blässe (9)  70. Magull)
Nadine Keßler (13)Viola Odebrecht (7)  (60. Ivonne Hartmann)Lena Goeßling (28)
Viola Odebrecht (7)  (60. Ivonne Hartmann)
Lena Goeßling (28)Conny Pohlers (26)
Martina Müller (25)  (77. Selina Wagner)
Alexandra Popp (11)

[観客]
3240

[得点]
1:0 Garefrekes (15.)
2:0  Bartusiak (50.)

[主審]
Christina Biehl (Schwollen) タグ: 安藤梢 

[edit]

△page top

コメント

あんちさん、試合お疲れさまでした!
そして、勝利おめでとうございます!(^o^)

中継観ていましたが、所々激しいぶつかり合いもあり、
さすが上位対決という感じがしました。
フランクフルトは、ここにきて強豪相手に連勝と、良い感じですね♪
試合が終わった瞬間のあんちさんやクマさんのとても嬉しそうな表情が印象的でした。

CL出場に向けて、残りもファイトです!(^^)v


後援会の皆さま、
垂れ幕の件を読んで、本当に色々な人の思いが繋がっているんだなあと実感しました。
良い話をありがとうございます!

わたる #xxGe24cM | URL【2013/05/02 22:50】 edit

まずは、昨日の勝利おめでとうございます!(≧▽≦)
あの強力なWolfsburgに完封勝ちなんてスゴいです!これでCLの出場権ゲットも自力で残り試合2勝すれば決まりです!!絶対に決めましょう!(^_^)v

念願だったドイツでの生観戦ができた上に、あんちの活躍する姿と勝利に立ち会えたことに200%満足です!
実は5連戦の最初の2試合の結果を見たときに、最悪のケースも考えていました…。
私がドイツまで見に行っても、レギュラー争いの熾烈なチームだからそもそもあんちが試合に出なかったら……?
Potsdam戦にもし負けちゃって、残り試合が消化試合になっちゃったら……?
やっぱり、せっかく現地まで行って観戦するんだからできるだけ可能性を残した試合であって欲しい!当然あんちにもフル出場して欲しいと願っていました。

それが全て叶えられ、最高の観戦をすることができました!(ロスタイムの交代は時間稼ぎのためだと思ってます・笑)

本当に来て良かったと実感しています。どうもありがとう!!!

あと2試合、必ず勝って2位以内をゲットしてください!優勝だってまだ可能性はあるからねー☆

あと、現地でのあんちの人気に驚きました!
日本人はもちろん、ドイツの小さな子供たちからもサインや撮影をねだられている姿を見て嬉しい気持ちでいっぱいです!

後援会の皆様にも、この度は大変お世話になり心から感謝しています。
でもまさか、横断幕の一件はまったく知る由もなく、のんきに一人写真撮影に夢中になっていて申し訳ありませんでした(・_・;)
後援会さんのサポートがあってこそのあんちの活躍があると思っています。
ちょっと遠いフランクフルトですが、これからも頑張ってください!後援会さんのことも応援しています!

例のごとく長文失礼しました。

では~(^_^)/

姉さんファン #dDm6s.8Q | URL【2013/04/30 06:15】 edit

首位に勝利、優勝阻止、おめでとうございます!
後半から見ました。気持ちよかったです!
あんちのサイドぎりぎりでの激しい守備も見ました。
これはシーズン最後まで、楽しみです!最後まで全力を出せますように!

ice #Jb1WjOXM | URL【2013/04/30 01:35】 edit

充実したレポートいつもありがとうございます。
ここ2試合の勝利の意味は非常に大きいですね。
安藤選手もそのなかで貢献できていて、ファンとしてうれしい限りです。
次の試合ではゴールも期待してます!

タケ #- | URL【2013/04/29 23:31】 edit

あんちさん、くまー選手、お疲れさまでした。記事の中の、ピッチ上で傷口を縫いあわせる、のところがドイツらしいというか闘魂燃えるというか・・・。今回も詳しい記事本当にありがとうございました!

ほたるいか #- | URL【2013/04/29 22:03】 edit

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozueingermany.blog.fc2.com/tb.php/47-43cd0c60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。