世界でたたかうKOZUE

トップ

お知らせ:

管理上のミスにより、長い間本ブログが更新できない状態出会ったことをお詫びいたします。 本日復旧いたしまいしたので、これまでにいただいたコメントなど順次アップさせていただきます。 今後とも応援の程をよろしくお願いいたします。 2016年12月30日 管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


全試合日程一覧はここをクリック

△page top




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告 | -- trackback | -- comment

△page top

DFBカップベスト8決定戦 8-0でFFCがブレーメンに大勝 

DFBカップベスト8決定戦ゴール集 DFB-TV


Werder Frauen verlieren im Pokal gegen Frankfurt - ARDテレビ
[広告] VPS



DFBカップベスト4決定戦は,女子ブンデスリーガ2部北部で5位のブレーメンとの対戦です。

しかし5位と言っても,女子ブンデスリーガ2部北部でトップの得点をとっていて、攻撃力が自慢です。しかも一発勝負のトーナメント方式での闘い、何が起こるかわかりません。

FFCフランクフルトは、2部リーグ相手でもしっかり試合の偵察観戦に行き、ビデオ分析も行い,いつもと変わらずベストの準備でこの試合に臨んようです。この日のスタートメンバーも試合当日に橫腹の筋肉の痛みを訴えたBianca Schmidt選手がベンチに座りWeber選手に代わった以外は、前回勝利したポツダム戦と同じメンバーで臨みます.

       Schuman
Weber- Bartusiak - Kuznik - Laudehr
  Marozsán - Ando - Behringer
Alushi   Garefrekes
       Šašić

12月10日にに入籍をした Bajramaj選手は,この日はじめて「Alushi」 の名前のユニフォームをまといます。
ALUSHI.jpg



開始5分、そのアルーシAlushi選手が左からドリブルであげたクロスをシャジッチSasic選手が頭で落としマロジャンMarozsán がトラップから豪快なボレーシュートできれいに先制点をあげます。


そのあともフランクフルトは果敢に攻撃をしかけます。28分にはアルーシAlushi 選手が、37分にべーリンガー Behringer 選手がゴールを決めますが、ブレーメンも守備で健闘してなんとか前半を3-0でおさえました.



後半に入ると前半で健闘したブレーメンの体力が落ち、フランクフルトが圧倒的に試合を支配します。49分,59分と立て続けに Garefrekes 選手がゴール。そのあとも66分,77分( 途中出場のクロノゴルチェビッチCrnogorcevic 選手がとったPK)に Sasic選手がゴール、 最後はクフォノゴルチェビッチ選手が86分にゴールを決めて8点目。

63分には,明日菜選手がべーリンガー選手と交代し、そのままボランチのポジションに入ります。
同じくボランチでフランクフルトを攻守にわたって試合をコントロールしていた梢選手は、70分にお役ごめんでヴィッヒWich選手と交代しました。

試合後には、ブレーメン側の招待で試合会場横のレストランで両チームの選手・スタッフが集まっての食事会がありました。ブレーメンの選手にとっては各国代表選手と試合ができたこと自体が大きな幸せだったようです。また、スター選手達を一目見ようと、1507人もの観客が集まったことも2部チームのブレーメンにとっては大きな喜びだったようです。


この日無事に準々決勝進出を決めたフランクフルト、今後の日程は以下の通りです.
準決勝戦:2014年4月12/13日 (フランクフルト、エッセン、フライブルク,ザント)
決勝戦 :2014年5月17日   於ケルンKöln

また、ブンデスリーガの再会は2月23日日曜日,14時からホームにてヴォルフスブルクと対戦の予定です.


[1. FFC Frankfurt]
(1) Desiree Schumann
(7) Melanie Behringer (62分→ Tanaka)
(9) Celia Sasic
(10) Dzsenifer Marozsán
(11) Simone Laudehr
(12) Meike Weber (68分→Crnogorcevic)
(14) Kozue Ando (70分→Wich)
(18) Kerstin Garefrekes
(19) Fatmire Alushi
(25) Saskia Bartusiak
(27) Peggy Kuznik

[1. FFC Frankfurtベンチ]
(31) Anke Preuß
(2) Alina Garciamendez Rowold
(16) Jessica Reinhardt
(17) Jessica Wich
(21) Ana-Maria Crnogorcevic
(23) Bianca Schmidt
(24) Asuna Tanaka

[1. FFC Frankfurt監督]
Colin Bell

[Bremen]
(1)Jennifer Martens
(2)Nadine Moelter (58分→Mira William(24))
(4)Denise Mayline Danner
(5)Michelle Ulbrich
(8)Manjou Wilde
(9)Katharina Schiechtl
(18)Cindy König
(19)Daniela Schacher (88分→Meggie Schröder(27))
(21)Jessica Golebiewski (75分→Anna Mirbach(6))
(23)Stephanie Goddard
(25)Maren Wallenhorst

[Bremenベンチ]
(22)anna De Haan
(3) Sandra Hausberger
(6) Anna Mirbach
(20) Merve Kiniklioglu
(24) Mira William
(26) Sina Schlüter
(27) Meggie Schröder

[Bremen監督]
Chadia Freyhat

[得点]
0:1 Marozsán (5.)
0:2 Alushi (28.)
0:3 Behringer (37.)
0:4, 0:5 Garefrekes (49., 59.)
0:6, 0:7 Sasic (67., 77./Foulelfmeter)
0:8 Crnogorcevic (86.)

[主審]
Verena-Kordula Schultz

[観客数]Zuschauer:
1.507
スポンサーサイト

[edit]

△page top

DFBカップ戦 準々決勝! 

準々決勝試合日程(12月15日)
2013年12月15日11:00 FC Freiburg – BV Cloppenburg 
2013年12月15日13:00 Werder Brenen  1. FFC Frankfurt  
2013年12月15日13:00FF USV Jena  – SC Sand
2013年12月15日14:00SGS Essen  – 1. FC Köln 
ピンクはブンデスリーガ1部青はブンデスII部

☆ 「ダビデとゴリアテの戦い(少年と巨人兵の戦い)」
フランクフルトの対戦相手は、ブンデス2部前半を終えて5位のブレーメン。ブレーメンのキャプテン、ゴッドダードGoddard選手は、UEFA-CUP(現チャンピオンズリーグ)およびDFBカップ優勝経験者です(2009年、FCR 2001 Duisburg)。
一方、今季リーグ戦でトップにいるフランクフルトは、DFBカップ戦で8度優勝というカップ戦最多優勝を誇っています。今季のカップ戦ではタイトル保持者ヴォルフスブルクを1-0で倒したばかり。

 「ダビデとゴリアテの戦い(少年と巨人兵の戦い)」と称されるこの戦い、両者初めての対決です。
ブレーメン、Birte Brüggema部長:「このくじは大当たり!フランクフルトは現在最強のチーム。ホームでのこのイベントを楽しみにしている」
フランクフルト、コリン・ベル監督:「私たちの目標のひとつである『カップ決勝戦進出』を果たすために、一歩一歩着実に勝っていきたい。対戦相手のブレーメンにとっては、間違いなく今季のハイライトとなる試合だろうし、全力で向かってくることが予想される。油断せずに、しっかり戦いたい。」

☆ケルン対エッセンの試合はDFB-TVでライブ放映。
ケルンは現在2部南部の暫定2位ですが、何といっても注目は元ドイツ代表選手(96試合64得点)のインカ・グリングスInka Grings選手。かつて女子ブンデスリーガで6度の得点王に輝き(あのプリンツは3度)、「ベストプレーヤー」に3度も選ばれた選手です。FCR 2001 Duisburgでは、梢選手とツートップを組んでいたこともあります。
ケルンにとっては、「地元ケルンでの決勝戦に進出することが目標」だそう。

グリングス選手:「私たちには、何のプレッシャーもない。失うものはない。」「GKは強いが守備は弱い。勝つチャンスはある」
エッセンのMarkus Högner監督:「得点力も経験もあるグリングス選手は大変危険」だが 「ブンデスリーガのチームとしてきっちり勝ちにいきたい。

☆ブンデス1部同士の対戦は1試合
フライブルク対クロッペンブルクの試合は、ブンデスリーガでもまだ対戦しておらず、初対決同士。
クロッペンブルク、シュルテTanja Schulte監督:「私たちが本命馬ではないことは承知している。フライブルクにはカップ戦の経験者たちが何人もいる。しかし、可能性はある。シーズン初めの目標はDFBカップ準決勝進出だったが、そこまであと一歩のところまで来ることができた。」

☆DFBカップで2度目の対戦:イェナ対ザント
現在ブンデスリーガ5位のイェナJenaは、先週末のブンデスリーガで0-3でFCR 2001Duisburgに負けたばかり。一方のサントSandは、2部(南部)のトップを走っており、カップ戦3回戦では、6-0でFCR 2001 Duisburgを倒しています。
両者は、DFBカップ戦で2009年10月に一度対決しています。その際は、0-5でザンドの勝利。200405年のブンデス2部の勝ち点制の試合では、1勝1分けで勝っています。
いったいどちらに軍配が上がるのか、楽しみです。



3回戦(ベスト8決定戦、11月16日・17日)結果
2013年11月16日14:00 1. FFC Frankfurt VfL Wolfsburg 1-0 (0-0)
2013年11月16日15:00 1. FC Köln  FC Bayern München  2-0 (0-0 )
2013年11月17日11:00  SC Sand FCR 2001 Duisburg 6-0 (3-0)
2013年11月17日11:00FC Freiburg  – FFV Leipzig 7-0 (4-0)
2013年11月17日13:00Werder Bremen  VfL Bochum 3-1 (1-0)
2013年11月17日14:00Bayer 04 Leverkusen  BV Cloppenburg 1-2 (1-0)
2013年11月17日14:00SGS Essen  – 1. FC Saarbrücken 4-2 (1-0)
2013年11月17日14:00SV Meppen  FF USV Jena 1-2 (0-0)
ピンクはブンデスリーガ1部青はブンデスII部
※女子ブンデスリーグの先シーズンのトップ8チームは2回戦からの参加。通常、3回戦までは南部・北部のグループ毎に組み合わせ抽選が行われるが、今年の3回戦組合わせ抽選はグループ分け解除。


2回戦(9月28/29日)の結果
DFBポカール2013 北部グループ

2013年9月28日13:00BV Cloppenburg –Magdeburger FFC6-0(2-0)
2013年9月28日13:00FCR 2001 Duisburg SV BW Hohen Neuendorf6-0(3-0)
2013年9月28日16:00TSG Burg GreteschVfL Wolfsburg1-9(0-6)
2013年9月29日11:00FC Viktoria 89 Berlin –SV Meppen0-2(0-0)
2013年9月29日11:00Herforder SV FFV Leipzig4-5 PK,延長0-0, 0-0(0-0)
2013年9月29日13:001. FC Lübars Werder Bremen1-2(0-1)
2013年9月29日14:00SGS Essen –Tubine Potsdam3-2(0-0)
2013年9月29日14:00FSV Gütersloh 2009 FF USV Jena1-4(0-2)
DFBポカール2013  南部グループ
2013年9月28日14:00SC 07 Bad Neuenahr –1. FFC Frankfurt  0-5(0-2)
2013年9月28日14:001. FC Köln –TSG 1899 Hoffenheim2-0(1-0)
2013年9月28日16:00GSV 1910 Moers Bayer 04 Leverkusen0-9(0-3)
2013年9月28日16:301. FC Saarbrücken-1. FFC Niederkirchen3-0(2-0)
2013年9月29日11:00VfL Bochum –SV Weinberg3-1(3-1) , 1-1(0-1)
2013年9月29日14:00FC Freiburg VfL Sindelfingen3-1(2-1)
2013年9月29日14:00ETSV Würzburg SC Sand 0-4(0-0)
2013年9月29日14:00TSV Crailsheim –FC Bayern München 0-7(0-4)
ピンクはブンデスリーガ1部青はブンデスII部

今年度のドイツ女子カップの予定は以下のとおり。

1回戦:       2013年8月31日/9月1日
2回戦:       2013年9月28/29日
ベスト8決定戦:  2013年11月16/17日
準々決勝戦:   2013年12月14/15日
準決勝戦:     2014年4月12/13日
決勝戦:         2014年5月17日 ケルンKöln


DFBポカール1回戦結果
ドイツ女子カップとは
DFB ドイツ女子カップ
タグ: 安藤梢  FFCフランクフルト  田中明日菜  女子DFBカップ戦 

[edit]

△page top

第10節 ポツダム 0-3 FFC で文句なしの勝利 

伝統のトップ対決であるポツダムーフランクフルト戦、今季前半のポツダムでの勝負は、3-0でフランクフルトに軍配が上がりました。今日の対戦はなんと44回目、フランクフルトは19勝目です。

ポツダムは消化試合が1試合少ないものの、フランクフルトはポツダムをポイント数で6も上回っているうえ、得失点差の差も23と大きく、今季前半はフランクフルトが1位で折り返すことがほぼ確実となりました。

ハイライト動画 hr-online

第10節ゴール集 (DFB-TV)








[試合経過]
女子ブンデスリーガ創設以来をリーグを牽引し続けてきたフランクフルトとポツダムの対決は、女子ブンデスリーガの伝統的一戦です。しかし、昨季のポツダムでの対戦を知っている人にとっては、今日の対戦にはさらに特別な感情があるかもしれません。

1年前の試合では、終盤にポツダムの選手2人が接触して頭から血を流して倒れ、負傷退場。ショッキングな事故の後10人で戦うことになったポツダムのゴールに、元ポツダムのバイラマイ選手がシュートを決めて、会場から激しいブーイング。そして、試合終了直後、ポツダムの選手からファウルを受けたバイラマイ選手が、前十字を傷める大怪我を負い、その後半年以上治療に専念する事態に。両チームのファンも選手も一触即発の厳しい雰囲気だったのでした。

ベル監督は、表立ってこの件に触れてはいませんが、梢選手の話では「1年前の戦いを思い出すんだ!」「これは闘いだ!」といきり立ち、ロッカールームは闘志に燃えていたようです。
バイラマイ選手は、火曜日に入籍するそうで、独身として最後の試合でもあります。

さて、今日のフランクフルトのフォーメーションはこのところ定着してきた4-3-3。梢選手は今日は3ボランチの真ん中に入ります。クロノゴルチェビッチ選手に代わってバイラマイ選手が入った以外は、前節と同じスタメンです。

       Schuman
Schmidt - Bartusiak - Kuznik - Laudehr
  Marozsán - Ando - Behringer
Bajramaj       Garefrekes
      Šašić

011-20131208-第10節

012-20131208-第10節
キックオフ

Babett Peter選手、Kim Kulig選手、Svenja Huth選手、Lise Munk選手は怪我で長期療養中、明日菜選手はベンチスタートです。

010-20131208-第10節

試合開始直後、この日の試合でブンデスリーガ出場300試合目となったガーレフレーケスKerstin Garefrekes選手がコーナーキックをとります。マロジャンDzsenifer Marozsán選手からの見事なコーナーキックを、ラウデアSimone Laudehr選手がどんぴしゃのヘディングシュートで決め、早くも試合開始後2分でフランクフルトが先制。

013-20131208-第10節
ゴール!サイモンが先制点

その後、両者譲らぬスピーディーな展開が続きます。




相手選手二人を連続また抜きでかわして、前方にフィード!


029-20131208-第10節
ヘディングも負けません

アノンマGenoveva Anonma選手(8分、ポツダム)、Lira Bajramaj選手(16分、FFC)、ジミッチJulia Simic選手(18分、ポツダム)、バトゥジアックSaskia Bartusiak選手(26分、FFC オフサイド)、シャジッチCelia Sasic選手(28分?、FFC)が、次々にシュートを放ちます。


30分には、ガーレフレーケス選手のスルーパスを受けて、裏から走りこんできた梢選手もシュートを放ちますが、惜しくもGKに阻止されます。






その数分後には、梢選手とマロジャンDzsenifer Marozsán選手のコンビネーションで、梢選手がマロジャン選手に決定的なスルーパスを出します。GKと1対1になったマロジャン選手のシュートは、これまた惜しくもGKの手にはじかれます。





そして36分、梢選手が出したパスを受けたマロジャン選手のシュートは、GKの手に当たったものの、はじかれたボールをシャジッチ選手がヘディングで押し込み2-0。シャジッチ選手はこれで今季14得点目です。






その後も、ポツダムは果敢に攻撃してきますが、得点に結びつくことなく、このまま前半を終えます。

209-20131208-第10節
206-20131208-第10節
210-20131208-第10節




後半も開始後早々にスコアが動きます。シャジッチ選手がポツダムのディフェンスから奪ったボールを、ドリブルしてスルーパス、これをバイラマイ選手がきっちり納めて3:0(48分)。

247-20131208-第10節
後半から出場の永里選手とのマッチアップ

後のなくなったポツダムは、怒涛の攻撃を続けます。Lia Wälti選手(55分 ポツダム)、Pauline Bremer選手(67分 ポツダム)、Lia Wälti選手(70分 ポツダム)、Simone Laudehr選手 (77分 FFC)、Antonia Göransson選手(80分? ポツダム)が、次々にゴールに迫ります。




梢選手も前線まであがってきています

312-20131208-第10節
終了前に明日菜選手登場!


3分のアディッショナル・タイムのあとで主審が試合終了の笛を吹いたとき、会場は一同 ―― 一年前とは違い ―― 素直にフランクフルトの勝利を認め、フランクフルトの選手たちも心から喜ぶことができました。


これで2013年のブンデスリーガ戦は最後ですが、まだDFBカップ準々決勝戦が残っています。15日13時からブレーメンSV Werder Bremenとの対戦予定です。

頑張れ、梢選手!
頑張れ、明日菜選手!
頑張れ、FFC フランクフルト!!

Colin Bell監督: 試合の最初の1分から試合に入り込み、事前に打ち合わせた戦略を100パーセントの力で保持し続けたチームを誇りに思う。得点も非常にいい時間に決めることができたので、そのあとの失点を抑えることができたと思う。本来ならもっと得点できたはずだが、いいフェアな試合だった。個人的には、監督してポツダムに初めて勝つことができたので、非常にうれしい。クリスマスを静かに過ごす前に、今年最後の試合であるDFBカップ戦の試合に備えたい。

Siggi Dietrichフランクフルト・マネージャー:素晴らしいプレイでトップの座を守ったこのチームを誇りに思う。今季の我々の目標はチャンピオンズリーグの出場権をとる(リーグ2位以内に入る)ことだ。それを考えれば、今日の勝利は非常に大きい。両チームこれまでに非常に厳しい争いがあったにもかかわらず、今日はフェアな試合ができたのは、女子サッカー界にとってもよいことだ。この後は、DFBカップ戦の準備をしっかりしたい。


フランクフルト
Desiree Schumann (1)
Melanie Behringer (7)  (81分→Ana-Maria Crnogorcevic (21))
Célia Šašić (9)
Dzsenifer Marozsán(10) (89分→Jessica Wich (17)) 
Simone Laudehr (11)
Kerstin Garefrekes(18)
Fatmire Bajramaj (19) (87分→Asuna Tanaka(24))
Kozue Ando    (14)
Bianca Schmidt   (23)
Saskia Bartusiak (25)
Peggy Kuznik (27)

フランクフルト ベンチ
Anke Preuß         (31)
Alina Garciamendez Rowol (2)
Meike Weber        (12)
Jessica Wich      (17)
Ana-Maria Crnogorcevic (21)
Asuna Tanaka       (24)


ポツダム
Ann-Katrin Berger (32)
Lia Joelle Wälti  (3)
Johanna Elsig (4)
Maren Mjelde  (5)
Genoveva Anonma (6) (46分→Asano Nagasato(17) )
Ada Stolsmo Hegerberg(9)(71分→Jennifer Zietz(14) )
Julia Simic (10) (63分→Antonia Pia Anna Göransson(19) )
Tabea Kemme  (21)
Stefanie Draws  (22)
Lisa Catherine Evans(25)
Pauline-Marie Bremer(31)

ポツダム・ベンチ
Laura Kristin Engler  (1)
Jennifer Zietz     (14)
Natasa Andonova     (16)
Asano Nagasato    (17)
Alexandra Singer     (18)
Antonia Pia Anna Göransson(19)

監督 

[観客数]
3030

[得点]
0:1 Laudehr (1分)
0:2 Sasic  (36分)
0:3 Bajramaj(48分)

[主審]
Christina Biehl (Schwollen)

[警告]
イエローカード:
フランクフルト
Marozsan (39分), Behringer (43分)
ポツダム
Elsig (84分) タグ: 安藤梢  女子ブンデスリーガ  FFCフランクフルト  田中明日菜 

[edit]

△page top

第10節の見どころ 

女子ブンデスリーガ2013/14年第10節のみどころ

※主に以下のサイトを参照しまとめました。
Frauenfußball-Bundesliga: Ausblick auf den 10. Spieltag 2013/14 - Frauenfußball in Deutschland - Framba.d
DFB - Deutscher Fußball-Bund e.V. -  News-Meldung

第9節試合結果
日付時間対戦チーム得点観客
11月30日 13:00  FC Bayern München - FCR 2001 Duisburg 0-1(0-0)    520
12月1日11:00 1. FFC Frankfurt - 1899 Hoffenheim 8-2(5-0) 1790
12月1日14:00 Bayer 04 Leverkusen - SC Freiburg 5-1(1-1)    160
12月1日14:00 FF USV Jena - VfL Sindelfingen 2-0(1-0)   340
12月1日14:00 BV Cloppenburg - 1. FFC Turbine Potsdam 1-3(0-1)  2045
12月1日14:00  SGS Essen - VfL Wolfsburg  0-2(0-1) 1273
第9節終わっての順位表
順位チーム試合得失点ポイント
1. 1. FFC Frankfurt9741: 8+3323
2. 1. FFC Turbine Potsdam862024: 8+1620
3.  1.VfL Wolfsburg853025: 5+2018
4. FC Bayern Munchen952219:11+817
5.  USV Jena 942313:12+114
6. SGS Essen832321:11+1011
7. SC Freiburg830513:14-19
8.  Bayer 04 Leverkusen923413:18-59
9. BV Cloppenburg 923414:22-89
10. FCR 2001 Duisburg9216 8:21-137
11. TSG Hoffenheim9216 15:32-177
12. VfL Sindelfingen9018 2:46-441
梢選手はスタメンでフル出場1得点、。明日菜選手も75分から出場し、90分に移籍後初ゴールとなる見事なミドルシュートを決めました。。チームは8-2で大勝し首位をキープ。
対戦した岩淵選手は9試合連続フル出場を果たしますが、チームは11位に転落してしまいます。
Portrait-Kozue-Ando.jpg Portrait-Asuna-Tanaka.jpg SetWidth245-Mana-Iwabuchi_20131130220116fc3.jpg
  安藤梢選手                   田中明日菜選手            岩淵真奈選手

永里選手は57分から出場、77分に今季リーグ戦初ゴールを決めました。
Asano-Nagasato_201311302201116e2.jpg

デュイスブルク柴田里美選手
柴田里美選手は2軍チームで3部のミュンヘングラッドバッハ試合に出場し、勝利しました。
900cb7e2b0.jpg
柴田里美選手

第10節試合予定
日付時間対戦チーム
12月7日 13:00  VfL Wolfsburg - BV Cloppenburg Eurosport, DFB-TV
12月8日14:00 1. FFC Turbine Potsdam - 1. FFC Frankfurt hr-TV, rbb-online
12月8日14:00 1899 Hoffenheim - FC Bayern München
12月8日14:00 Bayer 04 Leverkusen - VfL Sindelfingen
12月8日14:00 FCR 2001 Duisburg - FF USV Jena  
12月8日14:00  SC Freiburg - SGS Essen  


☆第10節の見どころ
日程表の上では、この10節が2013年女子ブンデスリーガ最後の試合となります。
冬休みの後は、2月23日に前半戦最後となる第11節が行われます。

ただし、延期された以下の2試合は年内に行われる予定です。
 12月11日水曜日14:30 ヴォルフスブルクーフライブルク
 12月21日土曜日14:00 ポツダムーエッセン
また、12月15日には、DFBカップ戦ベスト4決定戦が行われます。

 
土曜日DFB-TV、Eurosportで放送予定のヴォルフスブルクークロッペンブルクは延期
恒例土曜日のテレビ放送となった試合は、1日13時からの三冠王ヴォルフスブルクVhL Wolfsburgと昇格チームクロッペンブルクCloppenburgの初対戦でしたが、悪天候のため中止となりました。


注目の頂上対決、ポツダムーフランクフルト
ffc hp kozue
FFC フランクフルト HPより

現在暫定1位のフランクフルト 1. FFC Frankfurtと2位 ポツダム1. FFC TUrbine Potsdamは、10年以上女子ブンデスリーガトップに君臨してきたチームです。2001年から2012年までは、常にどちらかがマイスターの称号を手にしてきました。
今季、フランクフルトはDFBカップ戦ベスト8に残り、一方のポツダムはカップ戦で敗退したもののヨーロッパチャンピオンスリーグでオリンピア・リヨン(フランス)を倒してベスト8に残っています。女子ブンデスリーガでは、両者とも(ポツダムは1試合消化し合いが少ないですが)これまで負けなしです。

フランクフルトには、かつてポツダムでプレイしていた”ポツダム組”が大勢います。シューマンDesirée Schumann、バイラマイ Lira Bajramaj、ヴィッヒ Jessica Wich、クツニック Peggy Kuznik、ペーター Babett Peter、シュミットBianca Schmidtの6選手です。

この伝統の1戦を、各チームがどう戦うのか、楽しみです。

なお、会場では、フィリピンの台湾犠牲者のための募金が集められます。

FFC.フランクフルト コリン・ベル Collin Bell監督:「すべての試合に勝つ!という気まがえと自信をもって、難しい試合を征服するためにポツダムへ向かうつもりだ。」「前節では、ドイツ代表選手以外の選手も非常に活躍してくれた。FFCは単なるドイツ代表選手の寄せ集めではないことを示している」「ポツダムのホームスタジアムでは、プレイだけではなく結果でもファンを魅了し、2013年を1位で終えたい。」

ポツダム・シュレーダー監督:「フランクフルトは17人の代表選手を擁し、平均年齢も我々より5歳上で、経験豊富だ。」「カップ戦にも残っておりチームの調子がよい。その上、過去2試合、我々はフランクフルトに勝っていない」「我々が持っている力をすべて出し切ることが大切だし、そうすれば勝利も可能だ」


デュイスブルクは最後の試合になる可能性も!?
2009年UEFA杯(現チャンピオンスリーグ)優勝者のデュイスブルクFCR 2001 Duisburg(柴田里美選手所属)は、経営難のため他クラブとの統合準備を進めており、今節のイェナ戦が「FCR 2001 Duisburg」として最後の試合になる見込みです。さらには、1月からは、女子ブンデスリーガから降格または完全撤退する可能性もあります。

このようなクラブの不安定な経営状態の中、前節デュイスブルクは0-1でミュンヘンに勝ち、ファンに感動を与えてくれました。一方のイェナも2連勝中で、今季勝利した4試合ではいずれも無失点です。


ホッフェンハイムはミュンヘンと
岩淵真奈選手のホッフェンハイムHoffenheimは、降格圏脱出を目指します。ゲストのミュンヘンも、このところ最下位のジンデルフィンゲンに1-1で引き分け、デュイスブルクに1-0で負け、と不調続きのうえ、今節もLena Lotzen選手、Gina Lewandowski選手、Katja Schroffenegger選手, Franziska Jaser選手、 Ivana Rudelic選手の5人が怪我で欠場見込みです。
この記事をアップした後、12月7日に、ヴェンニンガーCarina Wenninger選手が水曜日のトレーニングで前十字断裂及び半月板損傷などの怪我を負い、手術が必要なため半年以上欠場することが発表されました。9試合連続フル出場している主力選手名だけに、ミュンヘンにとっては大きな痛手となりそうです。


その他の試合
前節レバークーゼンLeverkusen戦で1-5の大敗を喫したフライブルクFreiburgは、エッセンSGS Essenを迎えます。
レバークーゼンは、最下位のジンデルフィンゲンと対戦します。


[第10観戦 豆知識]
•ポツダム対フランクフルトのトップ対決は、12月8日14時より、hr-online 及び rbb-online でネット配信される予定です。

• 
デュイスブルク対イェナの試合は、入場料が2ユーロに割り引き!年間席保有者はファンショップで景品がもらえます。

• Framba.deのデータベースによると、次の試合でガーレフレーケスKerstin Garefrekes選手(フランクフルト)はブンデスリーガ300試合目、 クリューガーMyriam Krüger選手(フライブルク)はブンデスリーガ100試合目です。

• ポツダムは過去12試合、フランクフルトは過去9試合負けなし。 

• デュイスブルクは、ホームでの過去3試合、Wolfsburg、Essen、Frankfurt戦でいずれも得点なしで敗北。3試合の失点は12点。

• ヴォルフスブルクは、過去23ホーム試合で負けなし。

•ポツダムは、2013/14年「ホーム試合順位表」では、1勝2分けで 9位。

•累積警告数が4枚の選手は、次の二人:
 マイアーLeonie Maier選手 (FC Bayern München)、
  ヒミングホーフェン Marina Himmighofen選手 (FCR 2001 Duisburg)

•ウォルキング Ricarda Walkling (Bayern München), ハネマンMiriam Hanemann (1. FFC Frankfurt) 、ヴィダックLaura Widak (Bayer 04 Leverkusen)の3選手は、U17女子ヨーロッパ選手権のため、欠場。

•ジンデルフィンゲン VfL Sindelfingenは、過去13試合勝ちなし。

•レバークーゼン Bayer 04 Leverkusen は、女子ブンデスリーガのホーム戦(通算2試合のみ!)でフランクフルトSC Freiburgに勝ったことがない。

• 第8節までの1試合辺り平均観客数は、1188人。

• 現在のブンデスリーガ得点王争い:
Célia Sasic (フランクフルト 1. FFC Frankfurt)  13得点
Martina Müller (ヴォルフスブルク VfL Wolfsburg) 8得点
Sarah Hagen (ミュンヘン FC Bayern München)    7得点 

• 警告数:
イエローカード
1. Marina Himmighofen  FCR 2001 Duisburg  4枚
2. Leonie Maier FC Bayern München 4枚
3. Johanna Elsig 1. FFC Turbine Potsdam 3枚
4. Sarah Hagen FC Bayern München 3枚
5. Nicole Loipersberger VfL Sindelfingen   3枚
6. Susann Utes     FF USV Jena 3枚
7. Genoveva Anonma    1. FFC Turbine Potsdam 2枚
8. Verena Aschauer  BV Cloppenburg 2枚
9. Marie-Louise Bagehorn BV Cloppenburg 2枚
10. Amber Jean Brooks FC Bayern München 2枚
  
レッドカード
1. Desirée Schumann 1. FFC Frankfurt 1枚

第9節FFC8-2(5-0)ホッフェンハイムで大勝!
第9節の見どころ
2013/14女子ブンデスリーガのみどころ
タグ: 安藤梢  FFCフランクフルト  田中明日菜  見どころ 

[edit]

△page top

バス移動 

Hallo(^^)
今、明日のポツダム戦にむけてバス移動中です。
午前中に練習してからの出発でした。

fc2_2013-12-07_14-51-42-047.jpg

fc2_2013-12-07_14-52-51-590.jpg
バスには今シーズンからスポンサーさんになってくれた安川電機さんのロゴも入ってます☆☆☆

嬉しいことに、お弁当の差し入れいただきましたー!!!
あっすーとめっちゃおいしー(>_<)と感動しながらバスの中で食べました!
fc2_2013-12-07_14-49-45-699.jpg

fc2_2013-12-07_14-50-23-642.jpg

バスの中から見える景色は真っ白で、ポツダム戦は雪で中止にならないか心配ですが今のところ中止になりそうという感じは全くないです!
fc2_2013-12-07_15-40-33-967.jpg

バス移動6時間もかかるので、暇でみんな映画みたり席を移動しておしゃべりしたりしてまーす

fc2_2013-12-07_15-17-41-621.jpg

fc2_2013-12-07_15-18-33-481.jpg
あっすーを探せ!(笑)


最後にこの前、乾くんの試合を応援に行ったときの写真です。

fc2_2013-12-07_15-31-23-494.jpg

fc2_2013-12-07_15-32-10-181.jpg

乾くんすっごい走ってたし、ファーストタッチがすごい上手だし、いっぱいチャンス作っててすごい勉強になりました!!
今日はこれから乾くんはホッヘンハイムと試合です。がんばれー!!!

[edit]

△page top

勝利☆ 

こんにちは.
遅くなりましたが,前回のPOKALのボルフスブルクとの大接戦,日曜日のホッヘンハイム戦,応援ありがとうございました.
ポカールで宿敵ボルフスブルクに1-0で勝利することができ,日曜日もホッヘンハイムに8-2で勝利することができました.

ボルフスブルクとの試合の後から10日間,2015年女子W杯のためのヨーロッパ予選のためにドイツ代表選手が遠征に行っていました.他の国の代表選手も遠征に行っていたりで,10日間は7人~10人くらいでの練習でした.ホッヘンハイム戦前の金曜日に代表選手が帰ってきて合流し2日間だけ練習して試合という状況だった中で勝てたことは,気持ちのうえでもチーム一丸となって闘えたからこそだったと思います.

fc2_2013-12-06_11-38-31-615.jpg

fc2_2013-12-05_15-55-09-368.jpg


私はここ3試合,3人のボランチの一角を任されています.守備的なことを要求されることが多くなりますが,その中でいかに自分の判断でチャンスの時に効果的な攻撃参加ができるかを考えながらプレーしています.新しいポジションですが,中盤でフィジカルの強い相手とがつがつ闘うことができるし,チームの中でのポゼッションも求められるし,チャンスと判断した時の攻撃参加ではいかにその時に確実に得点までつなげられるかプレーの精度や運動量も鍛えられるし,自分の足りないところを高められるチャンスだなと思います!
最近いろいろなポジションをやることで、監督から要求されること、プラスどんなプレーをしたら自分の良さを出せて チームにもプラスになるかを試合の中で考えて判断することが楽しくなっています。試合の状況にあわせて、自分で判断して周りの選手に要求してコミュニケーションをとりながらプレーできるようになっている手応えもあります.

それからこの試合で日本人選手3人が一緒にピッチにたてて嬉しかったです!
スタジアムにもたくさんの日本人の方達が応援にきてくれていてチームの他の選手達もびっくりしていました!ありがとうございました!!!

fc2_2013-12-05_15-56-09-177.jpg

DSC_0475_GF.jpg

仲良くさせてもらってる隅田さんに差し入れしてもらったお寿司☆試合後のロッカールームで大人気であっという間になくなってしまいました!!おいしかった~\(^^)/
fc2_2013-12-05_15-34-22-300.jpg

GKのデイジーもお寿司大好き!!!ちなみに彼女は日本語がとっても上手です!
fc2_2013-12-05_15-37-00-153.jpg


最後に、火曜日の練習後にみんなでチームイベントしてきました!Colin監督は、チーム作りのために、時々いろんなイベント事をします。選手とスタッフと一緒にどんな事をするか決めるのですが今回はEnglisch Theater で英語のミュージカルをみにいってきました。
ほとんどストーリーの内容わからなったけど(笑)踊りと歌がたくさんあったので迫力がすごくて楽しめました!たまにはみんなでオシャレしてお出掛けするのも新鮮でした~(^^)

fc2_2013-12-05_16-05-55-977.jpg
ミュージカル後にチームみんなで舞台によんでいただいて、劇団の方たちとパシャリ!


今週は,現時点でのリーグ戦1位2位対決,宿敵ポツダムとの試合です.
チーム一丸となって勝利して,絶対に首位を守ります!
応援よろしくお願いします.


それから・・・
日本からの贈り物が届きました!
ロッカールームで日本からの大きな贈り物が届いているとみんな大騒ぎします(笑)
私も、何かな?ってドキドキするし、とっても嬉しいです!

fc2_2013-12-05_16-31-07-300.jpg

fc2_2013-12-05_16-31-45-898.jpg

どれもとってもおいしかったです!!どうもありがとうございました☆☆☆

[edit]

△page top

第9節FFC8-2(5-0)ホッフェンハイムで大勝! 

フランクフルト8-2ホッフェンハイムの大勝利!

第9節ゴール集 DFB-TV


20131201 日本人3人のバトル!


写真Google+アルバム by Kazu




写真- FRAUENFUSSBALinfo
PRESSE FOTOAGENTUR - JAN HUEBNER

12月1日はアドベント(待降節)の始まりの日。この日からアドベントカレンダーの窓を1日ひとつあけながら、クリスマスへのカウントダウンが始まります。

20131125_Adventskalender.jpg
FFC のアドベント・カレンダー

第1アドベントの日曜日、昇格チームであるホッフェンハイムTSG 1899 Hoffenheim とホームで対戦したフランクフルトFFC Frankfurt は、8-2の圧勝で首位の座を守りました。


Hoffemheim-HP.jpg
ホッフェンハイムのHPには梢選手と岩渕真奈選手のマッチアップ写真


[試合経過]
日本人が3人も来るとあって、日本人観客はウォーミングアップから注目!

DSC_0106_GF.jpg
梢選手の美しいフォーム!

DSC_0114_GF.jpg
梢選手のパス回しのパートナーはいつも通りサジッチ選手


DSC_0118_GF.jpg
田中明日菜選手「あっすー」、、、遠くてごめんなさい

DSC_0125_GF.jpg
岩渕真奈選手とは初対戦



今日のフランクフルトのフォーメーションは4-3-3、梢選手は3ボランチの一角に入ります。

       Schuman
Schmidt - Bartusiak - Kuznik - Laudehr
  Marozsán - Behringer - Ando
Crnogorcevic       Garefrekes
       Sasic  

Babett Peter選手、Kim Kulig選手、Svenja Huth選手、Lise Munk選手は怪我で長期療養中、明日菜選手はベンチスタートです。


試合開始後9分、ベーリンガーMelanie Behringer選手のフリーキックをガーレフレーケスKerstin Garefrekes選手がヘッドで押し込みフランクフルトが先制点。


その2分後、梢選手が中盤から裏に抜け出しゴールに向かいますが、GKフェッタラーラインAlisa Vetterlein選手が飛び出しボールをキャッチします。飛び出してきたフェッターライン選手にぶつからないように梢選手は素早くよけますが、ホッフェンハイムの選手と味方同士で接触し倒れ込みます。

DSC_0166_GF.jpg

DSC_0167_GF.jpg

DSC_0168_GF.jpg

ホッフェンハイムの選手はボールをクリアするのも忘れ、足を止めてしまいますが、梢選手は審判のプレイ続行の指示を冷静に見届けてボールをゴールに流し込み2-0。ホッフェンハイムの選手の判断ミスによる、ラッキーな得点となりました。


この時、フェッターライン選手が膝を傷め、第2GKのコバーKristina Kober選手と交代します。(フェッターライン選手の膝は、大事には至らなかったそうです。)
DSC_0170_GF.jpg


そのあと、25分にはベーリンガー選手が(3-0)、33分にはマロジャンDzsenifer Marozsán選手のアシストでシュミット Bianca Schmidt選手が今季初ゴール(4-0)。37分には梢選手が出したクロスボールからマロジャン選手を経由してクロノゴルテェビッチAna-Maria Crnogorcevic選手が決め、5-0で前半を折り返します。



しかし、後半に入った10分後ホッフェンハイムのケイルバッハLeonie Keilbach選手 (54分)、モーゼア Martina Moser選手(55分)が次々にゴールを決め、あっという間に5-2と迫ってきます。FFCにとっては10月20日以来の失点です。FFC日本人応援団の多くは「どうせ取られるなら、岩渕選手にとって欲しかった」と思ったに違いありません。。。。この状況に、ベル監督はついにベンチから立ち上がり激を飛ばします。

DSC_0355_GF.jpg
マッチアップの場面が多かった二人


しかし、FFCの選手たちはすぐに体勢を立て直します。64分にサジッチCelia Sasic選手のアシストでガーレフレーケス選手がネットを揺らし(6-2)、その2分後には今度はガーレフレーケス選手のクロスをサジッチ選手がシュート(7-2)。

そして、75分に交代で入った明日菜選手が、なんと試合終了間際の90分に22mからの見事なシュートを決めて8-2。これが、2013年最後のホームでの得点となりました。

20131201_Asuna.jpg
ナイス、あっすー!!! FFC HPより

DSC_0455_GF.jpg
移籍後初ゴールでもみくちゃのあっすー!


DSC_0473_GF.jpg
満面の笑み!

DSC_0475_GF.jpg
仲良しの岩渕選手を慰めるあっすー。

DSC_0481_GF.jpg
その悔しさは、きっと未来につながりますね!頑張れ!

DSC_0471_GF.jpg
今年最後のホーム戦とあって、大勢のファンが詰めかけました。


頑張れ、梢選手!
頑張れ、明日菜選手!
頑張れ、FFC フランクフルト!!

Colin Bell監督: 選手たちは、ここ数週間の負担が大きかったにもかかわらず、素晴らしい得点劇を見せてくれた。選手たちを称えたい。体力が十分にあるとは言えない状態だったが、それでも精一杯のプレイを見せてくれた。また、8得点を7人の選手が分けあっている状態も喜ばしい。広い範囲でいいい配置をしていたことを示していると思う。失点は小さなミスだった。(次節の)ポツダムでの試合を考えると、今日のポイントの意味は非常に重要だ。

Siggi Dietrichフランクフルト・マネージャー: 代表戦週間の集中的な戦いのあとで非常に疲れていたにもかかわらず、精力的に試合に取り組み勝利に向かって戦ってくれたことは賞賛に値する。次節のポツダムでの伝統的戦いにも、これで十分な取り組みができるだろう。

フランクフルト
Desiree Schumann  (1)
Melanie Behringer (7)
Celia Sasic   (9) 
Dzsenifer Marozsán (10)  
Simone Laudehr    (11)
Ana-Maria Crnogorcevic (21) (59分→Meike Weber(12))
Kerstin Garefrekes (18)
Kozue Ando   (14)
Bianca Schmidt   (23) (46分→Fatmire Bajramaj(19))
Saskia Bartusiak   (25) (75分→Asuna Tanaka(24))
Peggy Kuznik   (27)

フランクフルト ベンチ
Anke Preuß   (31)
Alina Garciamendez Rowol (2)
Meike Weber (12)
Jessica Wich      (17)
Fatmire Bajramaj     (19)
Asuna Tanaka       (24)


ホッフェンハイム
Alisa Vetterlein (31) (13分→Kristina Kober(25))
Kristin Demann (4)
Madita Giehl (5)
Martina Moser (7)
Christine Schneider(8)
Sabine Stoller (10)
Mana Iwabuchi (13)
Leonie Keilbach (15)
Theresa Betz (20)
Leonie Pankratz (21)
Silvana Chojnowski (27) (76分→Anne Fühner(18))
Fabienne Dongus (33) (46分→Stephanie Breitner (12))

ホッフェンハイム・ベンチ
Kristina Kober (25)
Lena Weiss (2)
Annika Eberhardt (9)
Stephanie Breitner (12)
Anne Fühner (18)
Susanne Hartel (22)
Tamar Dongus (32)

監督 Jürgen Ehrmann

[観客数]
1790

[得点]
1:0 Garefrekes (9分)
2:0 Ando    (11分)
3:0 Behringer (25分)
4:0 Bianca Schmidt (33分)
5:0 Crnogorcevic  (36分)
5:1 Keilbach  (54分)
5:2 Moser    (55分)
6:2 Garefrekes (64分)
7:2 Sasic    (66分)
8:2 Tanaka   (90分)

[主審]
Nathalie Eisenhardt (Holzgerlingen)

[警告]
イエローカード:
フランクフルト
Crnogorcevic (45分), Bartusiak (48分)
ホッフェンハイム
Giehl (87分) タグ: 女子ブンデスリーガ  安藤梢  FFCフランクフルト  田中明日菜 

[edit]

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。