">
 

世界でたたかうKOZUE

トップ

お知らせ:

管理上のミスにより、長い間本ブログが更新できない状態出会ったことをお詫びいたします。 本日復旧いたしまいしたので、これまでにいただいたコメントなど順次アップさせていただきます。 今後とも応援の程をよろしくお願いいたします。 2016年12月30日 管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


全試合日程一覧はここをクリック

△page top




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告 | -- trackback | -- comment

△page top

女子ブンデス2012-13 第15節のみどころ 

女子ブンデスリーガ2012-13年第15節のみどころ

※主に以下のサイトを参照しまとめました。
Frauenfußball-Bundesliga: Ausblick auf den 15. Spieltag 2012/13 - Frauenfußball in Deutschland - Framba.de
Abstiegsgipfel in Duisburg, Wolfsburg will vorlegen

☆試合予定
16.03. 15.00 SC Freiburg - VfL Sindelfingen
17.03. 14.00 FC Bayern München - SGS Essen
17.03. 14.00 VfL Wolfsburg - FF USV Jena
17.03. 14.00 FCR 2001 Duisburg - Gütersloh 延期
17.03. 11.00 1. FFC Frankfurt - Turbine Potsdam  延期
17.03. 14.00 SC 07 Bad Neuenahr - Bayer 04 Leverkusen 延期

アルガルベ杯が終わり、いよいよ今週末に女子ブンデスリーガが再開されますが、冬の再来で既に2試合の延期が決まっています。
※本記事アップ後、3試合目(DuisburgGütersloh)の延期が発表になりました。

特に、頂上(2位ー3位)対決の1. FFC Frankfurt対Turbine Potsdam戦はCLの席を争う大切な戦いとして注目を集めていましたが、木曜日の時点ですでに延期が決まりました。 両チームとも多くの代表選手を抱えていることを考えると、あと数日、傷を癒すいい機会かもしれません。

一方、冬休みの間に、既に対FCR 2001 Duisburgのアウェイ戦で2-1の勝星をつけ、ロシアチャンピオンのWFC Rossiyankaとの練習試合に0-1で負けた、Bayer 04 Leverkusen(現在8位)が、SC 07 Bad Neuenahr(現在7位)相手にどんな戦いを見せるかが楽しみでしたが、こちらも延期となりました。


☆Duisburgの残留をかけた争い
※3月15日金曜日本記事掲載後にDusibrug-Gütersloh戦の延期が発表されました。

トップ試合がなくなるとなると、注目は残留争いです。現在10位(11P)のDuisburgは、11位(7P)のFSV Gütersloh 2009 とPCC-Stadionにて14:00から対戦。両者の差はわずか4ポイント。FCR 2001 Duisburgはこの試合を落とすと、あと1ポイントで降格圏です。しかも、現在12位(4P)のVfL Sindelfingenとは7ポイント差があるとは言え、Sindelfingenの消化試合は2試合少ないため、予断は許しません。さらに、FCRのDolores Silva、Barbara Müller両選手は累積警告により出場停止です。

FCRのSven Kahlert新監督は、
「選手たちは、この試合がどれだけ重要かをよく認識しているし、トレーニングにもしっかり集中してやっている」
「しかし、一方で、万一この試合をおとしたとしてもシーズンはまだ続くし、降格圏からもあと1ポイント離れている。ファンのみなさんの応援があれば、私たちは十分に勝てる力があると思う」
と述べ、過剰なプレッシャーを警戒しています。

vn_kahlert_duisburg.jpg
Sven Kahlert新監督とMandy Islacker選手© Volker Nagraszus / girlsplay.de


☆Wolfsburgは首位固めへ
2位 1. FFC Turbine Potsdam対3位FFC Frankfurtの試合が延期になっている間に、VfL Wolfsburgはホームでの対FF USV Jena戦で、しっかりと首位の地位を固めたいところ。DFB杯の準々決勝戦で戦った両者ですが、Wolfsburgは3-0(0-0)で勝ったものの、試合前半では苦戦を強いられており、決して油断はできません。

さらに、WolfsburgのキャプテンNadine Keßler選手は、アルガルベ杯決勝で左膝を負傷し、3月下旬まで欠場の見込みです。

WolfsburgのKellermann監督は、
「必要なことは、DFB杯準々決勝の時と同じだ。Jenaはその手堅い守備でリーグのトップチームを嫌がらせているが、今回はその準々決勝戦前半の苦い体験から、必要な対策を考えている」
「サッカーには怪我がつきものとは言え、Kessiの怪我はチームにとって非常に手痛い。しかし、ほかの選手は全てプレイ出来る状態だし、アルガルべ杯で相当の自信をつけている」と述べてます。

なお、天候の影響で、試合会場が人工芝コート(Stadion am Elsterweg, Platz C)に変更になっています。また、入場料無料と発表されました。


☆Sindelfingen は、Freiburg戦でシーズン2勝目をあげられるか?
ほかの試合より足早く、土曜日に行われる、VfL Sindelfingen対SC Freiburg戦。順位表の上で現在4位のFraiburgが、最後尾のSindelfingenに手こずるとは考えにくい状況です。しかし、こちらも油断はできません。VfLがこれまで唯一勝利を収めた相手がFreiburgです。しかも、その試合では、前半 0-2から最後の10分で3-2へと逆転劇を演じています。

FreiburgsのMilorad Pilipovic監督は、
「あれは不必要な負けだった。二度とあんな負け方はしない」
と強気です。
1ポイントたりとも落としたくない SindelfingenのNiko Koutroubis監督は
「最後までチームとして全力で戦うのみだ」
と述べています。

☆Bayern München は冬休み明けの好スタートが切れるか?
シーズン前半戦では、DFB杯チャンピオンでFC Bayern München(現在5位)がSGS Essen(現在6位)に0-2で負け、ちょっとした波乱を起こしました。FCBayernの監督は、
「Essenはコンパクトで強いフィジカルを生かした戦いをしてくるので、勝つのは簡単ではない」
「しかし、なんとしてでも勝利をおさめ、前半戦の屈辱を晴らしたい」と述べています。
FCBのツイッターは、「FCBは、過去7年間、冬期休暇明けのホーム初戦で負けを喫したことがないんだ(1勝1分)!!」と鼓舞しています。



[第15節観戦 豆知識]

• FCR 2001 Duisburgは、今週末、累積警告によりDolores Jacome Silva (イエロー5枚目)、Barbara Müller (イエロー・レッド)両選手が出場停止。

• Carmen Höfflin (SC Freiburg)選手は、16日土曜日が28歳の誕生日。

• FSV Gütersloh 2009は、リーグ戦過去9試合連敗中。

• Bayern Münchenは、これまでホームのリーグ戦でSGS Essenに負けたことがない。

• FF USV Jena 及び VfL Sindelfingenは2013年に入ってまだ1試合も戦っていない。

• Nadine Keßler (VfL Wolfsburg)選手 は、アルガルベ杯決勝戦での左膝の負傷で2週間程度欠場予定。

• 累積警告: Sabrina Dörpinghaus (SGS Essen)選手イエロー4枚。

• 現在トップのVfL Wolfsburgは過去16ホーム試合連勝中。

• 現在のブンデスリーガ得点王争い:
 1.Yuki Ogimi (Turbine Potsdam)    13点
 2.Conny Pohlers (VfL Wolfsburg)   10点
 3.Mandy Islacker (FCR 2001 Duisburg) 10点

テーマ: サッカー  ジャンル: スポーツ

タグ: 女子ブンデスリーガ 

[edit]

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozueingermany.blog.fc2.com/tb.php/27-678a0ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。