世界でたたかうKOZUE

トップ

お知らせ:

管理上のミスにより、長い間本ブログが更新できない状態出会ったことをお詫びいたします。 本日復旧いたしまいしたので、これまでにいただいたコメントなど順次アップさせていただきます。 今後とも応援の程をよろしくお願いいたします。 2016年12月30日 管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


全試合日程一覧はここをクリック

△page top




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告 | -- trackback | -- comment

△page top

田中明日菜選手がFFCへ! 

2012-13シーズン最終節で突然発表された、熊谷紗希選手、ブレティグニーBretigny選手、シュミセックSmisek 選手の3人の退団。シュミセック選手は引退表明をしましたが、熊谷選手については、昨日10日に移籍先がフランスのリヨンに決まったというニュースが流れたばかりです。

そして、折しもその翌日の6月11日、INAC神戸の田中明日菜選手のFFCフランクフルトへの移籍が発表されました。
asuna.gif


以下、FFCのWEBサイトの発表内容を、簡単にまとめます。

FFCは シュタラニー・パイルStefanie Peil、アリーナ・ガルシアメンツ Alina Garciamendez両選手に引き続き、3人目の新加入選手として日本人ヴェルト・マイスタりン田中明日菜選手(25歳、センターバック)と2015年6月末までの契約をしたことをお知らせします。

田中明日菜選手は、2012/13年冬期準備期間にテスト生としてトレーニングに参加し、その実力を発揮してくれました。田中選手が所属している日本のトップクラブINAC神戸レオネッサは、2010年にはカップ戦で優勝、2011年にはリーグ戦、カップ戦の二冠に輝いています。また、田中選手は、2012年日韓女子リーグチャンピオンシップにて国際試合で初めてのクラブ優勝を果たし、リーグ戦113試合で17得点という実績もあります。

センターバックのみならず守備的ミットフィルダーにも対応できる田中選手は、日本代表チームにも大いに寄与しています。様々なジュニア選抜に選ばれてきましたが、2005年U17(注:U16の間違い?)アジア杯でタイトルを獲得しました。1,64cmの田中選手の最も大きな業績は、2011年のW杯でのUSA戦での勝利でしょう。大阪県出身の守備専門の田中選手は、また、2012年の夏にロンドンオリンピックで銀メダルを獲得しました。これまでA代表にて23試合に出場、3得点をあげてします。

コメント
田中明日菜選手:フランクフルトに来ることができて、とても嬉しいです。冬期にテスト生としてトレーニング参加して以来、FFCへの移籍を希望していましたがようやく実現することができました。サッカーがうまくいき、そしてもちろんできればタイトルを勝ち取れるよう、サポーターの皆さんと共にクラブやチームを助けていきたいと思います。そのために、ベストを尽くしたいと思いますし、自分を信用してくださったFFCの責任者の方々に感謝の気持ちです。

FFCマネージャーSiegfried Dietrich:
明日菜の加入により、熊谷紗季選手が抜けたあとの守備の補強をようやく完成することができます。明日菜は、経験もありますし守備の能力も高く、チームの支柱となってくれることと思います。冬季のトレーニングでは、監督チームにたいへんいい印象を残してくれました。また、Colin Bell新監督も最近ではアルガルべ・カップでこの日本代表選手のプレイを見ており、守備の主体としての実力を認めています。




攻撃選手に比べ守備要員選手の少ないFFCです。田中明日菜選手の活躍と、梢選手との絡みがとても楽しみです!

頑張れ、明日菜選手!


ところで、移籍報道に関しては「メディアへの情報提供が少すぎる」との批判があります。
特に、今季のFFCは最終節当日に突然3名の放出を発表したため、多くのファンはお別れの準備ができぬままその時を迎えました。しかも長年FFCに貢献してきたシュミセック選手は最終節が引退試合でもあったため、本人にとってもファンにとっても納得のいかない幕の引き方だったようです。

熊谷紗希選手とお別れをしそこねた人も多かったことと思いますが、紗希選手のリヨンでの活躍を共に祈り、応援してまいりましょう!

頑張れ、紗希選手!
スポンサーサイト
タグ: 女子ブンデスリーガ  FFCフランクフルト 

[edit]

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。