世界でたたかうKOZUE

トップ

お知らせ:

管理上のミスにより、長い間本ブログが更新できない状態出会ったことをお詫びいたします。 本日復旧いたしまいしたので、これまでにいただいたコメントなど順次アップさせていただきます。 今後とも応援の程をよろしくお願いいたします。 2016年12月30日 管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


全試合日程一覧はここをクリック

△page top




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告 | -- trackback | -- comment

△page top

第20節 Frankfurt 2-0 wolfsburg トップチームに完封勝利! 


1.FFC Frankfurt 2-0(1-0) VfL Wolfsburg 首位チームに完封勝利、2位を保持!


フル動画 DFV-TV


ハイライト動画 DFV-TV


第20節ゴール集 DFV-TV



ヴォルフスブルクWolfsburgに前半戦で4-2で負けたフランクフルトFrankfurt。多くの人がこの日のヴォルフスブルクの優勝確定を思い描いていた第20節、フランクフルトは、ケアステン・ガーレンフレーケスKerstin Garefrekes(15分)選手とザスキア・バートゥジアックSaskia Bartusiak選手 (50分)の得点でヴォルフスブルクを2-0で下しました。

これによりヴォルフスブルクのブンデスリーガの優勝確定は、少なくとも1週間先に伸ばされました。既にDFBカップ決勝戦(5月19日対ポツダム)とCL決勝戦(5月23日対オリンピア・リヨン)への出場を決めているヴォルフスブルクは、ブンデスリーガではこれが今シーズン2度目の負けです。一方、フランクフルトはチャンピオンズリーグ出場圏獲得へ向けて、大きな3ポイントです。


[試合経過]
24度の暑さの中でポツダムと戦った水曜日と打って変わり、気温10度の曇り空の4月28日に行われた頂上対決は、DFB-TVとNDTがネット放映し、おびただしい数のカメラマンと、3240人の観客が詰めかけました。

130428-004.jpg
Wolfgang NiersbachDFBプレジデント

[写真]
DFBプレジデントのWolfgang NiersbachとSteffi Jones DFB-ディレクター

Zuschauer.jpg
アマチュアカメラマンも今日はたくさん!

 Wolfsburg.jpg
優勝確定の瞬間を一目みようと、朝5時に出発してきたヴォルフスブルク応援団

130428-001.jpg
次戦で復帰できるか?!ラウデアLauder選手

130428-003.jpg
最終戦復帰が目標というバイラマイBajramaj選手

DSC01357.jpg
ウォーミングアップも楽しそう!

DSC01362.jpg

DSC01370.jpg 
紗季選手、ステキ!

DSC01380.jpg

pohlers_11_42591_p880722.jpg
かつて4年ほどフランクフルトにてプレーしていたヴォルフスブルクのコニー・ポーラースConny Pohlers選手。今日勝てば、このピッチでの2度目の優勝祝い(1度目はフランクフルト時代)でした。

kids.jpg

 kids-2.jpg 

siaimae F

siaimae W


今日は両チームとも「勝ちたい」という強い気持ちの伝わる好ゲームでした。
ヴォルフスブルクは、最初からマルティーナ・ミュラーMartina Müller、コニー・ポーラースConny Pohlers、 アデクサンドラ・ポップAlexandra Poppの三人のフォワードを投入します。試合開始9分後には、 アナ・ブレッセAnna Blässe選手が大きなチャンス!シュートに持ち込みますが、クロスバーに当たります。


そのすぐ14分、フランクフルトが大きなチャンスを迎えます。梢選手がアナ選手との素晴らしいコンビネーションでシュートに持ち込みますが、惜しくも相手ディフェンダーに阻止されます。

kozue01-2.jpg

kozue02.jpg

kozue02_20130429174935.jpg

kozue04.jpg

kozue03.jpg

kozue05.jpg

kozue07.jpg

このシュートで得たジェニファー・マロジャンDzsenifer Marozsán選手からのコーナーキックを、ガーレンフレーケス選手がゴールし先制点をあげます (15分)。 このときのフランクフルトの喜びぶりを見ると、ヴォルフスブルクの優勝を少なくとも今日決めさせたくはない、という気持ちがいかに強かったかが伝わってきます。

130428-006.jpg
ガーレンフレーケス選手は、珍しく自分のゴールに喜びをあらわに!

130428-007.jpg
アシストをしたマロジャン選手も、嬉しさのあまり、観客席の元チームメイトSara Thunebroのところまで大疾走!



31分にコニー・ポーラース選手が放ったシュートもポストが弾きます。



130428-008.jpg

130428-010.jpg


前半も半ばを過ぎたころ、アクシデントが起こります。フランクフルトのスヴェニャ・フースSvenja Huth選手とGKのナディーネ・アンゲラーNadine Angerer選手が頭を互いにぶつけ、フース選手は顎にアンゲラー選手は後頭部に切り傷を負ってしまいます。ピッチ上でドクターに傷口を繋ぎ合わせる応急処置を受けます。

130428-012.jpg

130428-013.jpg

130428-014.jpg

10分ほどの中断の間、心配そうに見守るフランクフルトの選手たちの横で、ヴォルフスブルクの選手達もボール周しをしながら辛抱強く待ち続けます。
二人が治療を終え、ユニフォームを着替えて、ピッチ上に立ち上がったとき、会場からは大きな拍手が沸き起こりました。試合後、フランクフルトのHans-Joachim Kergerチームドクターは「スヴェニャはどうしてもプレイを続行したいという強い気持ちがあった」と説明しています。

若手ドイツ代表選手でもあるフース選手のこの強い意志が、今日のフランクフルトの試合に決め手となったかもしれません。後半に入ると、ニーダーザクセンから来たゲストチームよりも、フランクフルトは俄然より献身的に、チームがより一体となって戦いを展開します。

後半が始まって4分、マロジャン選手が40mから夢のようなループシュートを放ちます。これを、ヴォルフスブルクのGKアリーザ・フェッテラインAlisa Vetterlein選手が指先でゴール上になんとか弾きます。そして得たコーナーキックを、バートゥジアック選手がゴール!(50分)。


130428-018.jpg

1960366089-594602151_344-2W09.jpg

130428-017.jpg

130428-022.jpg

130428-024.jpg

その後も、両者、激しい攻防がつつきますが、ついに、、、、試合終了!

連戦が続く苦しい日程の中、両チームの選手とも、最後まで精一杯戦い抜きました。
ザシャ・グラスSascha Glass新監督(代行)はたった5回のトレーニングを経て、既に今日3試合目、3勝目です。

130428-025.jpg
フランクフルトの勝利を素直に祝福するRalf Kellermannヴォルフスブルク監督

DSC01432.jpg
嬉しそう!

DSC01437.jpg

DSC01428.jpg
紗季選手とガーレフレーケス選手

DSC01447.jpg
ストレッチしながらおしゃべり中の梢選手と紗季選手を不思議そうに眺めるセカンドコーチ!

DSC01444.jpg
試合後の記者会で名を挙げて褒められたkullig選手。「KOZUEはフォワードがあってるよね。いい動きしてる。」


DSC01459.jpg


DSC01472.jpg
今日もベルギーからまたもう一人

DSC01468.jpg
わざわざ日本からも、梢さんのファンの方が!偶然にも、今日のFFCマガジンの特集は梢選手!

DSC01481.jpg
とっても気さくなバイラマイ選手とラウデア選手

DSC01485.jpg
フランクフルトでお世話になっている和食「IWASE」の大将ご夫妻!

DSC01497.jpg

梢選手の乗っている車

今日は、後援会の裏話もひとつ。
浦和レッズレディースのサポーターから預かった赤い垂れ幕。
日本の方の心もひとつにおうえんしていただきたい、と思い、できる限り会場に掲げるようにしています。

今日は、しかし、この垂れ幕を結ぶ紐紛失!というハプニング。
ドイツにはコンビニもなければ、日曜日はスーパーも開いていません。
しかも、20分後には試合開始。試合を見るためにこそこここへやってきた私たちなので、試合も見たいし写真も撮りたい。
そこで、周囲を見渡し、それぞれの思いつき、いえ、知恵を集大成して、なんとか垂れ幕を掲げることができました。

DSC01343_20130429191937.jpg
そばにおちていた蔦を発見!使えるか?


DSC01346.jpg

できた!


DSC01352.jpg

下辺には枯れ枝を通して重しに。

DSC01353_20130429191932.jpg
生えてるものは、草でも使え!

DSC01354.jpg
完成!間に合ったーーー!!

あと2試合、後援会も全力で応援します!!!!


[コメント]
ナディーン・アンゲラーNadein Angerer (フランクフルトGK):「チームの雰囲気はとてもいい。CL出場圏は獲得できると思う」「怪我はもちろんひどく痛かったけど、サッカーではよくあることだし、怪我ももう大丈夫」
(Glass siegt weiter: FFC bezwingt auch die "Wölfe" | hr-online.de http://p.tl/Rl0h)

ガーレンフレーケス選手(フランクフルト):「勝ててとても嬉しい。今季の目標であるCL出場圏の2位を達成できるよう、残りの試合を頑張りたい」「今のフランクフルトの成功は、Philipp Dahm前監督と切り離して考えることできない。冬期休みの間に十分な準備をして基礎固めが出来ていたからこそ、今の成功があると思っている」(Glass siegt weiter: FFC bezwingt auch die "Wölfe" | hr-online.de http://p.tl/Ti0R )

Siggi Dietrichフランクフルト・マネージャー:このCL出場圏の地位にしっかり足をつけなければ。私はチームにも、CL.出場権をもう誰にも譲るなと言い聞かせた」「この非常に難しい状況の数週間の中で、選手たちはプレイの上でも、戦いぶりでもそして精神力の面でも非常に強さを見せてくれた。彼女らを心から誇りに思う」

ナディーン・ケスラーNadine Keßler:選手(ヴォルフスブルク):「もちろん、今日優勝が決められなくてすごく残念。全員が今日は必死に戦った。いくつかあったシュートチャンスを決めていれば勝てた試合だった。相手チームの2度のセットプレイで1試合棒に振ったことが悔しい」

コニー・ポーラース選手(ヴォルフスブルク):「残念だが、優勝の可能性は十分にある。顔をあげて、優勝目指して続けて戦うのみ」


試合後の記者会見の模様


ザシャ・グラスSascha Glass新監督(代行)
「素早く、きれいに、そしてクリエイティブに前線でプレイすることも重視したが、後ろでボールをキープすることにも力をいれた。球際での戦い方が今日は非常に良かったし、みんなが限界まで戦った。SakiとSaskiaはほとんど敵を防いだ。特に、スヴェニャ・フース、ケアスティン・ガーレフレーケス、キム・クーリヒの3選手をたたえたい。」
「ヴォルフスブルクのシュートがポストに当たるなど、前半は運の良さもあったが、チームは誰ひとりここでヴォルフスブルクに優勝祝いをさせたいと思っていなかったし、その強い気持ちが現れた試合だった」

ラルフ・ケラーマンRalf Kellermannヴォルフスブルク監督:
「もちろんこの結果には納得している。試合の最初は私帯の方が優位に攻めていた。セットプレイの対策もしていたつもりだが、ベーリンガーやマロジャンのような上手なコーナーキックには、為すすべがなかった。それには私たちの実力が足りなかった。フランクフルトの手柄だ。」


[フィナーレへ向けて]
こうして2-0で終了した第20節、フランクフルトは2位を保持しブンデスリーガ残り2試合を残してヴォルフスブルクに3ポイント差まで迫ります。(ただし、ヴォルフスブルクは残り3試合)。3試合を残した3位のポツダムとは4ポイント差。CL出場圏の2位確保のためには、お互い最後まで気が許せません。
順位表の1位から8位までには変動がありませんでしたが、イェナJenaとデュイスブルク Duisburgが入れ替わり、それぞれ9位と10位になりました。ジンデスフィンゲンSindelfingenは3試合を残して10位のデュイスブルクと9ポイント差(得失点差は40点差)、ギュータースローGüterslohとともに降格が確定するのは時間の問題だと思われます。


ブンデスリーガの終盤戦、まだまだ目が離せません。


がんばれ梢選手!
頑張れ、紗季選手!
頑張れ、FFC Frankfurt!!!


[選手]
1. FFC Frankfurt
Nadine Angerer (1)
Saskia Bartusiak (25)
Saki Kumagai (4)
Babett Peter (22)
Svenja Huth (15)
Kerstin Garefrekes (18)
Melanie Behringer (7)
Kim Kulig (8)
Dszenifer Marozsán (10)  (→86分 Jessica Wich)
Kozue Andō (14)  (→90分+1 Butt)
Ana-Maria Crnogorčević (21)  (→83分 Bianca Schmidt)


VfL Wolfsburg
Alisa Vetterlein (1)
Luisa Wensing (2)
Josephine Henning (27)
Verena Faißt (22)
Anna Blässe (9)  70. Magull)
Nadine Keßler (13)Viola Odebrecht (7)  (60. Ivonne Hartmann)Lena Goeßling (28)
Viola Odebrecht (7)  (60. Ivonne Hartmann)
Lena Goeßling (28)Conny Pohlers (26)
Martina Müller (25)  (77. Selina Wagner)
Alexandra Popp (11)

[観客]
3240

[得点]
1:0 Garefrekes (15.)
2:0  Bartusiak (50.)

[主審]
Christina Biehl (Schwollen)
スポンサーサイト
タグ: 安藤梢 

[edit]

△page top

第20節の見どころ 

女子ブンデスリーガ2012-13年第20節のみどころ

※主に以下のサイトを参照しまとめました。
Frauenfußball-Bundesliga: Ausblick auf den 20. Spieltag 2012/13 - Frauenfußball in Deutschland - Framba.de http://p.tl/mds4
DFB - Deutscher Fußball-Bund e.V. -  News-Meldung http://p.tl/cjNT

☆今週の戦況

第19節の結果は以下のとおりでした。 
日付時間対戦チーム得点観客
4月21日 11:00 1. FFC Frankfurt FCR 2001 Duisburg 5:2(2:0)2.030
4月21日14:00FC Bayern München - VfL Sindelfingen 2:0(1:0)340
4月21日14:00FF USV Jena - FSV Gütersloh 20093:0(0:0)402
4月21日14:00SC 07 Bad Neuenahr - FC Freiburg4:0(2:0)253
4月21日14:00SGS Essenn -1. FFC Turbine Potsdam  1:0(0:0)1.332
5月01日14:00 Bayer 04 Leverkusen  - VfL Wolfsburg 

この19節でもサプライズがありました。暫定2位にいたポツダムPotsdamが暫定9位のエッセンEssenにまさかの負けを喫し、フランクフルトとの2位争いへの緊張感が高まります。

また、4月24日水曜日には、悪天候などで延期になっていた3試合が行われました。
日付時間対戦チーム得点観客
4月24日15:0012VfL Sindelfingen - FSV Gütersloh 20092:1 (2:1) 95
4月24日17:45131. FFC Frankfurt  - Turbine Potsdam 1:0 (1:0)3.180
4月24日18:0014 FCR 2001 Duisburg - VfL Wolfsburg0:1 (0:0)571

ギュータースローGüterslohは16敗目で降格決定。
 フランクフルトは2位を維持。ヴォルフルブルクWolfsburgは引き続きトップで、2位のフランクフルトと6ポイント差。

19節および振替試合を終わっての暫定順位表はこのとおりです。
順位チーム試合得失点ポイント
1.VfL Wolfsburg 181563:11 +5247
2.1. FFC Frankfurt 19132448:24+2441
3. 1. FFC Turbine Potsdam18121557:16+4137
4.FC Bayern München (P)17110738:18+2033
5. SC Freiburg1984730:26+428
6.SC 07 Bad Neuenahr1866621:23-224
7.SGS Essen1865720:25-523
8. Bayer 04 Leverkusen1857625:31-622
9.FCR 2001 Duisburg19621131:41-1020
10.FF USV Jena1854916:36-2019
11.VfL Sindelfingen (N) 18321310:61-5111
12.FSV Gütersloh 2009 (N) 19211618:65-47 7


☆第20節の見どころ

第20節試合予定
日付時間対戦チーム得点観客
4月28日 11:00 1. FFC Frankfurt - VfL Wolfsburg 
4月28日11:001. FFC Turbine Potsdam - Bayer 04 Leverkusen
4月28日11:00VfL Sindelfingen - FF USV Jena
4月28日14:00FCR 2001 Duisburg - SC 07 Bad Neuenahr
4月28日14:00FSV Gütersloh 2009 - SGS Essen
4月28日14:00 SC Freiburg -  FC Bayern München



FFCフランクフルトは、トップのヴォルフスブルクとの対決
Sascha Glass監督(代行)率いるフランクフルトは、ついに1位に君臨するヴォルフスブルクと直接対決します。

前週にポツダムがエッセン、フランクフルトに2連敗したため、ヴォルフスブルクの優勝可能性が非常に高くなりました。 この試合にフランクフルトが負けると、ヴォルフスブルクの優勝が確定します。その瞬間に立ち会おうと、ヴォルフスブルクのファンは急遽ファンバスを仕立てて応援に向かう予定です。

シーズン前半のアウェイ戦では、4-2で負けています。かつて4年ほどフランクフルトにてプレーしていたヴォルフスブルクのコニー・ポーラースConny Pohlers選手は、「フランクフルトでいい時間を過ごしたので、この試合の巡り合わせに言い知れないほど興奮している」と述べています。また、その一方で「でも、勝つためには、チームの調子をあげていかないといけない。先日のヂュイスブルク戦のような戦い方では、勝てない」と自戒しています。

28日11時キックオフのこの試合は、DFB-TV(コメンテーター:Christian Sprenger)と
NDTインターネットストリーム(コメンテーター:Carsten Flügel)でライブで中継されます。


ヴォルフスブルクの優勝はカウントダウン?!
首位のヴォルフスブルクだけでなく、フランクフルトとポツダムにもまだ優勝の可能性が残されてます。DFBのマイスターシャーレ(優勝杯)は、どのチームががいつ優勝を決めるかにかかわらず、最終節で授与されることになっています。

最終節前にヴォルフスブルクVfLの優勝が決まるのは、以下の場合です。
-VfLが4月28日にフランクフルトの直接対決で勝った場合
-VfLがフランクフルトに負けず、5月1日のレーバークーゼン戦に引き分け以上だった場合
-VfLがフランクルフトに負けた場合、5月1日のレーバークーゼン戦に引き分け以上で5日にポツダムに勝った場合
-VfLがフランクフルト及びレーバークーゼンに負けた場合、5月5日にポツダムに引き分け以上でフランクフルトがバードノイエンアールに負けた場合

上記以外の場合は、勝負は最終節に持ち込まれます。上位3チームの残りの試合は以下のとおり:

VfL Wolfsburg (1位, 18試合, 47ポイント, 得失点63:11 )

4月28日, 11時: 1. FFC Frankfurt (A)
5月1日, 14時: Bayer 04 Leverkusen (A)
5月5日, 14時: 1. FFC Turbine Potsdam (A)
5月12日 14時: SC 07 Bad Neuenahr (H)

1. FFC Frankfurt (2位., 19試合, 41ポイント,得失点48:24)

4月28日, 11時: VfL Wolfsburg (H)
5月5日, 14時: SC 07 Bad Neuenahr (A)
5月12日, 14時: FC Bayern München (H)

1. FFC Turbine Potsdam (3位, 18試合, 37ポイント, 得失点57:16)

4月28日, 11時: Bayer 04 Leverkusen (H)
5月1日, 14時: VfL Sindelfingen (H)
5月5日, 14 Uhr: VfL Wolfsburg (H)
5月12日, 14時: FSV Gütersloh 2009 (A)


ポツダムはレーバークーゼン戦での勝利が必須
ポツダムファンは、この日曜日にヴォルフスブルクの勝利を祈っていることでしょう。というのは、この水曜日にフランクフルトに負けたものの、ポツダムにはまだチャンピオンズリーグCL出場圏である2位に届く可能性があるからです。現2位のフランクフルトがヴォルフスブルクに勝つと、来年のCL出場は現実的には難しくなります。もちろん、この日にポツダム自身がレーバークーゼンに勝つことが大前提ですが、今のチーム状況ではそれも簡単ではなさそうです。

ミュンヘンは密かに狙う?
まだ、理論的にはミュンヘンにもCL出場圏獲得の可能性があります。そのためには、ミュンヘンが全勝し、フランクフルトとポツダムが負け続ける必要があります。

残留争いの終幕間近
FSVギュータースローGütersloh 2009は、24日水曜日の試合で降格が決まりました。
そして、残留争いの渦中にある11位のVfLジンデルフィンゲン Sindelfingenと10位のFF USVイェナ Jenaが直接対決します。VfLジンデルフィンゲンが負けた場合は、降格が決定します。


[第20観戦 豆知識]
・ヴォルフスブルクは、フランクフルトに勝てば、優勝が確定。

・第20節に誕生日を迎える選手:Katja Schroffenegger(イェナ、22歳), Madeline Gier(エッセン、17歳)

・フランクフルトは、過去3試合のヴォルフスブルク戦で2回負けている。ただし、これまでのホームの戦績は13試合、11勝2敗、得失点52-8、と圧倒的にフランクフルトに有利

・フランクフルトは、ホームで12連勝中

・ジンデルフィンゲンは、残留のチャンスを得るためには、ホームでイェナにかつ必要がある

・ギュータースローは降格が確定。リーグ開設以来の通算順位表でも最下位。

・ヴォルフスブルクは今シーズン得たイエローカードが10枚にとどまっている。これは、リーグの優等生である。

タグ: 見どころ 

[edit]

△page top

第15節 Frankfurt1-0Potsdam。FFC2位を死守! 

 1.FFC Frankfurt1-0(1-0)Turbine Potsdam 2位を死守してCLへ近づく!

フル動画 DFB-TV

ハイライト動画



晴れやかな空が広がる4月24日、気温もちょうど24度まであがり、急に夏がやってきたかのようです。
この日フランクフルトホームで行われたポツダム戦は、3月17日に予定されていた第15節の振替試合。CL出場圏の2位の座を奪い合う大切な試合とあって、観客数は3000人を超えました。ポツダムから駆けつけた応援団には、FFCフランクフルトから40枚の入場券がプレゼントされました。

観客

ポツダムファン
ポツダムからの応援団 (DFBーTVより)


9月30日に行われたシーズン前半の対戦では、FFCが2-1(0-0)で勝利しています。しかし、試合終了間際にポツダムの選手同士がぶつかり合って頭部から流血する大怪我を負うアクシデントがあったり、FFCのBajramai選手が元チームメイトに激しいファウルを受けて膝を負傷したり(そして、最近ようやくトレーニングに復帰したばかり)、激しい試合だったことが思い出されます。

IMG_20120930_00022.jpg
9月のポツダム戦で負傷したBajramaj選手

20130423_Babett_Peter.jpg
先シーズンまでの”古巣”のポツダムと2度目の対戦のBabett Peter選手 (FFC Frankfurt)

今日の試合は「怪我なくフェアプレイで」との願いから、友好の印に入場券がプレゼントされたのでしょう。


Duisburg戦でのFFCの戦いぶりに「前半や後半の立ち上がりなど、いくつか修正すべき点もあったが、たった2回のトレーニングで、選手たちはピッチ上での新しい戦術にうまく適応してくれた」とおおかた満足を示していたSascha Glass監督は、ポツダム戦について次のように語っていました。

「監督として成功してきたBernd Schröderは、今シーズンリーグでベスト2の攻撃とベスト2の守備を有している。ということは、90分を通して速いテンポで、どんな場面でも踏ん張り、ポツダムに何度もプレッシャーをかけなければならない。
重要なのは、Yuki Ogimi と Genoveva Anonmaの二人のデュオへの対応だ。このふたりは、チームの残りの選手と同様に強いフィジカルを持ち合わせていて、常に目立っている。Essenに負けたあとなので、ポツダムは私たちに対して全てを投げ出してくるだろう。私たちも同じだ。勝つためににできるだけのことをやる。」

Sascha Glass監督はFFCのBジュニアの監督でもあります。そのB-ジュニア(U17)は先週末にBジュニアブンデスリーガ南部地区で優勝し、ドイツ全国大会の準決勝戦に進出する、という成功を収めています。

20130425_Ehrung_U17_02.jpg
試合前に祝福を受けるU17


DSCF0866.jpg
ウォーミングアップ中

DSCF0867.jpg
シュート!練習


今日のFFCは、日曜日のDuisburg戦と同じ4-4-2のシステム、同じスタメンでスタートです。
DSCF0868.jpg
選手紹介の「ANDO!」の掛け声が、今までより大きい!

DSCF0869.jpg


今日のドイツ女子サッカーのトップ対決は、序盤から様子見する間もなくパワー全開の非常に激しいものとなりました。FFCフランクフルトは、休むことなく攻めつづけ、ポツダムはこれに即座に答えカウンター攻撃にでます。

開始後2分、Dzsenifer Marozsán 選手のヒールを使った見事なトリックプレーから梢選手が16mからのシュートを放ちますが、アメリカ人GK Alyssa Naeher選手に捉えられます。

このあと、すぐにKerstin Garefrekes選手がセンセーショナルなループシュートを打ちますが、Naeher選手のこれまた見事なスーパーセーブで、コーナーに跳ね返されます(9分)。

キーパーにとってのもっと難しかったのは、13分のチームメイト,Kerze‘(ノルウェー人のMaren Mjelde選手)の自ゴールへのミスキックかもしれません。しかし、Naeher選手はこれも最後の瞬間に拳で弾きます。

ポツダムの初めてのチャンスは、Genoveva Anonma選手の16メートルからのスマートなシュートでしたが、 僅かにゴールをそれます(19分)。その60秒後には、8メートルからのもっと大きなチャンスをつかみ、冷っとさせられますが、これも外れます。

1-0になったのは、22分。 右のゴールライン際での球際の争いでボールをとったDzsenifer Marozsán選手が、センタリングをあげ、中央から走り込んできたMelanie Behringer選手がゴールをめがけて蹴ります。一度目ははじかれますが、めげずに14mから再び蹴ったボールがゴールに転がり込みます。


その後、35分には17mからのフリーキックをGenoveva Anonma選手が外し、ブンデスリーガのベストアタッカーである大儀見優季選手が放ったボールはポストを直撃します。 わずか3分後に放ったKim Kulig選手の20 mからのシュートは、ゴールの上を行き、25mから試したMelanie Behringer選手のキックは枠内に飛びますが、Naeher選手が好セーブ。

監督

DSCF0873.jpg

130424-009.jpg 

130424-011.jpg 

130424-012.jpg 

DSCF0874.jpg

DSCF0875.jpg

DSCF0876.jpg


試合後半、ポツダムはいくらか攻撃的になります。
しかし、最初のチャンスはマイン川の3度のUEFA-Cup勝者にやってきます。後半から交代したAna-Maria Crnogorcevic選手の素晴らしいパスを、梢選手が頭で捉えますが、惜しくもクロスバーの上 (51分)。

その後も、ゴールに入ったかに見えたボールを最後の瞬間にはじき出すNaeher選手のスーパーセーブに 、ポツダムは救われます(56分)。

試合開始後1時間経って、トュビーネのGKが初めてボールをとり損ねますが、慌てたKerstin Garefrekes選手も5mからのシュートを外してしまいます。


ポツダムのBernd Schröder監督は、ノルウェー人のAda Hegerberg選手を投入し攻撃を強化します。が、70分に100%同点に持ち込まれるかと思われた最大のチャンスを逃します。対照的に、安定のNaeher選手はKim Kulig選手のヘッドシュートを抑えます。

DSCF0886.jpg

DSCF0089.jpg

DSCF0892.jpg

Ando-Singer-130424-kl.jpg

 130424-008.jpg

 130424-015.jpg 

130424-017.jpg 

130424-029.jpg 

こうして続いた激しい試合、終わってみれば、1-0でFFCの嬉しい勝利となりました。

DSCF0898.jpg

DSCF0897.jpg

DSCF0899.jpg

DSCF0900.jpg

DSCF0902.jpg

DSCF0905.jpg
紗季選手は、DFB-TVで「前節よりずっといいプレイが見られます!」とほめられていました

DSCF0907.jpg
試合直後、厳しい表情だった大儀見"優季"選手

DSCF0910.jpg
試合が終われば仲良しの三人

DSCF0912.jpg

試合後のコメントです。
Sascha Glass(FFC 監督):
我々は、Duisburg戦では60分しか戦っていなかった。今日は、90分間100%の力を出さなければ勝てないことないことをわかっていたし、今日はそれを実現できた。根性を見せることができた。

Bernd Schröder(Potsdam監督)
今日は互角な戦いだったように思う。泣いて帰途につくことはない。ただ、今日の負けよりも辛かったのはエッセンEssenでの敗北だ。エッセンやミュンヘンに勝てない状況のチームは、チャンピオンズリーグには属せない。


今日の観客席には、ドイツ代表のSilvia Neid監督の他、FFCのレジェンド Birgit Prinz元FFC選手、Thomas Obliersレーバークーゼン監督(DEB-TVの解説者として登場)、そして Achim Feifel元ロシヤンカ監督の姿がありました。

シルビアナイト
ドイツ代表のシルビア・ナイト監督

プリンツ
元FFC選手のプリンツ

leverkusen監督
次節で戦うポツダムを視察に来たレーバークーゼンのトーマス・オオブリエアス監督

Achim Feifel元Rossiyanka監督は最近契約を急遽解除され、ただ今フリー。国際経験のある監督を募集中のFFCが獲得するのではないかと注目の人物です。Feifel氏は、かつてKulig、 Crnogorcevic、Wich各選手も在籍し、経済的理由で女子サッカーを撤退したHSVハンブルクの元監督でもあります。このFeifel氏か、はたまた今期でFreiburgとの契約が切れるMilorad Pilipovic監督か、または全く別の監督がFFCにやってくるのか、気になるところです。
AchimFeifel氏はどこへ?FFC? 


試合後、きょうもまた、たくさんの方が梢選手と紗季選手のもとに集まります。
DSCF0918.jpg

DSCF0925.jpg

DSCF0926.jpg

今日も乾選手の姿が見られました。
DSCF0908.jpg

DSCF0920.jpg



試合後に、梢選手に話しかけるNadine Angerer選手やKerstin Garefrekes選手の姿がありました。
「KOZUE、スーパーだよ!よく走った!」
「KOZUEはたくさん走ったよね。すごくよかったよ。くたくたでしょう?」

ゴールという形にはならなかったにもかかわらず、梢選手がきちんと仕事をしているところを認識して、それをきちんと本人にフィードバックし称えるところが、さすがプロ選手だと感じます。

今日も観客席のドイツ人の中から
「ANDOもウェルトマイスタリンだよ」「パスがうまいよね」「よく動いてて、いい感じだ」
と褒め言葉が聞こえてきました。

試合中に「ANDO」コールがかかったことからも、だんだんFFCファンにも「ANDO」が受け入れられてきていることが伺えて、嬉しいばかりです。

DSCF0927.jpg
試合後に取材を受ける紗季選手


今日行われたすべての試合の結果は以下のとおりです。
VfL Sindelfingen - FSV Gütersloh 2009 2:1 (2:1)
得点: 1:0 Anna-Lena Vollmer (8.), 1:1 Marion Gröbner (24.), 2:1 Tessa Rinkes (44., Eigentor)
観客: 95
ポイント: Güterslohは15敗目で、降格決定。

1. FFC Frankfurt - Turbine Potsdam 1:0 (1:0)
得点: 1:0 Melanie Behringer (21.)
観客: 3.180
ポイント: 1. FFC Frankfurtは2位を確保。

FCR 2001 Duisburg - VfL Wolfsburg 0:1 (0:0)
得点: 0:1 Conny Pohlers (58分)
観客r: 571
ポイント: Wolfsburgは引き続きトップで、2位のFrankfurtと6ポイント差

これにより、FFCは2位を確保、トップのヴォルフスブルクとの差は6ポイント、3位のポツダムとの差は4ポイントです(両チームともFFCより1試合消化試合数が少ない)。CL出場件獲得のために、一歩も譲れない戦いが続きます。次の28日日曜日はヴォルフスブルクとの直接対決。DFB-tvでも放送予定です。

頑張れ梢選手!
頑張れ紗季選手!
頑張れFFCフランクフルト!


[選手]
1. FFC Frankfurt
Nadine Angerer (1)
Saskia Bartusiak (25)
Saki Kumagai (4)
Babett Peter (22)
Svenja Huth (15)
Dszenifer Marozsán (10)  (→76分 Jessica Wich)
Melanie Behringer (7) (→90分+3 Bianca Schmidt)
Kim Kulig (8)
Kerstin Garefrekes (18)
Kozue Andō (14) 
Tameka Butt (13)  (→46分 Crnorgorcevic)

Frankfurtベンチ
Schumann, Desiree (26)
Lise Overgaard Munk (32)
Sandra Smisek (28)
Ana-Maria Crnogorčević (21)
Jessica Wich (17)
Bianka Schmidt (23)
Meike Weber (12)

Turbine Potsdam
Alyssa Naeher (1)
Maren Mjelde (5)
Stefanie Draws (22)
Alex Singer (18)
Patricia Hanebeck (10)
Antonia Göransson (19) (→46分 Evans)
Pauline Bremer (31)
Tabea Kemme (21) (→80分 Demann)
Jennifer Cramer (11)  (→69分 Ada Hegerberg)
Yūki Ōgimi (17)
Genoveva Añonma (30)

ポツダムベンチ
Ann-kathrin Berger (32)
Kristin Dmenn (2)
Doorsoun-Khajeh, S (7)
Hegerberg, A. (8)
Hegerberg, A. (9)
Stefanie Mirlach (20)
Lisa Chtherine Evans (25)


[得点]
1:0 Behringer (21分)

[観客]
3180

[審判]
Marija Kurtes (Düsseldorf)

[警告]
Cramer (62分)
Hanebeck (77分)

テーマ: サッカー  ジャンル: スポーツ

タグ: 女子ブンデスリーガ  安藤梢 

[edit]

△page top

第19節 Frankfurt 5-2 Duisburg 

 1.FFC Frankfurt 5-2(2-0) FCR2001 Duisburg 

DFB-TV 第19節ゴール集


先週あたりから急に春めいてきたドイツの午後、FFC FrankfurtはSascha Glass新監督との2回のトレーニングを経て、第19節に臨みました。
002.jpg
Sascha Glass新監督

対する相手は、FCR デュイスブルク。9月第3節までFFC フランクフルトの指揮をとっていたSven Kahlert 元FFC 監督率いるチームです。Kahlert監督は、FCR の降格の危機をスポーツ面で救うために3月に就任したばかり。また、FCR は、梢選手が3年間在籍したチームで、梢選手と元チームメイトとの対決でもあります。

昨年まで前日入りしていたFCRですが、試合の日の朝早く出発し、なんとFCRファンクラブの仕立てた2階建てバスでファンとともにフランクフト入りしたとか。試合だけでなく、経費削減にも気合が入っている様子。

そうして迎えた試合、Sascha Glass新監督はシステムを4-4-2に変え、以下の布陣で臨みました。
Angerer
Huth-Bartusiak-Kumagai-Peter
Garefrekes-Behringer-Kim-Butt
Andō-Marozsan

梢選手はFFCでは初めてのフォワードでの起用です!!!足を故障しているBrétigny選手と、長期欠場中のLauder、Bejramai両選手はベンチ外です。

20130421-10-27-13small.jpg 
今日のFFCのパンフレットの表紙は、奇遇にも(?)梢選手とFCRで大の仲良しの"オスティ"選手

一方のFCRデュスブルクはGKのChristina Bellinghoven選手と守備の要Laura Neboli選手が怪我で欠場。

暖かな日差しに誘われてか、家族連れも多く、今日の観客数は久しぶりに2000人を超える大賑わいです。

DSC01092small.jpg
FCR の「デュイスブルク!」の掛け声の横で、「フランクフルト!!」と叫びながら応援する子供達

DSC01094small.jpg
ピクニック&昼寝タイム?!


こののどかな光景とは裏腹に、FFCの応援団は試合序盤から危機感に襲われます。
というのも、試合開始直後の一分、FCRのMandy Islacker選手があっというまに一人でゴール前にボールを運んでしまったのです。「ああ、入れられた!」と思った瞬間、ボールは運良くポストに弾かれます。

009.jpg
日曜日の試合で太ももを傷めながらも出場したMandy Islacker選手


これで目を覚ましたのか、FFCフランクフルトはすぐさま反撃にでます。6分、そして7分に元FCR選手である梢選手が立て続けにゴール前に迫り、GKと1対1の場面を作り出しますが、Meike Kämper選手がボールを弾きます。
017.jpg
日曜日のカムバック戦で怪我をしたChristina Bellinghoven選手に代わって出場したMeike Kämper選手


そして、その1分後、 Behringer選手が出したコーナーキックをBartusiak選手がヘッドでシュートし先制点!
010.jpg


その直後、Jennifer Oster選手からの素晴らしいパスを受けたMandy Islacker選手がソロで飛び出しますが、ドイツ代表GKの前で外してしまいます。

この攻撃に、再びFFCが目覚めます。27分、Garenfrekes選手があげたクロスをButt選手が決めて2-0。
008.jpg

DSC01088small.jpg
梢選手、激しく動き回ります。

DSC01066small_20130422143758.jpg

DSC01065small_20130422143759.jpg


35分、Islacker選手がネットを揺らしますが、ギリギリでオフサイド。
前半はこのまま終了します。


後半が始まって5分後、FCRはGülhiye CengizのあげたコーナーキックをBarbara Müller選手が10mから見ごたえのあるボレーシュートを決めて、2-1に持ち込みます。このあと、Butt選手は Crnogorcevic選手に交代します。

DSC01111small.jpg

DSC01105small.jpg

決して下を向かずに戦い続けるFCRに、FCR応援団が「せめて同点に!」と願い始めたであろう62分、梢選手が単独でゴール前にドリブルで走り込んできたところを、GKのKämper選手がキックで妨害しイエローカード。このファウルで得たPKをMarozsan選手がきっちりと決めて3-1。

DSC01115small.jpg
倒れこむ梢選手と心配そうに見守るチームメイトたち

DSC01116small.jpg
治療のあとピッチに復帰して、一同安堵

ここから得点ラッシュが始まります。
67分:Marozsan選手のセンタリングを、交代で入ったCrnogorcevic選手が決めて 4-1。
69分:紗季選手のハンドプレイ(イエローカード)で得た20Mからのフリーキックを ‚Baba‘ Müller選手が収めて4-2。
70分:その返事に、Marozsan選手のパーフェクトなパスから、梢選手が反転シュートを決め5-2。

020.jpg
2得点を決めたFCRのMüller選手


78分には紗季選手がMeike Weber選手と、83分には梢選手がWich選手と交代し、そのまま、Sascha Glass新監督率いる新FFCは、見事な勝利を収めました。

023.jpg
勝利を祝う梢選手



試合終了後、いつものようにたくさんのファンがサインをもらいに並んでいました。
DSC01294small.jpg


大活躍で、ご機嫌
の梢選手!
DSC01297small.jpg

試合後、ほっとする新監督!
DSC01305small.jpg


怪我・手術のリハビリを経て、最近トレーニングに参加しだしたLauder選手とBajramai選手。試合前にも二人で仲良くトレーニングに励んでいました。
DSC01264small.jpg

紗季選手に子供?!
DSC01331.jpg
慣れた手つき!!
DSC01336small.jpg

熊谷紗希選手と仲良しの乾選手のお子さんでした!乾選手も今日は家族で観戦に。
DSC01318small.jpg

子供サッカーの練習にも顔を出しているという紗季選手と乾選手のユニフォームを来た親子を発見!!かわいい!
DSC01315.jpg


「こずこずにも挨拶してかえらなーー」と梢選手の登場を待って、声をかける乾選手。後ろの日本人に「後ろ並んでますから手短に~!!!」と突っ込まれ、現地で愛されている様子が伺えます。
DSC01319small.jpg


FCR の頃のスポンサー関係の方もわざわざベルギーから応援に来てくれていました。
DSC01325small.jpg

FFC会報の表紙を飾った二人、梢選手とOster選手のツーショット。
DSC01338small.jpg

梢選手とIslacker選手。
 梢選手:「ゴール決めたあと、ガッツポーズしてしまってごめん!!!」
 Islacker選手:「梢ーーー!!!!」
DSC01339small.jpg
 通常、移籍元のチームと対戦したときはガッツポーズを控えこっそり喜ぶという慣習があるらしいですが、思わずゴール後にガッツポーズをしてしまった梢選手。新監督、新体制のもと、なんとか実力をアピールしたいという、強い気持ちの表れだったのでしょうか?!


今日の試合、梢選手の得点もFFCの勝利も嬉しかったのですが、それ以上に喜ばしかったのは、梢選手の怪我が大事に至らなかったことと、梢選手に対する周囲の評価がとても高かったことです。

乾選手:「こずこず、キレキレやったなー。今日のポジションの方がこずこずのの良さが生きてるよなー」
Garenfrekes選手:「KOZUEはフォワードの選手なのね!!ものすごくよかったよ!」
FFCファン:「今日のベストプレーヤーはKOZUEだ!」
FFCファン:「ものすごいスピードで上がったり下がったり、本当に良く働いた!技術もあるし、KOZUEはほんとうにいい選手だ!」
アフリカからのサッカー交流団:「KOZUEは、ベストプレーヤー!私たちのスター!」
そして、監督団も梢選手に対して満面の笑顔と固い握手。


連戦と監督交代劇で心身の疲労がたまりつつある中、梢選手も紗季選手もそして他のチームメイトたちもいい試合を見せてくれました。

この19節、順位表トップのWolfsburgはチャンピオンズリーグ準決勝戦のため試合がありませんでしたが、ポツダムがエッセンにまさかの(しかし統計上からは十分可能な)敗北を喫し、暫定2位に転落。FFCには、自力でのCL出場権獲得の可能性が出てきました。水曜日には早速そのポツダム直接対決です。DFBーTVでの放送も予定されています。このままの勢いで、勝ち進めーーー!

頑張れ梢選手!
頑張れ紗季選手!
頑張れFFCフランクフルト!

[選手]
1. FFC Frankfurt
Nadine Angerer (1)
Saskia Bartusiak (25)
Saki Kumagai (4) (→78分 Meike Weber)
Babett Peter (22)
Svenja Huth (15)
Dszenifer Marozsán (10)
Melanie Behringer (7)
Kim Kulig (8)
Kerstin Garefrekes (18)
Kozue Andō (14) (→73分 Jessica Wich)
Tameka Butt (13) (→55分 Ana-Maria Crnogorčević)

ベンチ
Schumann, Desiree (26)
Lise Overgaard Munk (32)
Sandra Smisek (28)
Ana-Maria Crnogorčević (21)
Jessica Wich (17)
Bianka Schmidt (23)
Meike Weber (12)

FCR 2001 Duisburg
Meike Kämper (12)
Marina Himmighofen (21)
Dolores Silva (14)
Daria Streng (22) (→ Alice Hellfeier)
Jennifer Oster (6)
Gülhiye Cengiz (8)
Barbara Müller (3)
Stefanie Weichelt (19)
Jackie Groenen (7)
Mandy Islacker (11) (→46分 Vanessa Wahlen)
Lieke Martens (23)

Duisburgベンチ
Nina Windmüller (4)
Alice Hellfeier (5)
Vanessa Wahlen (7)
Gurbet Kalkan (18)
Julia Debitzki (20)
Chiara Kirstein (24)

[得点]
1:0 Bartusiak (8分)
2:0 Butt (27分)
2:1 Barbara Müller (50分)
3:1 Marozsan (62分 PK)
4:1 Crnogorcevic (67分)
4:2 Barbara Müller (69分)
5:2 Ando (70分)

[観客]
2030

[審判]
Angelika Söder (Schwarzenbruck)

[警告]
Kumagai (68分 イエロー)
Kämper (62分 イエロー) タグ: 女子ブンデスリーガ  安藤梢 

[edit]

△page top

第19節の見どころ 

女子ブンデスリーガ2012-13年第19節のみどころ

※主に以下のサイトを参照しまとめました。
Frauenfußball-Bundesliga: Ausblick auf den 19. Spieltag 2012/13 - Frauenfußball in Deutschland - Framba.de

☆今週の戦況

第18節の結果は以下のとおりでした。 
日付時間対戦チーム得点観客
4月13日14:00 Bayer 04 Leverkusen - SGS Essen0:0(0:0) 208
4月14日11:00SC Freiburg - 1. FFC Frankfurt 3:1 (2:0) 850
4月14日14:001. FFC Turbine Potsdam - FF USV Jena6:0 (3:0)2200
4月14日14:00FSV Gütersloh 2009 - FC Bayern München0:2 (0:0)1243
4月14日14:00VfL Sindelfingen - SC 07 Bad Neuenahr3:1(2:0)125
4月24日14:00 FCR 2001 Duisburg - VfL Wolfsburg

この18節はサプライズの連続でした。まず、暫定2位だったFFCフランクフルトがなんと暫定5位のフライブクに負け、3位落ち。ポツダム対FF USVイェナ 戦では、元ポツダムのCarolin Schiewe選手がオウンゴールを2点も献上。もう浮上不可能と思われていたVfLジンデゥフィンゲンが暫定7位のSC 07 バード・ノイエナールに3:1で勝ち、FSV Gütersloh 2009が引き続き負けを喫したため、最下位脱出!!波乱の18節です。


また、4月17日水曜日には、悪天候などで延期になっていた試合が4試合行われました。
日付時間対戦チーム得点観客
4月17日16:0012FF USV Jena - 1. FFC Frankfurt 1:1 (1:0) 310
4月17日17:0013VfL Wolfsburg - FC Bayern München2:1 (2:1)1076
4月17日17:3014Turbine Potsdam - FCR 2001 Duisburg6:1 (4:1)1822
4月17日17:30 15 SC 07 Bad Neuenahr - Bayer 04 Leverkusen0:0 (0:0)272

ヴォルフスブルク、ポツダムが順当に勝ち進む中、フランクフルトは18節の敗北に続き、水曜日の12節でも暫定10位のイェナと引き分け。前の記事にあるとおり、これを受けフランクフルトは監督を即解任しました。

なお、FCRデュイスブルクの試合では、Christina Bellinghoven選手が1年ぶりにブンデスリーガにカムバックしました。
b7f86f4104.jpg
得点王争いにいる Mandy Islacker選手は28に怪我で退場し、得点を伸ばすことはできませんでした。この会場で、ポツダムファンによりデュイスブルクの救済Tシャツが(言い値で)販売され、先月の救済オークションの収益2000ユーロに加え、700ユーロが寄付されました。


18節および振替試合を終わっての暫定順位表はこのとおりです。
順位チーム試合得失点ポイント
1.VfL Wolfsburg 171462:11 +5144
2.1. FFC Turbine Potsdam (M)16121357:14+4337
3. 1. FFC Frankfurt 17112442:22+2035
4.FC Bayern München (P)17100736:18+1830 
5. SC Freiburg1884630:22+828
6.Bayer 04 Leverkusen1857625:31-622
7.SC 07 Bad Neuenahr1756617:23-621
8. FCR 2001 Duisburg1762929:35-620
9.SGS Essen1755719:25-620
10.FF USV Jena1744913:36-2316
11.VfL Sindelfingen (N) 1622128:58-508
12.FSV Gütersloh 2009 (N) 17211417:60-43 7


☆第19節の見どころ

第19節試合予定

日付時間対戦チーム得点観客
4月21日 11:00 1. FFC Frankfurt FCR 2001 Duisburg 
4月21日14:00FC Bayern München - VfL Sindelfingen 
4月21日14:00FF USV Jena - FSV Gütersloh 2009
4月21日14:00 SC 07 Bad Neuenahr - SCfreiburg 
4月21日14:00SGS Essenn -1. FFC Turbine Potsdam  
5月01日14:00 Bayer 04 Leverkusen  - VfL Wolfsburg 

FFCフランクフルトは、新旧監督の対決
監督(代行)になりたてのSascha Glass氏率いるフランクフルトは、9月まで監督を務めていたSven Kahlert氏率いるデュイスブルクと対戦。

Sven Kahlert監督: 「二つの可能性がある。フランクフルトがより不安定になるか、ピッチ場で巨大な打ち上げ花火を上げるかのどちらかだ。私たちは、いかなる場合も気概を持って勇敢に戦わなければならないし、我々にはそれ以外の選択肢はない。」

この試合で、FFCフランクフルトは、長期離脱している選手たち以外に、Sandrine Brétigny選手が欠場見込みです。(右太もも筋肉筋の裂傷。Muskelfaserriss im rechten Oberschenkel)。一方、デュイスブルクはChristina Bellinghoven 及び Mandy Islacker先週が軽く怪我をしました。


DFB-TVはエッセンEssen対ポツダムPotsdam戦をライブ放送
ポツダムは、タイトル獲得に向け、アウェイ勝利を目指してきます。しかしことはそう簡単ではありません。SGSエッセンは、今シーズンのホームで負けたのは、フライブルクFreiburg戦のみ。ヴォルフスブルクとは引き分けに終わり、FFCフランクフルトには勝ちをおさめています。また、昨シーズンは、ポツダムを打ち倒しています。エッセンは、シーズン後半に入って1試合しかかっていないとは言え、ポツダムにとっては油断できない相手だと言えそうです。


残留争いの終幕間近
残留争いにおいて大変重要な一戦となるのが、14時からの FF USV イェナJena対FSVギュータースローGütersloh 2009の試合です。イェナが勝てば、残留の可能性が限りなく高くなり、ギュータースロー及び仁デルフィンゲンの降格がほぼ決定します。


フライブルクは4位狙い
SC 07 バード・ノイエンアールBad Neuenahrと対戦するSCフライブルクFreiburgは、戦いへの意欲に満ちてMilorad Pilipovic監督とともにクアの町、バード・ノイエンアールに向かいます。
Milorad Pilipovicフライブルク監督(54歳):「5位を確定するために、何が何でも3ポイントとって帰りたい。来週ミュンヘンに勝てば4位に返り咲くことができる。残りの4試合全て勝てばシーズン最後に4位になることも可能だ。こんなに魅力的なことはないし、それが私たちの目標だ。」


ヴォルフスブルクはCL準決勝戦
今週もヴォルフスブルクのUEFAチャンピオンズリーグ順決勝戦のため、レーバークーゼン 対ヴォルフスブルクの試合は、5月1日18時に延期されています。
なお、21日12時からのCL準決勝、VfL Wolfsburg対Arsenal LFC セカンドレッグはライブストリームNDR.de にてオンライン・ライブ視聴できるそうです。(ファーストレグは0-2でヴォルフスブルク)。


[第18節観戦 豆知識]
•第19節に誕生日を迎える選手:
 Jacqueline Dünker (FSV Gütersloh 2009, 27)
 Merle Barth (Bayer 04 Leverkusen, 19)

・1. FFC フランクフルトFrankfurtは、ホームにて過去10試合負けなし。そのうち過去2試合は、相手に得点を許していない。

• FCR 2001 デュイスブルクDuisburgは過去4年の間に3回フランクトに勝っている。

・Bayer 04 レーバークーゼンLeverkusenは、過去5試合負けなし。過去3試合は相手に得点を許していない。最後の試合は無得点試合。

• Turbine ポツダムPotsdamはアウェイで最強のチーム。これまでどおり、今シーズン、試合前半で劣勢にたったことのない唯一のチーム。

• FF USV イェナJenaは過去6試合勝ちなし。今週末の対戦相手FSV ギュータースローGütersloh 2009は、過去13試合ポイントなし。

• Der SC フライブルクFreiburgは2007年以降、SC 07 バード・ノイエン・アールBad Neuenahrに勝ちなし。

•女子ブンデスリーガの平均観客数は、僅かに増加し、現在800ちょうど。

•累積警告による出場停止:
Sabrina Dörpinghaus (SGS Essen)

・警告
Jennifer Cramer, Sara Doorsoun-Khajeh (beide Turbine Potsdam)
Viktoria Schnaderbeck (Bayern München)
Juliane Maier (SC Freiburg)

• 現在のブンデスリーガ得点王争い:
1.Yuki Ogimi (Turbine Potsdam)  16点
2.Mandy Islacker (FCR 2001 Duisburg)   15点
3.Conny Pohlers (VfL Wolfsburg)  14点
.....
16.Célia Okoyino da Mbabi (SC 07 Bad Neuenahr,ドイツ代表フォワード!) 6点
タグ: 女子ブンデスリーガ  安藤梢  見どころ 

[edit]

△page top

シーズン末まで5試合を残して監督を解任 関係者コメント 

そ4月17日、対Jena戦での引き分け試合からチームバスで帰ってきたその晩、Philipp Dahm監督はFFCから解任の決定を知らされました。シーズン末までは、FFCのB-ジュニアSascha Glass氏が監督代理を努め、Kai Rennichセカンドコーチはそのまま残ります。正式な監督は、来シーズンまでに見つけたいと考えているとのことです。

FFCは、ここ5年間ブンデスリーガでの8度目の優勝返り咲きを模索し続けています。しかし、成績の不審が続き、今シーズン初め、昨年9月にも Sven Kahlert監督を解雇したばかりです。FFCは監督をPhilipp Dahmにかえて、上昇を目指しましたが、すでにDFBカップ戦は第2ラウンドで破れ、ブンデスリーガでもCL出場圏外の3位にとどまっています。

関係者のコメントです:

FFCマネージャーSiegfried Dietrich:
2952923337.jpg
「私は、CL出場権を奪取するための大切な試合-ヴォルフスブルク戦とポツダム戦-を目の前に控えたいま、手痛い後退をしたことに、ただ呆然としている。その結果、監督の解雇という形になったが、チーム自身もきっちり答え、残りの数試合をCL出場を諦めることなく、しっかり戦ってくれることを願っている」(FFC ウェブサイト)
「この決断は、私たちにとっても大変難しいものだった。Philipp Dahmは非常によくやってくれたからだ。監督とチームのつながり(化学融合)も非常に良かった。しかし、実演(ドライブ)はうまく行かなかった。結果がついてこなかった。」(Frauenfußball: FFC Frankfurt trennt sich von Trainer Dahm - Fußball - FAZ)

FFC会長 Bodo Adler:
20100527_Adler.jpg
「私たちは、どうやっても今シーズンのこれまでの業績に満足することができないし、全く予想していなかったFreiburgでの敗戦とJenaでの手痛い引き分け試合によって、Philipp Dahmを免職せざるを得なかった。スポーツ部門のスタッフにとっても我々にとっても、今季の最低限の目標はほとんど到達困難になり、これだけの選手を持っていながらCL出場権獲得に苦しんでいる状況に、非常に失望している」(FFC ウェブサイト)

Philipp Dahm『元』監督:
20130418_Dahm.jpg
「CL出場権獲得圏内の2位という目標は、まだ到達不可能だと決まっていないし、私の処遇に関する決定には納得がいかない。」
「もし目標達成が不可能だと感じていたり、成功しないことに責任を感じていたら、自分から帽子を取っただろう。しかし、そうではなかった。私の背後にはチームがいることを、100%納得させようとした。」
(Frauenfußball: FFC Frankfurt trennt sich von Trainer Dahm - Fußball - FAZ)

Sascha Glass監督代理:
20121219_Glass.jpg
「まず 、Philipp Dahm元監督には敬意を感じていたし、このクラブのために信じられないほど多大な力を尽くしていたので、この別れを非常に残念に思う。しかし、前向きに考えるならば、総力を結集して、残りの5試合をしっかり戦わなければならないと思う。私たちは、イングリッシュ・ウィークが始まったばかりだ。この状況で、少ないトレーニングの機会を使って、体を休めながら、かつDuisburg戦に焦点を合わせ集中することが大変重要だ。FCR 2001 Duisburg は、Sven Kahlert監督のもとに成長を見せてきている。このチームを相手に、なんとしてもホームで勝たねばならない。そのためには、試合の序盤から攻撃的に好戦的にプレイしなければならない。私は、クラブが自分に信頼を寄せてくれたことに感謝しているし、この自分が与えられたタスクを楽しみにしている。」
(FFC ウェブサイト)


Sascha Glass
1972年生まれの40歳。2012から1. FFC FrankfurtでBジュニアチームの監督。Philipp Dahm『元』監督と同じく、DFB-Aライセンスの保持者で、これまで、SV Darmstadt 98、米国 San Francisco Bay Sealsなどの、青少年/アマチュアサッカーに携わってきている。選手としての最後の経歴は、3年間、SV HahnやTSV EschollbrückenなどのAクラスのチームで、プレイヤー・コーチとして活動していた。現在は、男子ブンデスリーガのスカウトとしても時折活躍中。




FFCキャプテンNadine Angerer選手:
「この決定に驚いている。結果の悪さを考えればクラブ(の決定)のことも理解できるが、他方では、Philipp Dahm 氏は非常にいい仕事をしてくれた。私たちはシステムを変更し、それはまだ実をなしていない。しかし、私はこの新しいシステムは(そのうち)うまくいくと思っていた。」(Frauenfußball: FFC Frankfurt trennt sich von Trainer Dahm - Fußball - FAZ)

[edit]

△page top

第12節 Jena1-1-Frankfurt 監督解任! 

 FF USV Jena 1-1(1-0) 1.FFC Frankfurt まさかの引き分け。 FFC監督は、翌日解任に。 

ハイライト動画

第18節ゴール集 DFB-TV


よく晴れた4月17日水曜日の午後、FFC Frankfurtは、伸びに伸びていた第12節の振替試合でした。

この試合、日曜日にFreiburgに負けたFFCは、CLの座(ブンデスリーガ2位以内)をとるため、なんとしても勝つことが求められてました。一方のFF USV Jenaは、ここ5試合勝ち星がなく、そのうちの2試合では得点もなかったため、残留の危機にあります。
両者はシーズン前半、第1節で対決していますが、FFCは2:1 (0:1)というぎりぎりのスコアで勝ちました。FF USV JenaのDaniel Kraus監督は、「前半戦の試合を思い出して、あの時のように戦いたい」と、述べていました。

15.jpg

そうして迎えた試合、FFCは以下のような負けたフライブルク戦とは違う布陣で臨みました。
Angerer
Peter-Kumagai-(87. Kulig)-Bartusiak-Schmidt (53. Wich)
Huth-Behringer- Marozsan,
Garefrekes-Smisek (46. Andō)-Butt

足を故障しているというBrétigny選手に代わってSmisek選手がトップに入り、Kulig選手がベンチに下がってSchmidt選手が、梢選手に変わってButt選手がスタメン。日曜日スタメンだった梢選手は、後半46分きっちりに出てきたところをみると、予定された交代だったようです。

日曜日にFreiburgに負け、その三日後にJenaにやってきたFFCには、「絶対に勝たねば」という気持ちからか緊張が見られました。序盤から集中力にかけたFFCに対して、Jenaは執拗にプレッシャーをかけてきます。

そして、16分あっという間にJenaが先制!

10.jpg

Jenaは、激しくプレッシャーをかけてきます。
09.jpg


その後、28分、39分に Kerstin Garefrekes選手がシュートを放ちますが、JenaのCarolin Schieweが弾きます。
12.jpg

43分には、GK Nadine Angerer選手が前に出てきてとり損ねたボールを、JenaのRia Percival選手がフリーになったゴールに向かって蹴りますが、これは枠を外れます。そして、そのままハーフタイム。


CL出場権奪取のために、なんとしても勝ち点をとって2位に食い込みたいFFCは、後半必死に戦います。
梢選手も後半頭から登場です。

07.jpg

06.jpg

05.jpg

53分のMelanie Behringersのシュートは、クロースバー!しかし、72分、コーナーキックをGarefrekes選手がヘッドで決めて、ようやく1-1 。

両チームとも満足の行かない引き分けの状況のまま、激しい戦いが続きます。

11.jpg

03.jpg

20130417_jena_frankfurt-01.jpg

04.jpg

72分には、JenaのSchmutzler選手がFFCの選手を二人交わしてボールを持っていきますが、アウト、
76分には、Jenaのペナルティーエリアでの攻防から、Jenaがなんとかボールをクリア。
80分、JenaのSchmutzler選手がペナルティーエリアに駆け抜けますが、パスの受け手がなし。
85分、「2012年のエリート生徒」に選ばれたJenaのVivien Beil選手がシュートを打つも、外れ。
92分、FFCのKimKulig選手が最後の可能性をかけてシュートを放つも、惜しくもゴールを外す。。。


そして、試合終了。1-1の引き分けです。
02.jpg

JenaのDaniel Kraus監督のコメント:
「今日の私たちのパフォーマンスはチームを代弁している。週末の悪い結果を一蹴するために必死でやったし、ポイントを得たことは士気を保つために非常に大きかった。次の FSV Gütersloh戦でも、今日のようなパフォーマンスをしなければならない」

この日は、ほかにも3つの振替試合が行われました。結果は以下のとおりです。
第12節 FF USV Jena - 1. FFC Frankfurt 1:1 (1:0)
第13節 VfL Wolfsburg - FC Bayern München 2:1 (2:1)
第14節 Turbine Potsdam - FCR 2001 Duisburg 6:1 (4:1)
第15節 SC 07 Bad Neuenahr - Bayer 04 Leverkusen 0:0 (0:0)

この結果、フランクフルトは3位に舞い戻り、2位のポツダムとの差も2点開いてしまいました。


この結果を受け、試合の数時間後にFFCはPhilipp Dahm監督の解任を決定しました。 シーズン末までは、FFCのB-ジュニアSascha Glass氏が監督代行を努め、Kai Rennichセカンドコーチはそのまま残ります。正式な監督は、来シーズンまでに見つけたいと考えているとのこと。

20130418_Dahm.jpg
Philipp Dahm『元』監督

20121219_Glass.jpg
Sascha Glass監督代理



Sascha Glass
1972年生まれの40歳。2012から1. FFC FrankfurtでBジュニアチームの監督。Philipp Dahm『元』監督と同じく、DFB-Aライセンスの保持者で、これまで、SV Darmstadt 98、米国 San Francisco Bay Sealsなどの、青少年/アマチュアサッカーに携わってきている。選手としての最後の経歴は、3年間、SV HahnやTSV EschollbrückenなどのAクラスのチームで、プレイヤー・コーチとして活動していた。現在は、男子ブンデスリーガのスカウトとしても時折活躍中。




FFCの成績不振が続く中、監督の交代は多かれ少なかれ憶測されていたことではありますが、やはり残念です。FFCは、9月にSven Kahlert元監督を解任しており、これでシーズン中二人目の監督解任です。

そのSven Kahlert元監督が率いるFCR2001Duisburgが、梢選手の元チームメイトたちと共に、日曜日にFrankfurtへやってきます。新監督のもと、なんとか気持ちを切り替え、前向きに頑張って欲しいです。


頑張れ梢選手!
頑張れ紗季選手!
頑張れFrankfurt!

※写真は、http://www.ffusvjena.de/より。

[選手]
1. FFC Frankfurt
Nadine Angerer (1)
Bianca Schmidt (23)
Saskia Bartusiak (25)
Saki Kumagai (4)
Babett Peter (22)
Kerstin Garefrekes (18)
Svenja Huth (15)
Dzsenifer Marozsan (10)
Melanie Behringer (7)
Sandra Smisek (28)
Tameka Butt (13)

Frankfurt ベンチ
Desirée Schumann(26)
Meike Weber (12)
Jessica Wich (17)
Kozue Ando (14)
Lise vergaard Munk (32)
Ana-Maria Crnogorčević (21)

FF USV Jena
Franziska Ippensen (12)
Laura Brosius (23)
Kathleen Radtke (11)
Ria Percival (2)
Carolin Schiewe (33)
Susann Utes (6)
Louisa Lagaris (20)
Lisa Seiler (17)
Iva Landeka (19)
Karoline Heinze (22)
Amber Hearn (10)

[得点]
1:0 Hearn (16分)
1:1 Garefrekes (71分)

[主審]
 Riem Hussein (Bad Harzburg)

[警告]
なし

[観客数]
310

[edit]

△page top

第18節 3-1(2-0)でFreiburgに敗れる! 

FC フライブルクFreiburg 3-1 1. FFC Frankfurt と驚きの敗戦 

ハイライト動画 DFBーTV


フル動画 DFB-TV


※写真は、注記のないものは全てDFB-TVの動画のものです。

2週間ぶりにブンデスリーガの試合が行われた4月14日、長かった冬にもやっと終わりが見え始め、FFCフランクフルトが向かったフライブルクは10度を超える久々の好天でした。しかし、FFCフランクフルトに本当の春が来るまでには、まだ時間がかかりそうです。

FFCフランクフルトは、振替試合のためこの日から日水日水日と5連戦、2週間に渡る”イングリッシュ・ウィーク”です。この5連戦を白星でスタートさせたいところでしたが、残念ながら、この日の第18節、暫定2位のFFCフランクフルトが暫定5位のSCフライブルクに負けるという波乱の試合となってしまいました。

今日のFFCフランクフルトは、GKが前節のDesirée Schumann(26)選手に代わってケガから復帰したNadine Angerer (1)選手が復活。第16節ではベンチを温め、第17節ではスタメンフル出場で3得点(ハットトリック)を決めた梢選手は、今日はスタメンで登場で86分までプレイしました。
一方、第16節でフル出場し第17節は怪我で欠場したTameka Butt選手は今節はベンチスタートで後半からの出場、移籍加入後から前節まで常にスタメンだったLise Overgaard Munk選手はベンチ外と、いつスタメンからベンチ外になるかわからないという、すごいチーム状況です!

SCフライブルクは、ケガや警告などで、Hasret Kayikci、Melanie Leupolz、Sonja Giraud、Fiona O'Sullivanの4人の主力選手が休場しており、Milorad Pilipovic監督は「ベストの布陣は組めないが、やるのみだ」と述べていました。さらに、このPilipovic監督自身も、DFBスポーツ裁判所から3試合のベンチ入り禁止処分を受け、今日から観客席での観戦です。(この処分は、3月24日のWolfsburgとの試合後に、審判に判定について抗議をした際に審判の腕を強く押して痛めたとして、500ユーロの罰金と3試合のベンチ入り停止を命じられたものです。)
SC監督3試合ベンチ入り停止ーDrei Spiele Innenraumsperre für SC-Trainer PilipovicーBadischeZeitung
ブログ20130414-03 - コピー
観客席から見守るSCFreiburgのMilorad Pilipovic監督


このMilorad Pilipovic監督、実は別の件でも最近話題になっていました。FFCのSiegfried DietrichマネージャーがSCFreiburgのMilorad Pilipovic監督と接触をもっており、次期監督として目をつけているのではないか、という噂があったようです。サッカー専門誌のKickerが火付け役となったようですが、両者ともその事実を否定しています。
Dieterrich(FFCマネージャー)はPilipovic(Freiburg監督)を考えていないーDietrich denkt nicht an Pilipovic-FR-Online

SCフライブルクのMilorad Pilipovic監督は元プロ(ブンデスリーガ)サッカー選手で、女子サッカー界では異例のサッカーエリート。一方、FFCのPhilipp Dahm監督は、前監督の退任後にスタッフから昇格した「転職者」。上記、FR-online記事によると、リーグ戦で2位を保持しCL出場権を獲得しなければ、Philipp Dahm監督の続投は厳しいだろうというのは公然の知るところ、ウワサの真偽はさておき、フライブルクでの試合の際に、Pilipovic監督とDietrichマネージャーの間でこの件について話をするだろう、としています。
この第18節はPhilipp Dahm監督にとっては、「(いわれなき)因縁の戦い」だったのかもしれません。


さて、そんなこんなはさておき、選手たちは試合に集中している様子です。
ブログ20130414-01
スタメンの選手のみでエンジンを組むSCFreiburg

ブログ20130414-02
ベンチの選手も一緒にエンジンを組むFFCフランクフルト


試合は、以下のような布陣で始まりました。

FFCフランクフルト
Angerer(1)
Huth(15)-Bartusiak(25)-Kumagai(4)-Peter(22)
Marozsán(10)-Behringer(7)-Kulig(8)
Garefrekes(18)-Brétigny(27)-Andō(14)

SCフライブルク
Benkarth(1)
Lohmann(15)-Höfflin(5)-Abbé(6)-Clark(3)-Däbritz(7)
Hegen(24)Maier(8)
Savin(21)-Leupolz(9)ーMakanza(22)

試合序盤から、SCフライブルクは激しいプレッシャーをかけ、なかなかFFCフランクフルトの攻撃を許しません。けが人などで4人の選手を欠き、フォワードのCarmen Höfflin選手が守備に回るなど苦しい布陣かと思われましたが、その影響を感じさせないほどの素晴らしいプレッシャーを見せます。
そして、早くも11分、FFCの守備の綻びに即座に反応し、Marina Makanza選手が先制点をあげます。

その後、14分にFFCも反撃にで、梢選手がシュートを放ちますが、惜しくもポストにはじかれます!
ブログ20130414-06

20140414-10.jpg
悔しそうな梢選手
20140414-11.jpg

その1分後にも梢選手がフランス人のSandrine Brétigny選手に素晴らしいパスを出しますが、これはGKに阻まれます。

その一方で、SCフライブルクはゴールゲッターのMarina Makanza選手が素晴らしいスピードで攻撃をしかけ、コーナーキックに持ち込みます。これを、Carmen Höfflin選手がヘッドできっちりシュートし、あっという間に2-0。
そのまま、FFCに大きなチャンスのないまま前半終了。

後半に入って、FFCはSandrine BrétignyをTameka Butt選手に交代し、Kerstin Garefrekes選手をトップにあげます。
Angerer(1)
Huth(15)-Bartusiak(25)-Kumagai(4)-Peter(22)
Marozsán(10)-Behringer(7)-Kulig(8)
Butt(13)-Garefrekes(18)-Andō(14)

この布陣が功を奏したのか、後半FFCは俄然すばらしい攻撃力を見せ始めます。
47分に、Kerstin Garefrekes選手のセンタリングを梢選手が力強くシュートしますが、GKが素早く反応してこれを外に弾きます。
201304014-07_20130415041722.jpg
GKが弾きますが、この時GKが顔を強打。
20140414-09.jpg
梢選手、残念!

そして、この梢選手のシュートで得たコーナーキックを、Saskia Bartusiak選手がヘッドで決めて、ようやく2-1!
20140414-12.jpg

ブログ20130414-04

その後も、FFCは必死に攻撃を仕掛け幾度もチャンスを得ますが、GKの好守と不運に阻まれ、なかなか点を取ることができません。82分に、Kim Kulig選手に代わりSandra Smisek選手が、86分に梢選手にかわりAna-Maria Crnogorčević選手が投入されます。試合終了に差し掛かり、せめてあと1点とばかりに選手達が前へ詰めていた48分(ロスタイム)、カウンター攻撃に出たSCフライブルクのMelanie Leupolz選手がゴールを決め、最後の止めをさします。

20140414-17.jpg
Melanie Leupolz選手が1対1のGKをかわしてゴール!

20140414-15.jpg
この日19歳の誕生日を迎えたMelanie Leupolz選手、喜びも格別

20140414-16.jpg
終了の笛を前に、既に祝賀ムードのSCフライブルク

そして、試合終了。
20140414-18.jpg
呆然としている梢選手

Bernd Lupfer (SC Freiburgセカンドトレーナー)のコメント:
「今週私と Milorad Pilipovic監督とで試みてきたものを、選手たちは200%出し切ってくれた。特に前半は重要だった。ここでそのあとの戦いの基礎を作ることができた。球際でしっかり戦った。球際で勝ち、すぐさま前に向かってプレイしプレスする。今日選手たちが見せてくれたプレイは最高だった。後半に入って、多少精細を欠いたが、今後修正していきたい。」

Philipp Dahm (1. FFC Frankfurt監督)のコメント: 「負けたからといって『悪い内容の試合だった』というのは間違いだろう。私たちは、ゴールを決められなかったことを恨むべきだ。今日は私たちにツキがなかった。フライブルクの今日の戦いぶりは、彼らの実力で勝ち取ったものだ 」


18節が終わり、FFCは再び暫定3位に転落。ヴォルスブルクとのポイント差は縮めることができませんでした。ポツダムは順当に勝利して暫定2位(1試合消化試合が少ない)です。ここから始まる5連戦。しっかり気持ちを切り替えて、存分に戦って欲しいと思います。

頑張れ梢選手!
頑張れ紗季選手!
頑張れFrankfurt!


[選手]
1. FFC Frankfurt
Nadine Angerer (1)
Saskia Bartusiak (25)
Saki Kumagai (4)
Babett Peter (22)
Svenja Huth (15)
Dszenifer Marozsán (10)
Melanie Behringer (7)
Kim Kulig (8)  (82分→ Sandra Smisek(28))
Kerstin Garefrekes (18)
Kozue Andō (14)  (86分→ Ana-Maria Crnogorčević (21))
Sandrine Brétigny (27)  (46分→ Tameka Butt (13))

Frankfurt ベンチ
Desirée Schumann(26)
Meike Weber (12)
Jessica Wich (17)
Ana-Maria Crnogorčević (21)
Sandra Smisek (28)
Tameka Butt (13)


SC Freiburg
Laura Benkarth (1)
Jenista Clark (3)
Caroline Abbé (6)
Mona Lohmann (15)
Sara Däbritz (7)
Juliane Maier (8)
Melanie Leupolz (9)
Anja Hegenauer (24)
Claire Savin (21) (57分→ Sylvia Arnold)
Marina Makanza (22) (90分→ Margarita Gidion)
Carmen Höfflin (5)  (82分→ Chioma Igwe)

[得点]
1:0 Makanza(SC F) (11分)
2:0 Höfflin(SC F) (27分)
2:1 Bartusiak(FFC) (50分)
3:1 Leupolz(SC F) (90分+3)

[主審]
Ines Appelmann (Alzey)

[警告]
Sylvia Arnold (78分)

[観客数]
850 タグ: 女子ブンデスリーガ  安藤梢 

[edit]

△page top

仲良し5人組! 

こんにちは!

先週の土曜日にduisbrgでプレーしてた時の友達がfrankfurtに遊びにきてくれました!!
Ostiがバイエルンの大ファンなので、みんなからのOstiの3月の誕生日プレゼントが今回の男子ブンデスリーグのフランクフルト対バイエルンの試合観戦ツアーだったんです。

スタジアムで記念撮影!
fc2_2013-04-13_22-13-28-192.jpg


と思ったら、スタジアムが入っていなかったので(笑)

もう一回!
fc2_2013-04-13_22-14-16-399.jpg
"メンディ"Mandy Islacker、"グリ"Gülhiye Cengiz、"サイモン"Simone Lauder、"オースティ"Jennifer Oster



この試合、1-0でバイエルンが勝ってバイエルンのブンデスリーグ優勝が決まりました!
バイエルンファンのOstiは優勝の瞬間に立ち会えて大喜びでした(^^)

fc2_2013-04-13_22-15-35-472.jpg



私はもちろん乾くんを応援してたので、残念でした(>_<)
でも、バイエルン相手にドリブルで3人抜きしたり、おしいシュートもあったり、運動量も多くて乾くんかなりすごかったです!!!
fc2_2013-04-13_22-17-38-705.jpg



そんな乾くんのことを乾くんがボーフムでプレーしていた時からずっと大ファンだったメンディー。
彼女のために会いに来てくれました。
fc2_2013-04-13_22-59-16-130.jpg


めちゃめちゃ優しいお兄ちゃん!本当にありがとう!!
fc2_2013-04-13_22-22-02-532.jpg
注)撮影者:さき(笑)




明日はフライブルグ戦です。
今日はフランクフルトにきて初めての前泊です!
バスで4時間弱でしたー
fc2_2013-04-13_22-26-26-217.jpg



今日は仲良しの日本人の方からお弁当を差し入れしていただいて、エネルギーも満タン☆☆☆
お弁当おいしかった~(>_<)

fc2_2013-04-13_22-30-43-632.jpg
さきもご満悦!



明日の試合は、DFB-TVでもライブ放送あるのでもし時間のあるかたはぜひみてください!
良い結果を残せるように全力で戦います!
明日も応援よろしくお願いします!!!!!

[edit]

△page top

第18節の見どころ 女子ブンデスリーガ2012-13シーズン  

女子ブンデスリーガ2012-13年第18節のみどころ

※主に以下のサイトを参照しまとめました。
Frauenfußball-Bundesliga: Ausblick auf den 18. Spieltag 2012/13 - Frauenfußball in Deutschland - Framba.de
DFB - Deutscher Fußball-Bund e.V.


2週間前の第17節の結果は以下のとおりでした。 
日付時間対戦チーム得点観客
3月30日14:00 FC Bayern München - 1. FFC Turbine Potsdam2:0(0:0) 860
3月31日11:00 1. FFC Frankfurt - VfL Sindelfingen 7:0 (2:0) 1.340
3月31日11:00 FF USV Jena - Bayer 04 Leverkusen0:2 (0:0)210
3月31日13:00 VfL Wolfsburg - SGS Essen6:0 (2:0)616
3月31日14:00FCR 2001 Duisburg - SC Freiburg2:1(2:0)441
3月31日14:00 SC 07 Bad Neuenahr - FSV Gütersloh 20091:0(0:0)263
      

前の記事で報告したとおり、梢選手はFFCフランクフルトFrankfurtでの初得点を含む3得点(ハットトリック!)を決め、FFCは暫定2位に浮上しました。それまで2位だったポツダムPotasdamはミュンヘンMünchenに負けています。
2013-03-31.jpg

また、4月10日水曜日には、振替試合が2試合行われました。
1位のVfL ヴォルフスブルクWolfsburgは、シンデルフィンゲンSindelfingenに順当に勝ちを納め、トップの座をますます固めてきています。
121118-Alexandra-Popp-Torjubel-2.jpg
4得点で大喜びのPopp選手。Popp選手は元Duisburg選手です。

FCRデュイスブルクDuisburgは、7:3 (4:2)でギュータースローGüterslohに勝利、6位に浮上しました。Sven Kahlert監督は「降格の危機は80%なくなった」と胸を撫で下ろしています。
Mandy-Islacker-2-130324-gr.jpg
”メンディ”選手は、3得点を決め、得点王に躍り出ました!


暫定順位表はこのとおりです。
順位チーム試合得失点ポイント
1.VfL Wolfsburg 161360:10 +5041
2.1. FFC Frankfurt15111340:18+2234
3. 1. FFC Turbine Potsdam (M) 14101345:13+3231
4. FC Bayern München (P)15 906 33:16+1727 
5. SC Freiburg17 746 27:21+625
6. FCR 2001 Duisburg1662828:29-120
7. SC 07 Bad Neuenahrx1555516:20-420
8. Bayer 04 Leverkusen1655625:31-620
9. SGS Essen1654719:25-619
10.FF USV Jena1543812:29-1715
11. FSV Gütersloh 2009 (N) 16211317:58-417
12.VfL Sindelfingen (N)   15 125:57 -52 5


☆第18節試合予定
日付時間対戦チーム得点観客
4月13日 14:00  Bayer 04 Leverkusen - SGS Essen
4月14日11:00SCfreiburg - 1. FFC Frankfurt 
4月14日14:00 1. FFC Turbine Potsdam - FF USV Jena 
4月14日14:00FSV Gütersloh 2009 - FC Bayern München 
4月14日14:00VfL Sindelfingen - SC 07 Bad Neuenahr 
4月24日18:00  FCR 2001 Duisburg - VfL Wolfsburg 


第18節は1試合が延期
今週末の第18節は、ドイツの「長かった冬」からようやく解放され、たくさんの観客を期待したいところです。残念ながら、1試合延期が決まっていますが、今回は悪天候ではなくヴォルフスブルクのUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦進出がその理由です。FCR 2001 Duisburg 対ヴォルフスブルクの試合は、4月24日18時に延期されています。

NRW対決
4月13日土曜日14時より、まず1試合、NRW州同士対決のBayer 04 レーバークーゼンLeverkusen 対 SGS エッセンEssen戦が行われます。
暫定8位のレーバークーゼンは、前節でイェナJenaに0-2で勝っていますが、Thomas Obliers監督は「内容的には、DFBカップ王者ミュンヘンとの2-1の試合より、2段階ほど劣るものだった。対エッセン戦では、しっかり上げていきたい」と語っています。
一方のエッセン(暫定9位)は、前節で首位ヴォルフスブルク相手に受けた今シーズン最大の負け試合の傷を、勝利でなんとか癒したいところです。


フランクフルトのアウェイ試合はDFBーTVにて放送
女子ブンデスリーガ、4月14日日曜日11時には、SC フライブルクFreiburg対 1. FFCフランクフルトFrankfurtの試合が行われます。統計的には、これまで23試合中17勝3分3敗のFFCに有利です。しかし、シーズン前半戦でのFFCの勝利は、1-0というギリギリのスコアでした。

フランクフルトPhilipp Dahm監督:
「私たちは、ブライスガウアリネンBreisgauerinnen(フライブルウク)の強さを知っている。フライブルクでも自分たちの目標達成に向けてしっかり試合に集中し、勝ちに行きたい」。
フライブルクMilorad Pilipovic監督:
「フランクフルトのカードはほとんが各国代表選手だ。レベルの高い選手の集まりで、それがチームの強さを示している。私たちは全力で当たるのみだ。もしかしたら、サプライズを引き起こせるかもしれないしね。」

しかし、フライブルクは Hasret Kayikci, Sonja Giraud, Fiona O'Sullivan、Jobina Lahrの4選手欠場予定です。一方のフランクフルトは、これまでどおり、Fatmire Bajramaj, Simone Laudehrの両選手が欠場予定です。

日曜日の14時に3試合
Turbine PotsdamはホームでFF USV Jenaを迎えます。
最下位のVfL SindelfingenはホームでSC 07 Bad Neuenahrと対戦。
FSV Gütersloh 2009はBayern Münchenと対戦しますが、降格圏を脱出するためにはなんとしてもポイントを取らなければなりません。しかし12連敗のあとには非常に難しいと思われます。


[第18節観戦 豆知識]
• スタジアムで誕生日を迎える選手: Melanie Leupolz (SC Freiburg)19歳、
Anja Barwinsky (FSV Gütersloh 2009) 27歳。

• Turbine ポツダムPotsdamは、今シーズン、試合前半で劣勢にたったことのない唯一のチーム。

• Bayer 04 レーバークーゼンLeverkusenは、過去3試合連勝。

• VfL ジンデルフィンゲンSindelfingenはホームで過去5試合得点なし。19失点。

• FSV ギュータースローGütersloh 2009は過去12試合、1ポイントも獲得していない。

• Bayern Münchenは今シーズン2つの顔を合わせ持つ。ホームでは8勝1敗だが、アウェイではその反対に1勝5敗

•累積警告による出場停止:
Iva Landeka (FF USV Jena)
Anne Van Bonn (FSV Gütersloh 2009)

• 現在のブンデスリーガ得点王争い:
 1.Mandy Islacker (FCR 2001 Duisburg) 15点
 2.Yuki Ogimi (Turbine Potsdam)     14点
 3.Conny Pohlers (VfL Wolfsburg)         14点
タグ: 見どころ 

[edit]

△page top

Deutchland vs USA 

Guten Tag!

昨日,隣町でドイツ女子代表VSアメリカ女子代表の試合があり観戦に行ってきました!
スタジアムに着くと,なんとプリンツ選手と遭遇!!!!!
プリンツ選手といえば,2011年のW杯後に引退しましたが,私が初めて代表に選ばれた頃から世界的にずっと活躍していて、バロンドールを獲得した偉大な選手です
日本対ドイツの試合で何度もこの選手にやられましたが(>_<)......本当に尊敬するすごい選手でした.
彼女は,私の所属するフランクフルトでずーーっとプレーしていたので,チームの事務所やマッサージルームなどには彼女の写真がたくさんあります.
1.ffc frankfurtのレジェンドです!!

そんな選手と会うことができたので,思い切って写真を撮ってもらいました.

fc2_2013-04-06_14-43-46-179.jpg

きちんと「フランクフルトの新しい選手です!」とドイツ語で挨拶しました~笑 (^_^)v

試合は前半0-0,後半3-3で後半に6ゴールの白熱した試合になりました.
Frankfurtの選手もたくさん活躍してたし,Duisburgで昔一緒にプレーした選手も頑張っていました!!
アメリカやドイツの試合を見たら,対戦したい気持ちでいっぱいになりました!!!


fc2_2013-04-06_14-49-14-620.jpg
試合前エンジンを組むドイツチームとsaki(^^)


fc2_2013-04-06_18-15-12-467.jpg
冬季移籍で私と同時期に移籍してきたオーストラリア代表のTameka!!

fc2_2013-04-06_18-07-49-480.jpg
寒さのあまり、あげたホッカイロを試合中ずっと握りしめてたTameka!

fc2_2013-04-06_18-11-02-437.jpg
2万人収容のスタジアムに、今日は1万6000人の観客数!!世界的ランキング1位、2位の対決にお客さんも盛り上がっていました!

[edit]

△page top

ハットトリック!!! 

こんにちは!
日曜日のsindelfingen戦7-0で勝利し、フランクフルトに移籍して初ゴールで3得点することができました。
みなさんからの祝メッセージありがとうございます!!!
自分の活躍を日本からも喜んでくれている方がたくさんいるんだと改めて感じて、ゴール以上に嬉しくなりました。
本当にありがとうございます!!!

新しいチームにきて、またポジション争いの激しいチームで自分自身何より一番ゴールという結果が必要だったので、とにかく結果をだせたことで正直すごく嬉しく自信になりました。

2013-03-31.jpg
FFCのHP

今週は2位だったポツダムがミュンヘンに負けたためフランクフルトは昨日の勝利で2位になりました。

上位3チームはポイント差が少なく、直接対決も残っているので、優勝争いも、チャンピオンズリーグの出場権(リーグ2位以内)争いもあり1試合1試合、大切な戦いが続きます。

こういう中でサッカーができてとても充実してチャレンジできています!

Frankfurt でチームに貢献できるように、自分自身もっともっとレベルアップできるように精一杯がんばります!!

そして、みなさんにまた良い報告ができるように!!!!

fc2_2013-04-03_00-24-48-311.jpg

今日もフランクフルトにはたくさんの日本人の方々が応援にきてくれました!!寒い中、熱い応援ありがとうございました(^-^)/

fc2_2013-04-03_00-29-04-721.jpg

試合後のvipルームで食事しながらKG選手と記念撮影!
前節の試合で3得点したKG 選手から、今日は私をお手本にしたんだよね~と言われました(^^)
いつもやさしいKGと記念撮影できてご機嫌な私(笑)

[edit]

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。