世界でたたかうKOZUE

トップ

お知らせ:

管理上のミスにより、長い間本ブログが更新できない状態出会ったことをお詫びいたします。 本日復旧いたしまいしたので、これまでにいただいたコメントなど順次アップさせていただきます。 今後とも応援の程をよろしくお願いいたします。 2016年12月30日 管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


全試合日程一覧はここをクリック

△page top




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告 | -- trackback | -- comment

△page top

Bad Neuenahr 0-5 FFC で勝利。DFBポカール(カップ)2回戦 

DFBポカール(カップ)杯2回戦
SC 07 Bad Neuenahr 0:5 1. FFC Frankfurt
ケルン(決勝戦)へ一歩近づく!

DFBカップ戦2回戦 ゴール集I


DFB-Pokal: Alle Favoriten gewinnen - bis auf Hoffenheim - Frauenfußball in Deutschland - Framba.de http://p.tl/ROo0DFB-Pokal: Alle Favoriten gewinnen - bis auf Hoffenheim - Frauenfußball in Deutschland

20130908-poster.jpg
マッチ・プログラム

女子ブンデスリーガのトップ8チームが初めて参戦するDFBカップ2回戦、FFCフランクフルトは経営危機でブンデスリーガから撤退した現ブンデスリーガ2部SC 07 Bad Neuenahrと対戦し、5-0で勝ち3回戦進出を決めました。


[試合経過]
バードノイエンアールは梢選手がやってくるのはDuisburg時代から数えてもうこれで5,6回目、たいてい今日のようなうららかな秋の日です。

DSC01573.jpg

DSC01575.jpg


ワイン畑の広がるこの町に、2013年6月30日までバードノイエンアールに在籍していたColin Bell監督、Celia Sasic選手、Peggy Kuznik選手も3か月ぶりに戻ってきました。今日のキックオフ前には、経営危機で撤退をやむなくされたバードノイエンアールのクラブから、3人に感謝の”ワイン”が送られました。

DSC01577.jpg

DSC01581.jpg
9年間バード・ノイエンアールに在籍した、ドイツ代表エースのCelia Sasic選手に大きな拍手が。

DSC01578.jpg
梢選手と明日菜選手はベンチから見守ります。


Bell監督は、新たに4-1-4-1のフォーメーションを試してきました。
Schumann
Schmidt, Bartusiak, Kuznik, Weber
Behringer
Garefrekes, Marozsán, Bajramaj, Laudehr
Sasic
梢選手と明日菜選手はベンチスタートです。

10月に1. FFC フランクフルト2軍とブンデス2部リーグで対戦することになっているバードノイエンアールは、ほとんど敵陣に戦いを持ち込むことができず、自陣でブロックを作り失点しないことに全力を注ぐ戦術をとります。

FFCはCelia Sasic選手 (5分/14分)、Dzsenifer Marozsán選手(9分)、Melanie Behringer選手(20分)にシュートチャンスがありましたが、なかなかゴールを割ることができません。しかし、27分、Lira Bajramaj選手がペナルティエリアぎりぎり手前からゴール左隅に力強いシュートを放ちついに先制します。

その後も、FFCは球際で常にボールを奪い試合を支配します。
キャプテンのKerstin Garefrekes選手が28分と35分に2-0に突き放すシュートを試みますが、実際に2点目を決めたのはSaskia Bartusiak選手。それまでなかなか出番のなかったセンターバックのBartusiak選手は、37分、Melanie Behringer選手のコーナーキックを頭で押し込みます。

前半終了直前の45分、Dzsenifer Marozsán選手が30メートルから打った強烈なロングシュートをGKのElena Bläser選手が das Leder gerade バーぎりぎりでタッチしはじいたときは、観衆から大きなため息が漏れます。Melanie Behringe選手のコーナーキックをSimone Laudehr選手が間近から頭で合わせますが、これはわずかに枠をそれます。

DSC01585.jpg
ハーフタイム中にアップする梢選手と明日菜選手


後半開始わずか6分後、スコアが動きます。Celia Sasic選手からのパスをDzsenifer Marozsán選手決めて 3-0。63分には、Celia Sasic選手のシュートをGKがはじいたこぼれ球を Kerstin Garefrekes選手が押し込み4-0。

68分、ようやく梢選手と明日菜選手が投入されます。
DSC01587.jpg

DSC01590.jpg


その数分後、コーナーキックをCelia Sasic選手がシュート!

DSC01598.jpg

GK前で待っていた梢選手がバックヘッドで逸らしてゴールを狙うも、おしくもGKにはじかれます。


79分には、FFCのキャプテンで、先期のチーム内得点王のKerstin Garefrekes選手が今度は頭で押し込み5点目。


大差のついた試合となりましたが、Bad Neuenahrは最後まで諦めずに戦いました。試合終了直前には、Melanie Eminger選手が肋骨を痛め(肋骨を2本骨折)て退場し、試合終了後救急車で病院に運ばれました。会場からは、粘り強い戦いぶりの賞賛と早期回復の願いを込めて、拍手がおくられました。



FFCフランクフルトは、この日から、3日木曜日14時のBV Cloppenburg戦、5日土曜日13時のBayer Leverkusenと続くイングリッシュ・ウィークを白星でスタートできました。

DSC01607.jpg

DSC01609.jpg


DSC01610.jpg

DSC01613.jpg


がんばれ梢選手!
がんばれ明日菜選手!
頑張れFFCフランクフルト!!


[コメント]
コリン・ベル Colin Bell監督:
カップ戦の組み合わせ抽選が、私の古巣のクラブを引き当ててくれてとてもうれしかった。Celia Sasic、Peggy Kuznikの両選手も、私たちを温かく迎えてくださり喜んでいると思う。
私たちは試合序盤から攻勢をかけ、幾度もチャンスを作り出した。 通常そういうプレッシャーは30分以上は持ちこたえられないが、今日の試合もそうだったように思う。 Bad Neuenahr もよく守備に徹していたが、試合を通して一度もチャンスがなかったように思う。一方で私たちは、生き生きとプレイしていたし、本来ならもうあと数点とれてもよかった。

FFC-Manager Siegfried Dietrich:
DFBカップ2回戦で快勝できて大変うれしい。私たちの目的はケルンの決勝戦までいくことだが、一歩近づけた。


[選手]
1. FFC Frankfurt:
Schumann
Schmidt
Bartusiak
Kuznik
Weber
Behringer (68. Tanaka)
Garefrekes
Marozsán
Bajramaj (79. Crnogorcevic)
Laudehr (68. Ando)
Sasic

SC 07 Bad Neuenahr:
Bläser
Langenfeld (78. Weber)
Eminger
Schumacher
Weingarz
Asteroth
Krumscheid
Wendel (68. Sekiraca)
Streller
Umbach
Sebastian (58. Vinci)

[得点]
0:1 Bajramaj (27.)
0:2 Bartusiak (37.)
0:3 Marozsán (51.)
0:4 Garefrekes (63.)
0:5 Garefrekes (79.)

[主審]
Marija Kurtes (Düsseldorf)

[観客]
312

今年度のドイツ女子カップの予定は以下のとおり。

1回戦:        2013年8月31日/9月1日
2回戦:        2013年9月28/29日
ベスト8決定戦:    2013年11月16/17日
準々決勝戦:    2013年12月14/15日
準決勝戦:    2014年4月12/13日
決勝戦:    2014年5月17日 ケルンKöln


DFBポカール(カップ戦)2回戦組み合わせ抽選結果
DFBポカール1回戦結果
ドイツ女子カップとは
DFB ドイツ女子カップ
スポンサーサイト
タグ: 安藤梢  女子DFBカップ戦 

[edit]

△page top

DFBポカール(カップ戦)2回戦組み合わせ抽選結果 

2013/14年DFB女子カップ戦(DFBポカール)の2回戦組み合わせ抽選が2013年9月8日に行われました。

※女子ブンデスリーグの先シーズンのトップ8チームは、現チャンピオンのVfL Wolfsburgも含め、 この2回戦からの参加です。例年通り、3回戦までは、アウェイチームの移動の負担を避けるため、南部・北部のグループ毎に組み合わせ抽選が行われます。

この結果、Frankfurt(安藤梢選手、田中明日菜選手)の対戦相手は、Bell監督や Šašić選手が在籍していたBad Neudenahr(ブンデスII部)となりました。

岩渕選手のホッフェンハイムは、かつて得点女王として名を馳せたInka Grings選手のKoelnと対戦します。

チャンピオンVfL wolfsburgは地域リーグのGretschと、同じく地域リーグながら1回戦でブンデスII部のWoersstadtに勝った唯一のクラブMoersは、ブンデスI部のLeverkusenと対戦します。

ブンデスI部同士の対戦は、Essen対Potsdam(永里選手)、Freiburg対Sindelfingenの2試合です。


2回戦(9月28/29日)の全組み合わせは以下のとおりです。

DFBポカール2013 北部グループ
2013年9月28日13:00BV Cloppenburg –Magdeburger FFC
2013年9月28日13:00FCR 2001 Duisburg SV BW Hohen Neuendorf
2013年9月28日16:00TSG Burg GreteschVfL Wolfsburg
2013年9月29日11:00FC Viktoria 89 Berlin –SV Meppen
2013年9月29日11:00Herforder SV FFV Leipzig
2013年9月29日13:001. FC Lübars Werder Bremen
2013年9月29日14:00SGS Essen –Tubine Potsdam
2013年9月29日14:00FSV Gütersloh 2009 FF USV Jena

DFBポカール2013  南部グループ
2013年9月28日14:00SC 07 Bad Neuenahr –1. FFC Frankfurt  
2013年9月28日14:001. FC Köln –TSG 1899 Hoffenheim
2013年9月28日16:00GSV 1910 Moers Bayer 04 Leverkusen
2013年9月28日16:301. FC Saarbrücken-1. FFC Niederkirchen
2013年9月29日11:00VfL Bochum –SV Weinberg
2013年9月29日14:00FC Freiburg VfL Sindelfingen
2013年9月29日14:00ETSV Würzburg SC Sand 
2013年9月29日14:00TSV Crailsheim –FC Bayern München 
ピンクはブンデスリーガ1部青はブンデスII部

今年度のドイツ女子カップの予定は以下のとおり。

1回戦:        2013年8月31日/9月1日
2回戦:        2013年9月28/29日
ベスト8決定戦:    2013年11月16/17日
準々決勝戦:    2013年12月14/15日
準決勝戦:    2014年4月12/13日
決勝戦:    2014年5月17日 ケルンKöln

DFBポカール1回戦結果
ドイツ女子カップとは
DFB ドイツ女子カップ タグ: 女子DFBカップ戦  安藤梢 

[edit]

△page top

第2節 エッセンに引き分け 

フランクフルト1.FFC Frankfurt1-1(1-1)でなんと引き分け!

第2節ゴール集 DFB-TV

Juergen kessler sportfotografie


[試合経過]
ホーム初戦の第2節は、雨が降りそうなどんよりした雲行きのなか日曜日の昼前にキックオフ。
スタジアムの工事が終了しておらず立見席が少ないという事情を勘案しても、いつもより大幅に少ない1820人という観客数の中、日本人応援団がひときわ目立っていました。


DSC01949.jpg
日本人応援団!


DSC01950.jpg 

DSC01965.jpg 
乾選手も後半駆けつけてくれました。

 
キックオフ50分前に始まるウォーミングアップから、熱心に見守ります。


IMG_1259.jpg
全員ならんで1,2,3!                                 ©Hiroaki Hozumi

IMG_1265.jpg
高い!                                        ©Hiroaki Hozumi 

IMG_1300.jpg
アウトサイドトラップ!            ©Hiroaki Hozumi

IMG_1287.jpg
                                                     ©Hiroaki Hozumi
パス練習は、いつもドイツのエース”セリア様”と!  



今日は、今季から第1GKとなったDesirée Schumann選手が入り、梢選手は左サイドでスタメン出場です。
代わりに前節左サイドだったSimone Laudehr選手が左サイドバックに回ります。

Célia Šašić
Kosue Ando - Dszenifer Marozsán - Kerstin Garefrekes
Asuna Tanaka  - Melanie Behringer
Simone Laudehr - Peggy Kuznik - Saskia Bartusiak - Bianca Schmidt
Desirée Schumann


前節に引き続き、Babett Peter選手、Kim Kulig選手、Svenja Huth選手は、怪我で長期療養中、Lise Munk選手、 Jessica Wich選手も、負傷のため欠場です。


DSC01948.jpg
今日はFFCからヨーロッパ・マイスターたちへ花束が!            ©Hiroaki Hozumi

IMG_1391.jpg 
一列に並ぶと、梢選手がいつもより小さく見えます。©Hiroaki Hozumi

IMG_1401.jpg 
試合前のハイタッチ                                 ©Hiroaki Hozumi

IMG_1411.jpg 
                      ©Hiroaki Hozumi


以下、写真を中心に梢選手の活躍をご覧ください!






IMG_1424.jpg
                       ©Hiroaki Hozumi

試合開始後5分、早々にゴールが入ります。
今季FFCフランクフルトのキャプテンとなったKerstin Garefrekes選手が先制!


IMG_1448.jpg
仲良しのKG選手に飛びかかって喜ぶ梢選手               ©Hiroaki Hozumi 




IMG_1454.jpg
マロジャンとのコンビから左サイドを突破して、、、               ©Hiroaki Hozumi

IMG_1455.jpg
ザジック(オコイノ)選手にドンピシャのクロスを送るも、、、、、         ©Hiroaki Hozumi

IMG_1456.jpg 
ザジック選手のシュートはおしくもキーパーに阻止されます。         ©Hiroaki Hozumi



IMG_1461.jpg
その後のCKもおしくも得点ならず                                                          ©Hiroaki Hozumi

IMG_1470.jpg
明日菜選手もスタメン出場で頑張ります。   ©Hiroaki Hozumi

IMG_1473.jpg
                                                                                                         ©Hiroaki Hozumi

IMG_1476.jpg 
梢選手と明日菜選手,二人で壁に入ります    ©Hiroaki Hozumi

IMG_1481.jpg
左サイドでのマッチアップ!                  ©Hiroaki Hozumi

IMG_1484.jpg 
左サイドDFに入ったシモーネとの初の左サイドコンビ!
                                                                          ©Hiroaki Hozumi


IMG_1497.jpg

タッチラインを割りそうなボールも...     ©Hiroaki Hozumi

IMG_1498.jpg
必死に追いかけ...          ©Hiroaki Hozumi

IMG_1500.jpg
追いかけ、、、、、                            ©Hiroaki Hozumi


IMG_1502.jpg
追いかけ、、、、                                ©Hiroaki Hozumi


IMG_1503.jpg
追いつき、、、、、、                          ©Hiroaki Hozumi

IMG_1504.jpg
なんとかボールを残して...             ©Hiroaki Hozumi

IMG_1506.jpg 
                         ©Hiroaki Hozumi


IMG_1509.jpg
                        ©Hiroaki Hozumi 

IMG_1510.jpg
マイボールに!             ©Hiroaki Hozumi

IMG_1519.jpg
                                                      ©Hiroaki Hozumi

IMG_1536.jpg 
DFラインまで下がって守備でも貢献します。                        ©Hiroaki Hozumi

IMG_1537.jpg 
                                           ©Hiroaki Hozumi


IMG_1540.jpg
マッチアップした大型選手にも攻守にわたって負けません!             ©Hiroaki Hozumi

IMG_1550.jpg
                                                       ©Hiroaki Hozumi

IMG_1562.jpg
                                                                                                         ©Hiroaki Hozumi


IMG_1566.jpg
                                                                                                ©Hiroaki Hozumi


前半戦を1-0で折り返すかと誰もが思っていた44分ごろ、ベーリンガー選手がファウルでPKを献上してしまいます。これを難なく決められ、試合は1-1の降りだしに。。。。。





IMG_1615.jpg
                                                                                                ©Hiroaki Hozumi

IMG_1620.jpg
                                                      ©Hiroaki Hozumi

IMG_1621.jpg
                                         ©Hiroaki Hozumi

IMG_1630.jpg
CKのトリックプレーから...                    ©Hiroaki Hozumi  

IMG_1634.jpg 
                       ©Hiroaki Hozumi
ニアサイドで受けた梢選手が反転してゴールを目指すも

IMG_1636.jpg
おしくもエッセンの守りにはばかれます。©Hiroaki Hozumi

IMG_1637.jpg
                     ©Hiroaki Hozumi



IMG_1668.jpg
後半左サイドを突破した梢選手に慌てたDFが後ろから悪質なファウル。        ©Hiroaki Hozumi 

IMG_1669.jpg
肩を強打し倒れ込む梢選手。                         ©Hiroaki Hozumi

IMG_1670.jpg
明日菜選手も心配そうに駆け寄ります。                 ©Hiroaki Hozumi


後半67分にベーリンガー選手に代わりバイラマイ選手が投入されると、左MHにバイラマイ選手が入り、梢選手はあすな選手と共に6番のポジションに移ります。


IMG_1683.jpg
監督の指示を受ける梢選手                            ©Hiroaki Hozumi

IMG_1698_201309162246548fa.jpg
中盤でコンビを組む明日菜選手と作戦会議中!?             ©Hiroaki Hozumi

IMG_1711.jpg
                  ©HIroaki Hozumi

IMG_1717.jpg 
6番ポジションに入ってからも、、、、       ©Hiroaki Hozumi

IMG_1718.jpg
積極的なプレイで、、、、、、       ©Hiroaki Hozumi


IMG_1719.jpg 
チャンスメイクをする梢選手。     ©Hiroaki Hozumi

IMG_1720.jpg
                    ©Hiroaki Hozumi



IMG_1729.jpg
                                          ©Hiroaki Hozumi


82分にクロノゴルチェビkック選手と交代、クロノゴルチェビック選手はワントップの位置に入り、”セリアさま”ことザジック選手が6番のポジションに入ります。

IMG_1737.jpg
82分走りぬいた梢選手         ©Hiroaki Hozumi


後半に入って、FFCは幾度もチャンスを作り出すも、なかなかものにできず、、、

IMG_1750.jpg


1-1のまま試合終了。

IMG_1755.jpg


気を取り直して、クールダウン。

IMG_1771.jpg
試合終了後,しっかりクールダウン ©Hiroaki Hozumi

IMG_1777.jpg
                     ©Hiroaki Hozumi

IMG_1786.jpg
                                           ©Hiroaki Hozumi

IMG_1820.jpg
                                         ©Hiroaki Hozumi

IMG_1794.jpg

IMG_1817.jpg
 たくさんの写真を撮ってくださいました!感謝!

IMG_1801.jpg
                                            ©Hiroaki Hozumi

[コメント]
Colin Bell監督:
1対1という結果には、まったく満足していない。非常にいいスタートを切ったのに、リードを広げるのに失敗したからに他ならない。今の段階では、もっと酔いしれた気分でプレイすることを期待していた。しかあしその反対に私たちはハーフタイムの残りの時間ただプレイをしていただけで、テンポ良いプレイが見られなかった。これは私のイメージしているサッカーではないし、チームのイメージ指定いるものでもないはずだ。スイッチは試合が終わって初めて元に戻すことができる。それまでは、100%の情熱を期待するし、ファンもきっとそうに違いない。私のチームは、試合後半にそれを見せてくれた。2対1に持ち込めそうなチャンスが幾度もあったが、残念ながらあとちょっとの幸運が足りなかった。試合後FFCファンに拍手で見送ってもらえたのは、後半を通して選手たちが必死で戦ったからだと思う。

Siggi Dietrichフランクフルト・マネージャー:  もちろん2ポイントを逃して、とてもがっかりしている。私たちの要望は、ホーム初戦でエッセンには勝つことだった。しかし、私たちは、ブンデスリーガ中堅のこのチームが強くなっているのを見せつけられた。今日の試合を見て、きっと、ほかの強豪チームもエッセンと難しい戦いを強いられるだろうという思いを強くした。特にGKのLara Weiss選手は、今日はいくつもの劇的なセーブをした。
後半に入ってからは、私たちが明らかに優勢でエッセンにはシュートチャンスはなかった。こちらに最高のチャンスがあっても、肝心な1点がなかなか決まらなかった。次節では、今日の試合の最初の10分と後半のような戦いぶりを期待したい。このチームは次の試合でもファイナルまでの戦いでも、大きな可能性を持っているし、最後まで大きな力を出せると確信している。


がんばれ梢選手!
頑張れ、明日菜選手!
頑張れ、FFC フランクフルト!!


[選手]
フランクフルト
Schumann Bianca (1)
Bianca Schmidt (23)
Saskia Bartusiak (25)
Peggy Kuznik
Asuna Tanaka (24)
Kozue Ando (14)  (→82分 Crnogorcevic(21) )
Simone Laudehr (11)
Melanie Behringer (7) (→67分 Bajramaj(19))
Dszenifer Marozsán (10)
Kerstin Garefrekes (18)
Célia Šašić (9)


エッセン
Lisa Weiß (1)
Ina Mester (21)
Vanessa Martini (6)
Sarah Freutel (7)
Irini Ioannidou (11)
Dominique Janssen (2)
Sara Doorsoun-Khajeh (23)
Linda Dallmann (10)
Natalia Mann (15)
Ana Leite (17)I
sabelle Wolf (9)

Mester, Martini, Freutel, Ostermeier Doorsoun-Khajeh Linda Dallmann, Ioannidou Isabelle Wolf (46. Oliveira Leite), Charline Hartmann (90. Janssen), Mann (81. Gier)

[観客数]

[得点]
1:0 Garefrekes (4分)
1:1 Ioannidou (45分 ファウルによるPK)

[主審]
Angelika Söder (Schwarzenbruck)

[警告]

第2節の見どころ
第1節 初戦勝利! フライブルク0-2FFC
2013/14女子ブンデスリーガのみどころ
タグ: 女子ブンデスリーガ  安藤梢 

[edit]

△page top

第2節の見どころ 女子ブンデス2013/14 

女子ブンデスリーガ2013/143年第2節のみどころ

※主に以下のサイトを参照しまとめました。
http://www.framba.de/content/index.php?option=com_content&view=article&id=4677:frauenfussball-bundesliga-ausblick-auf-den-2-spieltag-201314&catid=118:bundesliga


☆今週の戦況
第1節の結果は以下のとおりでした。 

第1節試合予定
日付時間対戦チーム得点観客数
9月7日 13:00  VfL Wolfsburg - FC Bayern München  1-1(0-1)8249
9月8日14:00 Bayer 04 Leverkusen - FCR 2001 Duisburg3:0 (2:0)334
9月8日14:00 FC Freiburg - 1. FFC Frankfurt0:2 (0:1)1523
9月8日14:00 Turbine Potsdam - FF USV Jena1:1 (0:1)2780
9月8日14:00SGS Essen - BV Cloppeburg3:3 (1:1)820
9月8日14:00  1899 Hoffenheim - VfL Sindelfingen 1:0 (0:0)1321

1節を終わっての暫定順位表はこのとおりです。 
順位チーム試合得失点ポイント
1. Bayer 04 Leverkusen113:0+33
2. 1. FFC Frankfurt 11002:0+23
3.  TSG 1899 Hoffenheim11001:0+13
4. BV Cloppenbuerg10103:3+01
4.  SGS Essen10103:3+01
6. Bayern München10101:1+01
6. FF USV Jena10101:1+01
6.  VfL Wolfsburg10101:1+01
6. 1. FFC Turbine Potsdam10101:1+01
10. VfL Sindelfingen10101:1+01
11. SC Freiburg 10101:1+01
12. FCR 2001 Duisburg10010:3-3 0

☆第2節の見どころ
第2節試合予定
日付時間対戦チーム
9月14日 12:00  FC Bayern München - SC FreiburgEUROSPORT,  DFB-TV
9月15日11:00 VfL Sindelfingen -1. FFC Turbine Potsdam 
9月15日11:00.FFC FrankfurtSGS Essen -
9月15日14:00 FF USV Jena - 1. VfL Wolfsburg 
9月15日14:00 BV Cloppenburg - Bayer 04 Leverkusen
9月15日14:00  FCR 2001 Duisburg - TSG 1899 HOffenheim




イェナはヴォルフスブルクにも一撃を与えられるか?

ミュンヘン対フライブルクはEurosportでも放映
優勝候補4チームのうちもっとも難しい試合になると思われるのが、ミュンヘン。昨年5位のフライブルクと対決です
。この試合は、一足早く土曜日に、グリュンワルダー・スタジアムのお披露目を兼ねて入場無料で行われます。ミュンヘンは昨年フライブルクとのホーム試合で0-2に終わっていますが、
ミュンヘンのGKのKathrin Laengert選手は「ホームでの勝利は自信をつけるために重要」と話しています。前節でドイツ・チャンピオンと互角な戦いを見せてくれたミュンヘンですから、戦いぶりが楽しみです。

前節フランクフルトに敗れたフライブルクも、なんとしてもポイントをとりたいところ。しかし、重要な守備要員であるアメリカ人Jenista Clark選手が、太ももを痛めて欠場予定。

この見ものとなる試合、Eruosportで放送されますから、観客は居間でおちついて楽しむことができます!


フランクフルトは今節も順当に勝利か?

一方のデュイスブルクは、靭帯の怪我をしているLaura Neboli選手が欠場。前節の試合のあと、Daria Streng選手が前十字断裂で長期離脱することも発表されました。長期離脱は、8月に同じく前十字断裂が発表されたGuelhye Cengiz選手についで二人目。Svern Kahlert監督:「私たちのためにも、ファンのためにも、昇格チームに買って3ポイント獲得したい」。

[第2観戦 豆知識]
・14日土曜日11:45から、Eurosportがミュンヘンーフライブルク戦を放映。グリュンワルダー・スタジアムのお披露目のため、この日の試合は入場無料!

・フライブルクは、昨季ミュンヘンで0-2で勝利している。

フランクフルトのCélia Šašić 選手は、ブンデスリーガ100ゴールまであと3ゴール。 

・エッセンは、過去フランクフルトで獲得したポイントは、たった1ポイント。過去4年のフランクフルトでの戦績は0ポイント、総得点0-14。

・ポツダムは、昨季ジンデルフィンゲンに圧勝。ホーム、アウェイ合わせた得点は15-1。

・ミュンヘンは、昨季からあわせて6試合不敗で、ブンデスリーガトップ。続くのは、ポツダム(5試合)、エッセンおよびレーバークーゼン(3試合)


第1節 初戦勝利! フライブルク0-2FFC

2013/14女子ブンデスリーガのみどころ タグ: 女子ブンデスリーガ  安藤梢  FFCフランクフルト  見どころ 

[edit]

△page top

第1節 初戦勝利! フライブルク0-2FFC 


フライブルクFC Freiburg0 0-2(0-1)フランクフルト1.FFC Frankfurtで 初戦勝利!


第1節ゴール集 DFB-TV


試合後のインタビュー FRAMBA


試合の写真 FRAMBA
http://www.framba.de/content/index.php?option=com_content&view=article&id=4666:colin-bell-erster-sieg-mit-dem-1-ffc-frankfurt&catid=118:bundesliga#bilder


[試合経過]
いよいよ、女子ブンデスリーガの第1節が始まりました。

試合前には、この夏に誕生したヨーロッパチャンピオンの10人にフライブルクから祝福の花束が贈られ、華やかな雰囲気で試合が始まります。

DSC01933.jpg 


開幕前の記者会見で「2年ほど前、初めてバード・ノイエンアールから監督オファーをもらった時は、直ぐに断ったものの、こっそりホーム試合を見に行って、逆に女子サッカーに魅了され、オファーを受けることにした」と女子サッカーとの出会いを明かした、Collin Bell新監督。

7月に就任したFFCでの初めての試合をなんとしても白星で出発したいところ。

しかし、今日の相手は昨季5位の「フライブルク」。昨季4月の3-1のまさか の敗戦がまだ記憶に新しいチームです。FFCはこの敗戦後にPhilipp Dahm元監督を解任し、またこの負けがきっかけで、チャンピオンスリーグ出場圏から遠のくことになったのでした。

Bell監督も15名の各国代表を含む選手たちも、その記憶を払拭しようと気合十分です。
毎日2部練習という過密な準備期間の中で行われた練習試合でもスタメンが何度も入れ替わるなど、激しいスタメン争奪戦の結果、今日は、田中明日菜選手はスタメン、梢選手はベンチタートとなりました。

IMG-20130909-WA0006.jpg

IMG-20130909-WA0014.jpg


Babett Peter選手、Kim Kulig選手、Svenja Huth選手は、怪我で長期療養中の上、Lise Munk選手、 Jessica Wich選手、負傷のため欠場です。今季から第1GKとなるDesirée Schumann選手は、軽傷でトレーニングが不十分だったため、大事をとってベンチに入りました。

開幕早々、怪我人に悩まされる中で、Bell監督は以下のような4-2-3-1の布陣を組みました。

Célia Šašić
Simone Laudehr - Dszenifer Marozsán - Kerstin Garefrekes
Asuna Tanaka  - Melanie Behringer
Meike Weber - Peggy Kuznik - Saskia Bartusiak - Bianca Schmidt
Anke Preuß

そして試合序盤の16分、ジェニファー・マロジャン Dzsenifer Marozsán選手の素晴らしいスルーパスからケアスティン・ガーレフレケスKerstin Garefrekes選手がクロスボールをあげます。残念ながら逆サイドに流れますが、ジモーネ・ラウデア Simone Laudehr選手が1対1を突破してクロスをあげ、その混戦からのこぼれ球を、サイドバックの位置から上がってきていたビアンカ・シュミットBianca Schmidt選手がしっかり押し込み、FFCが先制!

後半52分には、ジェニファー・マロジャン Dzsenifer Marozsán選手が20mから今度は見事なフリーキックを決めて2点目。
08092013pse136.jpg
フライブルク公式HPより


後半終盤になって、フライブルクも激しく攻め込み惜しいシュートを放ちますが、反撃は届かず。試合は0-2のまま終了し、FFCフランクフルトが初戦3ポイントをあげました。
梢選手は82分からの出場、明日菜選手はフル出場でした。

IMG-20130909-WA0007.jpg

IMG-20130909-WA0003.jpg

IMG-20130909-WA0002.jpg

IMG-20130909-WA0009.jpg


ところで、今季新しく日本企業がFFCのスポンサーにつきました。
クラブバスにも、しっかりロゴが。。。。
IMG-20130909-WA0011.jpg

この日の試合にも、けっこう距離のあるフランクフルトから日本人のかたがたが応援に来てくれていました。
こうして日本の応援が増えている事実は、二人の日本人選手にとってもFFCフランクフルトにとっても、大きな恩恵になっているはずです。

日本(人)の皆様、心をひとつに共に応援してまいりましょう。
そして、今季もこのサイトをよろしくお願いいたします。


[コメント]
Colin Bell監督:難しい戦いになることが予想されていたので、勝つことができて本当にうれしい。FFCは常にコンパクトだったし、よくボールにくらいついたので前目にプレイできた。フライブルクの遠方からのシュートを恐れていたが、常にゴールから遠ざけることができた。フライブルクの地で果たすべき仕事ができてよかった。

Siggi Dietrichフランクフルト・マネージャー:シーズンをいい結果でスタートが切れて、またようやく長年のツケを清算でき、非常にいい気分だ。次週ホームでのEssen戦が楽しみだ。


がんばれ梢選手!
頑張れ、明日菜選手!
頑張れ、FFC フランクフルト!!


[選手]
フランクフルト
Anke Preuß (31)
Bianca Schmidt (23)
Saskia Bartusiak (25)
Peggy Kuznik
Asuna Tanaka (24)
Meike Weber (12)  (→89分 Bajramaj(19))
Simone Laudehr (11)
Melanie Behringer (7) (→82分 Ando(14))
Dszenifer Marozsán (10)  (→86分 Crnogorcevic(21))
Kerstin Garefrekes (18)
Célia Šašić (9)


フライブルク
Laura Benkarth (1)
Chioma Igwe (4) (→77分 O'Sullivan(16))
Jenista Clark (3)  (→20分 Starke(13))
Caroline Abbé (6)
Claire Savin (21)
Anja Hegenauer (24) (→46分 Höfflin(5))
Sara Däbritz (7)
Juliane Maier (8)
Melanie Leupolz (9)
Sylvia Arnold (10)

[観客数]
1523

[得点]
0-1 Bianca Schmidt (16分)
0-2 Marozsan (51分)

[主審]
Kathrin Heimann (Gladbeck)

[警告]
イエロー: Sasic (64分)
タグ: 安藤梢  女子ブンデスリーガ 

[edit]

△page top

2013/14女子ブンデスリーガのみどころ 

女子ブンデスリーガ2013-14年のみどころ
※主に以下のサイトを参照しまとめました。
Frauenfußball-Bundesliga: Ausblick auf den 1. Spieltag 2013/14 - Frauenfußball in Deutschland - Framba.de

☆試合を見る方法
DFB ライブティッカー
 文字テキストで、試合の状況を見ることができます。
DFV-TV
 時折、各節のうちの1試合のみ、ライブで放送されます。
EUROSPORTS
 今季から2016年までの毎節1試合の放送権利を獲得。
TV及びネット放映情報 framba
 ドイツの女子サッカーの放映情報
各スタジアム入場料(独)
 クラブ名をクリックすると、スタジアム情報も見られます。
 ※Sitzplatz:座席 Stehplatz:立ち席 erm.割引対象者(子供、障害者など)
 

☆先シーズンの最終結果

順位チーム試合得失点ポイント
1.VfL Wolfsburg (P, CL)221771:16 +5553
2.1. FFC Turbine Potsdam22161570:16+5449
3. 1. FFC Frankfurt 22152552:26+2647
4.FC Bayern München 22141849:24+2543
5.SC Freiburg2295833:31+232
6.SGS Essen2286826:30-430
7.SC 07 Bad Neuenahr2286825:29-430
8. Bayer 04 Leverkusen2268831:40-626
9.FCR 2001 Duisburg22731237:47-1024
10.FF USV Jena22641224:47-2322
11.VfL Sindelfingen22331614:73-5912
12.FSV Gütersloh 200922211619:72-537
II南TSG 1899 Hoffenheim22182273:23+5056
II北BV Cloppenburg22173254:14+4054


☆第1節の見どころ

第1節試合予定
日付時間対戦チーム
9月7日 13:00  VfL Wolfsburg -   FC Bayern München
9月8日14:00 Bayer 04 Leverkusen - FCR 2001 Duisburg
9月8日14:00 SC Freiburg - 1. FFC Frankfurt FF USV Jena
9月8日14:00 1. FFC Turbine PotsdamFF USV Jena
9月8日14:00 SGS Essen - BV Cloppeburg
9月8日14:00  1899 Hoffenheim - VfL Sindelfingen 



女子ヨーロッパ選手権でドイツ代表が優勝、EUROSPORTが女子ブンデスリーガのライブ放送を決定と、ドイツでは女子サッカーが注目を浴びてきています。


チャンピオンのヴォルフスブルク対ミュンヘン戦は、EUROSPORTSでも放映!
昨季、ブンデスリーガ、DFBカップ戦、ヨーロッパ・チャンピオンスリーグの3つの大会でいずれも初めての優勝という快挙を成し遂げた、三冠王のヴォルフスブルクは、過去20試合負け知らずのホームでミュンヘンを迎えます。

しかし、昨季4位のミュンヘンは隠れた優勝候補。ヨーロッパ選手権で全試合に出場する活躍を見せたLeonie Mayer選手を獲得したほか、次節から使われるホームスタジアムでのメディア対応も一新するなど、準備万端。米国人選手6人とともにトップ争いに向かいます。



常に優勝候補のフランクフルトとポツダム
フランクフルトとポツダムは、ブンデスリーガ創設以来、常にトップに君臨してきました。

多くのドイツ代表選手を抱えながら、昨季三位に終わったフランクフルトは、アウェイで昨季5位のフライブルクと対戦します。実は、フランクフルトはフライブルクでの過去4試合中3試合に負けています。しかも、Colin Bell 新監督は、怪我で長期休養中の Babett Peter, Kim Kulig、Svenja Huthの3選手の他、Lise Munk選手、 Jessica Wich選手を起用から外さなければなりません。さらに、主力であるSaskia Bartusiak選手、今季から第1GKとなるDesirée Schumannも軽い負傷。開幕早々、万全とは言えない選手状況ですが、土曜日からフライブルクへ移動して準備に入り、Bell監督も「フライブルクはよく訓練され戦略に長けたいいチームだ。Melanie Leupolz、 Sara Däbritz、Juliane Maierといい選手も揃っており、油断できない。 今度こそフライブルクで勝利を!」と気合十分です。

また、昨季後半から在籍している安藤梢選手、今季加入の田中明日菜選手が、15名の各国代表選手を擁するこのチームで、どんな活躍もみせてくれるのかも、楽しみです。

1238735_578373322208559_1877576942_n.jpg 1239001_578373798875178_1776369280_n.jpg
安藤梢選手 田中明日菜選手 写真:Highlander Saxy

一方、フライブルクは「11人のヨーロッパ・マイスターを生で見よう!」のポスターを掲げ、強豪チームとの開幕戦を盛り上げています。Dietmar Sehrigぽ新監督も、「1試合1試合勝ちに行くつもりだ」と、勝つ気満々です。


もうひとつの優勝候補、ポツダムはイェナとの東ダービーです。ポツダムは、昨季の得点王大儀見優季選手が英国のチェルシーに移籍し、戦力ダウンが心配されますが、2011/12シーズンの得点王Genoveva Anonmaが残っています。また、昨季主に2軍で戦っていた永里亜沙乃選手が1軍登録になり、その活躍が期待されます。
Asano-Nagasato.jpg
写真:Jan Kuppert


昇格チームは、どこまで上がれるか?
今期の残留争いも見ものです。

昇格してきたホッフェンハイムとクロッペンブルクは決して侮ることができません。

特に、クロッペンブルクは7年ぶりに北部グループから昇格を離したクラブです。簡単にその地位を明け渡したくはないはずです。夏のあいだに、昨季の得点王争いに最後まで絡んでいたMandy Islacker選手(元Duisburg)、スウェーデン代表のSofia Jakobsson選手(元FC Chelsea,ENG)など、11選手の獲得に成功しています。日曜日のEssen戦、移籍市場閉鎖ぎりぎりに移籍が決定したJakobsson選手が間に合うかどうかは不明ですが、戦いぶりが楽しみです。

また、ホッフェンハイムは日曜日にジンデスフィンゲンを迎えます。ホッフェンハイムには、若きなでしこ戦士、岩渕真奈選手が在籍しており、その活躍が注目されます。
SetWidth245-Mana-Iwabuchi.jpg
岩渕真奈選手 写真:Hoffenheimクラブサイトより

一方、Niko Koutroubis監督率いるジンデルフィンゲンは、平均年齢18,9歳と、ブンデスリーガで最も若いチームです。経験のある選手が少なく、ブンデスリーガへの残留が最は難しいかもしれませんが、あるいは、若いが故に成功するかもしれません。


今季のブンデスリーガはおもしろい!?
デュイスブルクをホームで迎えるレーバークーゼンは、昨季後半に急に頭角を出し注目を浴びたチームです。今季どんな戦いを見せてくれるか楽しみです。

安藤梢選手の元在籍クラブであるデュイスブルクは、1月に破産申請をして以降、経営再建中です。ぎりぎりで救済されI部残留がかなったものの、安藤梢選手やMandy Islacker選手などの放出などにより、戦力が弱まっているのも事実です。経営状況も然ることながら、残留圏内に残れる戦いができるか、注目したいところです。

また、デュイスブルクII軍チームには、4月から日本人の柴田里美選手が在籍しています。すでに夏季準備期間
からI軍トレーニングに参加しており、試合でも柴田選手の出場が期待できそうです。
Satomi-Shibata-pr.jpg
柴田さとみ選手 写真:Marion Kehren

どこが優勝し、どこが降格するのか、はたまた経営危機にあるクラブが立ち直れるのか、予想がつかない今季のブンデスリーガは目が離せません!?


[第1節観戦 豆知識]
・7日土曜日13:00の開幕戦ヴォルフスブルク対ミュンヘンは、EUROSPORTSおよびDFB-TVにより、ライブ放送。

・ヴォルフスブルクは、ホームで過去20戦連勝中。

・フライブルクは、ホームで過去4試合中3試合フランクフルトに勝利している。

・ポツダムは、ブンデスリーガにてイェナに1ポイントも献上したことがない

女子ブンデスリーガの平均年齢は、21.62歳。
最も若いチーム:     ジンデルフィンゲン 18.79歳
最も人生経験が長いチーム:フランクフルト 24.29歳
ドイツ代表(ヨーロッパ選手権)平均年齢: 23.70歳

女子ブンデスリーガ・スタジアムの平均入場料(座席)は、7,50€。

• 外国人選手の獲得の際、各クラブはまとめて取る傾向あり。
 例えば、バイエルンはアメリカ人選手が6人、クロッペンブルクはポーランド人選手が4人、イェナはニュージーランド選手が3人いる。
タグ: 女子ブンデスリーガ  安藤梢  FFCフランクフルト 

[edit]

△page top

2013/14年DFB女子カップ戦 始まる 

2013/14年DFB女子カップ戦(DFBポカール)の1回戦が2013年8月31日及び9月1日に行われました。

女子ブンデスリーグの先シーズンのトップ8チームは、現チャンピオンのVfL Wolfsburgも含め、 2回戦からの参加です。例年通り、3回戦までは、アウェイチームの移動の負担を避けるため、南部・北部のグループ毎に組み合わせ抽選が行われます。

女子ブンデスリーガⅠ部からは4チーム出場していますが、いずれも順当に勝っています。Hoffenhaimでは、岩渕選手がスタメン出場しましたが、途中で退き、得点はありませんでした。

平均観客数は180人。全24試合のうち4試合は100人以下です。まだまだ、これから観客を増やす余地がありそうです。

1回戦の全結果は以下のとおりです。

北部グループ
8月31日 11:001. FC Neubrandenburg 04 – FF USV Jena 0:11 (0:6)
8月31日16:00 Holstein Kiel – Herforder SV 2:4 (0:3)
9月1日11:001. FFC Fortuna Dresden Rähnitz –BV Cloppenburg 0:4 (0:3)
9月1日14:00  FFC Oldesloe – SV Meppen 0:10 (0:6)
9月1日14:00 Hallescher FC – FSV Gütersloh 0:4 (0:2)
9月1日14:00 FC Bergedorf – SV BW Hohen Neuendorf 0:0延長0:1
9月1日14:00 SV Henstedt-Ulzburg – 1. FC Lübars 2:3 (1:2)
9月1日14:001. FFV Erfurt – Magdeburger FFC 2:3 (0:2)
9月1日14:001. FFC Recklinghausen –Werder Bremen1:14 (0:5)
9月1日14:00ATS Buntentor –FFV Leipzig1:5 (0:1)
9月1日14:00BSC Marzahn –TSG Burg Gretesch0:3 (0:1)
9月1日15:00Potsdamer Kickers 94 –FC Viktoria 89 Berlin2:5 (1:3)


南部グループ
8月31日 14:00SV Bardenbach –TSG 1899 Hoffenheim0:13 (0:5)
8月31日16:00Eintracht Frankfurt –1. FFC Niederkirchen0:4 (0:1)
8月31日 16:00GSV 1910 Moers TuS Wörrstadt1:0(1:0)
8月31日 17:00Karlsruher SC –VfL Bochum3:6 (0:2)
8月31日 17:00TV Derendingen –1. FC Köln0:4 (0:1)
8月31日 18:00FSV Viktoria Jägersburg ETSV Würzburg2:2 PK3:4
9月1日11:00FFC Wacker München – SC 07 Bad Neuenahr1:4 (0:2)
9月1日14:00Hegauer FV – SV Weinberg1:3 (0:1)
9月1日14:00Sportfreunde Siegen –SC Sand 0:9 (0:5)
9月1日14:00TSV Schott Mainz – TSV Crailsheim 2:4 (1:2)
9月1日13:00SC Fortuna Köln –VfL Sindelfingen0:0 延長0:1
9月1日15:00TuS Issel –1. FC Saarbrücken0:14(0:1)
ピンクはブンデスリーガ1部青はブンデスII部


2回戦の組み合わせ抽選は、9月8日に行われます。

今年度のドイツ女子カップの予定は以下のとおり。

1回戦:        2013年8月31日/9月1日
2回戦:        2013年9月28/29日
ベスト8決定戦:    2013年11月16/17日
準々決勝戦:    2013年12月14/15日
準決勝戦:    2014年4月12/13日
決勝戦:    2014年5月17日 ケルンKöln


ドイツ女子カップとは
DFB ドイツ女子カップ
タグ: 安藤梢  女子DFBカップ戦 

[edit]

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。