">
 

世界でたたかうKOZUE

トップ

お知らせ:

管理上のミスにより、長い間本ブログが更新できない状態出会ったことをお詫びいたします。 本日復旧いたしまいしたので、これまでにいただいたコメントなど順次アップさせていただきます。 今後とも応援の程をよろしくお願いいたします。 2016年12月30日 管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


全試合日程一覧はここをクリック

△page top




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告 | -- trackback | -- comment

△page top

第11節 フランクフルト0-0ヴォルフスブルク 

写真をアップしました!(2014年2月26日)

2014年の最初の試合で、今シーズン前半最後の試合となる第11節、トップ2チームの天王山でしたが、両者譲らず得点なしの引き分けに終わりました。
これにより、フランクフルトは1位を保持、今シーズン前半(秋季)勝者となりました。

写真 by KAZU (google+アルバム)





ハイライト動画   DFB-TV


フル動画 DFB-TV


[試合経過]
今日のフランクフルトのフォーメーションは4-3-3。梢選手は3ボランチに入ります。
怪我で離脱中のSaskia Bartusiakに代わって、普段左サイドバックでプレイしているラウデアSimone Laudehr選手がセンターバックに、普段攻撃的なポジションのシュロノゴルテェビッチAna-Maria Crnogorcevic選手が左サイドバックに入り、ともに初めてのお役目に挑戦します。

      Schuman
Schmidt - Laudehr - Kuznik - Crnogorcevic
     Ando - Behringer
      Marozsán
Bajramaj    ー    Garefrekes
       Šašić

Kim Kulig選手、Svenja Huth選手、Lise Munk選手、Saskia Bartusiak選手は怪我で長期離脱中、明日菜選手はベンチスタートです。 前節まで長期離脱中だった Babett Peter選手が、久々にベンチに戻ってきました。

フランクフルトと2ポイント差で2位に着けていたヴォルフスブルクは、今日の試合で負けると一気にポイント差が5に広がり3位に落ちる可能性が高くなります。一方のフランクフルトも、負けると2位へ転落してしまいます。

というわけで、両者ともに試合開始から90分通して、失点を抑えるための守備的なサッカーを展開することとなり、守りへの切り替えが早くお互いいい攻撃があまり見られませんでした。

前半戦、お互いの守りの均衡を破った攻撃シーンが見られたのは、唯一10分から25分の間でした。

中でもおしかったのは、前線に上がった梢選手がシュロノゴルテェビッチ選手からのロングボールを、ヘディングで競り合ってシャジッチCelia Sasic選手の前にうまく落としたシーン。シャジッチ選手が16メートルから打ったシュートはわずかに枠を外れます。

アニメ01

アニメ02

アニメ03

後半に入り、ヴォルフスブルクは攻撃を強めます。ヴォルフスブルクのコーナーキックからひやりとするシーンもありましたが、シューマン選手を中心に体を張って守り、ゴールを割らせません。

結局、両者得点の入らぬまま、試合終了となりました。

ブンデスリーガの首位争いは目が離せない混戦が続きます。

頑張れ、梢選手!
頑張れ、明日菜選手!
頑張れ、FFC フランクフルト!!

Colin Bell監督:ヨーロッパのベストチームに失点をゆるさなかった私たちのチームに大きな賞賛を送りたい。前半、私たちはアクティブに動きゴールチャンスも何度か作り出すことができた。 後半に入って、ヴォルフスブルクは攻撃を強めてきたが、私たちは守備のコントロールを乱さなかった。サイモンとアナも慣れないポジションをよくこなしたと思う。今日の結果に満足している。

Siggi Dietrichフランクフルト・マネージャー: 今季前半の試合を終えて首位を保ち、秋季チャンピオンになれてうれしい。今季の私たちの目標へ向けて一歩一歩近づいていくための、基礎固めができたと思っている。今日の試合前半に得た得点チャンスをものにできなかったのは残念だが、この結果には満足している。次のホームでのフライブルクSC Freiburgとの試合が楽しみだ。

[選手]
フランクフルト
Desiree Schumann (1)
Melanie Behringer (7)  
Célia Šašić (9)
Dzsenifer Marozsán(10)
Simone Laudehr (11)
Kerstin Garefrekes(18)
Fatmire Bajramaj (19) (90分→Jessica Wich (17))
Kozue Ando    (14)
Ana-Maria Crnogorcevic (21)
Bianca Schmidt   (23)
Peggy Kuznik (27)

フランクフルト ベンチ
Anne-Kathrine Kremer   (30)
Alina Garciamendez Rowol (2)
Babett Peter (4)
Meike Weber        (12)
Jessica Wich     (17)
Asuna Tanaka       (24)

フランクフルト監督
Colin Bell

ヴォルフスブルク
Almuth Schult (1)
Luisa Wensing (2)
Zsanett Jakabfi (3) (80分→ Anna Blässe(9))
Nilla Fischer (4)
Viola Odebrecht (7)
Alexandra Popp (11)
Nadine Keßler (13)
Stephanie Bunte (20)
Verena Faißt (22)
Martina Müller (25) (90+2分→ Lina Magull(14))
Lena Goeßling (28) (60分 → Conny Pohlers(26))

ヴォルフスブルク・ベンチ
Merle Frohms (29)
Anna Blässe (9)
Lina Magull (14)
Noelle Maritz (16)
Jovana Damnjanovic (23)
Conny Pohlers (26)
Henning Josephine (27)

ヴォルフスブルク監督 
Ralf Kellermann

[観客数]
2710

[得点]
なし

[主審]
Marija Kurtes (Düsseldorf)

[警告]
イエローカード:
Nilla Fischer (74分、ヴォルフスブルク) タグ: 安藤梢  女子ブンデスリーガ  FFCフランクフルト  田中明日菜 

[edit]

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kozueingermany.blog.fc2.com/tb.php/105-44f4a151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。