世界でたたかうKOZUE

タグ:「試合報告」の記事一覧

・--/--/-- スポンサーサイト
・2014/06/08 2-1で敗れ、フランクフルトは最終節に首位を譲る!
・2014/05/31 第21節 ポツダムに2-1で勝利!CL出場権獲得!

|




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告 | -- trackback | -- comment

△page top

2-1で敗れ、フランクフルトは最終節に首位を譲る! 

1ポイント差の首位フランクフルト 1. FFC Frankfurt対2位ヴォルフスブルクの優勝決定戦となった最終節。フランクフルトは引き分け以上で優勝決定、という有利な状況で臨みます。

しかし、CLに続く二冠を目指すタイトル保持者ヴォルフスブルクのホームスタジアムには、12464人もの観客がつめかけ、35度近い気温と相まった、熱い熱い戦い、結果は2-1でヴォルフスブルクの勝利、フランクフルト とっては、最終日に初めて首位落ちをするというつらい結果となりました。

【フォーメーション】
4-3-3
        Schumann
Schmidt-Laudehr -Kuznik- Crnogorcevic
    Ando - Behringe
Marozsán
  Garefreke - Alusi 
Šašićr
Saskia Bartusiak選手前節で膝の後十字などに重傷を負い、先週無事に手術が終了。シャジッチ選手は、怪我で一カ月近く休んでいましたが、前節では試合後半で10分ほどプレイ、今日はスタメンに戻ってきました。
Kim Kulig選手、Lise Munk選手、は怪我で長期離脱中、明日菜選手はベンチスタート。 

≪動画≫




hr 動画










≪写真≫
VfLWolfsburg FFCFrankfurt01
フランクフルト からも、ファンが駆けつけます。

VfLWolfsburg FFCFrankfurt04
キャプテン・ガーレフレーケス選手:(前日のロッカールームで)「梢、明日、勝とう!」

VfLWolfsburg FFCFrankfurt02
怪我あがりのシャジッチ選手も全力で

VfLWolfsburg FFCFrankfurt17


VfLWolfsburg FFCFrankfurt18
フランクフルトにも何度かチャンスが訪れますが、なかなか決定打が出ません。

VfLWolfsburg FFCFrankfurt03
そんななか、ヴォルフスブルクが先制点


1-0のまま後半戦に入ります。
フランクフルト 1. FFC Frankfurtは、システムを4-4-2に変更。前半に比べが前動きがよくなります。

VfLWolfsburg FFCFrankfurt19
中盤でプレイする梢選手

VfLWolfsburg FFCFrankfurt14
今日で最後のアルーシ選手も、好プレーを見せてくれます。

VfLWolfsburg FFCFrankfurt06
後半に入ってフォワードに入ったマロジャン選手。動きが目立つようになります。


そして、試合も終盤の82分、梢選手の起死回生のシュートが生まれます。

シュート前
ガーレフレーケス選手から左サイドにボールが出ます。

シュート
マロジャン選手がシュート!と思いきや、梢選手にパス!相手の守備も大慌て。

シュート2
そして、梢選手が落ち着いて左コーナーにシュート!
梢選手「全てがスローモーションのように見えた」「相手選手が右に来ているのが見えたので、左に蹴った」

シュート後1
再び優勝を手にしたかに思えたこの瞬間。マロジャン選手と抱き合って喜ぶ梢選手。皆も大喜び

シュート後2
つぶされるマロジャン選手と梢選手。最後のとどめはクツニック選手
マロジャン選手:「重い!!!!どいてーーーーー!!!!!!」

VfLWolfsburg FFCFrankfurt05
やったー!!!!!

ところが、フランクフルト 1. FFC Frankfurtの優勝カウントダウンに入った89分、フリーキックのボールを、、、、

VfLWolfsburg FFCFrankfurt20
デュイスブルクFCRDuisburgで梢さんと仲良しだったPopp選手が、持ち前のジャンプ力で圧巻のヘディングシュート

VfLWolfsburg FFCFrankfurt21
ゴール!!!!ヴォルフスブルクは「優勝」を再び自分たちの手元へ引き戻し、大喜び!!!!

2014-06-08 Wolfsburg298_GF
残酷にも、、、、そのまま試合終了

2014-06-08 Wolfsburg301_GF
しばらく動けない様子の梢選手

2014-06-08 Wolfsburg299_GF

2014-06-08 Wolfsburg305_GF


2014-06-08 Wolfsburg310_GF

2014-06-08 Wolfsburg312_GF
アナウンサー:「ヴェルト・マイスタリンKozue Andoは、ドイツ・マイスタリンにはなれませんでした。。。」

2014-06-08 Wolfsburg315_GF

2014-06-08 Wolfsburg319_GF

2014-06-08 Wolfsburg317_GF
スタッフのおばさま:「ぜーーんぶ、出しちゃいなさい」

10372767_893097950705625_7969459821925948210_n.jpg
最後は笑顔!「アリーナ、アメリカへ帰っても元気でがんばって!」

最後の最後まで、暑さのなか皆頑張ってくれました。
今日はたった7分間でしたが、優勝の夢を見せてくれた梢選手に感謝です。
この悔しさが来季の強さにつながることを心から願っています。

最終節を終えて、クロッペンブルクBV Cloppenburgとジンデルフィンゲンの降格がきまりました。
来季は8月末に開催の予定です。


頑張れ、梢選手!
頑張れ、明日菜選手!
頑張れ、FFC フランクフルト!!


≪データ≫
フランクフルト
(1) Desiree Schumann
(7) Melanie Behringer  
(9) Célia Šašić   
(10) Dzsenifer Marozsán
(11) Simone Laudehr
(14) Kozue Ando
(18) Kerstin Garefrekes
(19) Fatmire Alushi  (→(2) Alina Garciamendez Rowol )
(21) Ana-Maria Crnogorcevic (→29分 (15)Svenja Huth  )
(23) Bianca Schmidt  
(27) Peggy Kuznik

フランクフルト ベンチ
(31)Anke Preuß        
(2) Alina Garciamendez Rowol
(4) Babett Peter        
(12)Meike Weber       
(15)Svenja Huth      
(17)Jessica Wich      
(24)Asuna Tanaka    

フランクフルト監督
Colin Bell

ヴォルフスブルク
(1) Almuth Schult
(2) Luisa Wensing
(4) Nilla Fischer
(9) Anna Blässe
(11) Alexandra Popp
(13) Nadine Keßler
(20) Stephanie Bunte
(22) Verena Faißt  (78分 →(16) Noelle Maritz)
(25) Martina Müller
(27)  Josephine Henning (68分→(18) Ivonne Hartmann)
(28) Lena Goeßling   (87分→(26)Conny Pohlers)

ヴォルフスブルク・ベンチ
(29)  Merle Frohms
(10) Selina Wagner
(16) Noelle Maritz
(17) Laura Vetterlein
(18) Ivonne Hartmann
(23) Jovana Damnjanovic
(26) Conny Pohlers

ヴォルフスブルク監督 
Ralf Kellermann

[観客数]
12464
[得点]
1-0 Faißt(16分)
1-1 Ando(82分)
2-1 Popp(89分)

[主審]
Christina Biehl (Schwollen)

[警告]
イエローカード:
Blässe(48分)、Martina Müller(90+1分)
Bianca Schmidt(41分)、Sasic(62分)、Laudehr(63分)、Marozsan(83分)
スポンサーサイト
タグ: 安藤梢  女子ブンデスリーガ  FFCフランクフルト  田中明日菜  試合報告 

[edit]

△page top

第21節 ポツダムに2-1で勝利!CL出場権獲得! 

残り2試合となった第21節、フランクフルト 1. FFC Frankfurtはポツダム1. FFC Turbine Potsdamを2-1(1-0)でくだし、首位を死守。最終試合を残して3位のポツダムと5ポイント差となり、ブンデスリーガ2位以上が確定し、来年度のヨーロッパチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得しました。(2015年のCL決勝戦はBerlinで行われます!)

同日、2位のヴォルフスブルクVfL WolfsburgはクロッペンブルクBV Cloppenburgに2-0で勝ち、フランクフルトと1ポイント差で2位をキープ。最終節(6月8日14:00)の直接対決で、”ドイツ・マイスター”の座を争うことになりました。フランクフルトは引き分け以上で優勝決定です。

CL出場が決定して大喜びする反面、誰もが、試合中に怪我をして交代を余儀なくされたバートゥジアックSaskia Bartusiak選手の容態を心配していました。そして試合翌日、クラブより、左ひざの「後十字断裂」および「脛骨プラトー骨折」で10ヶ月の療養が必要、との発表がありました。手術の必要性については、更なる検査により決断されるとのこと。
守備の要であると同時にチームの大切なまとめ役だったバートゥジアック選手の欠場は、チームにとってもファンにとっても大きなショックであり、損失です。バートゥジアック選手が少しでも早く、痛みと傷から解放される日が来ることを祈るとともに、大きな代償を払って勝ち得たCL出場権を、残りの選手で大切に戦いきってほしいと思います。

≪動画≫















≪データ≫
【フォーメーション】
       Schuman
Schmidt-Bartujiak- Kuznik - Laudehr
Garefrekes - Behringer-Marozsán -Alushi
   Crnogorcevic - Ando
梢選手は、クロノゴルチェビッチAna-Maria Crnogorcevic選手とのツートップ。Kim Kulig選手、Lise Munk選手は怪我で長期離脱中、明日菜選手はベンチスタートでした。
試合開始後、選手のポジションはたびたび入れ替わり、梢選手は前半途中からボランチ。

一方のポツダム1. FFC Turbine Potsdamは、エースのアノンマ選手がレッドカードによる出場停止、永里亜紗乃
選手は膝を痛めてベンチスタートです。

【選手】
フランクフルト
(1) Desiree Schumann
(7) Melanie Behringer  
(10) Dzsenifer Marozsán 
(11) Simone Laudehr
(14) Kozue Ando       
(18) Kerstin Garefrekes
(19) Fatmire Alushi       (85分→(9)Célia Šašić )
(21) Ana-Maria Crnogorcevic 
(23) Bianca Schmidt  
(25) Saskia Bartusiak  (63分→(15) Svenja Huth)
(27) Peggy Kuznik

フランクフルト ベンチ
(31) Anke Preuß
(4) Babett Peter
(9) Célia Šašić       
(12) Meike Weber        
(15) Svenja Huth
(17) Jessica Wich      
(24) Asuna Tanaka       

フランクフルト監督
Colin Bell

ポツダム
(24)Anna-Felicitas Sarholz
(3) Lia Joelle Wälti
(4) Johanna Elsig
(5) Maren Mjelde
(9) Ada Stolsmo Hegerberg
(10)Julia Simic
(14)Jennifer Zietz
(19)Antonia Pia Anna Göransson (70分→(17)Asano Nagasato)
(23)Lidija Kulis
(25)Lisa Catherine Evans (78分→(16)Natasa Andonova)
(31)Pauline-Marie Bremer

ポツダム・ベンチ
(26)Gudbjörg Gunnarsdottir
(8)Wibke Meister
(11)Jennifer Cramer
(16)Natasa Andonova
(17)Asano Nagasato
(21)Tabea Kemme

ポツダム監督
Bernd Schröder

【得点】
1:0 Alushi (42分)
1:1 Bartusiak (61分 オウンゴール)
2:1 Garefrekes (90分+2)
※Mjelde選手PK失敗 (81分)

【観客数】
7250

【主審】
Bibiana Steinhaus (Hannover)

【警告】
イエローカード
フランクフルト:
Laudehr (67分), Crnogorcevic (81分)
ポツダム:
Elsig (49分), Kulis (74分)

≪写真≫



2014-06-01-0001_GF.jpg
気温18度、青空のサッカー日和

2014-06-01-0002_GF.jpg
1時間半前、すでにかなりの人出

WU-02.gif
たわむれてます。もとい、ウォーミングアップ中です。

WU-01 Sassi
「セリア様」がスタメンにいないときは、「ザッシー」がパス練習のパートナー

WU-03.gif
シュート練習もばっちり

2014-06-01-0051_GF.jpg
あっすーも元気にウォーミングアップ

2014-06-01-0050_GF.jpg
ポツダムの永里選手とアノンマ選手

2014-06-01-0053_GF.jpg
いよいよ選手入場。今日は報道陣の数も大目。

2014-06-01-0057_GF.jpg
梢選手は今日もスタメン

2014-06-01-0058_GF.jpg
今季限りでお別れの選手たち

2014-06-01-0062_GF.jpg
気合!

2014-06-01-0060_GF.jpg
Steinhaus.png

主審は、「ドイツでもっとも成功している女性審判」シュタインハウスBibiana Steinhaus。男子ブンデスリーグ2部でも笛を吹き、「2011年女子W杯決勝戦およびロンドンオリンピック・サッカー決勝戦に出場した唯一のドイツ人女性」です。
本日の試合は、このカリスマ審判が主審に入り、普段主審を務めている審判たちが線審に回る贅沢振り!





ポツダムのすばやい攻撃に守備がじたばたし、フランクフルトの攻撃の形がなかなか作れない中、前半42分ようやく得点!





2014-06-01-0549_GF.jpg

2014-06-01-0550_GF.jpg
アルーシ選手のゴールですが、ラウデア選手と表示されていたのは、ご愛嬌!?


そしてハーフタイムへ。

2014-06-01-0761_GF.jpg
この日の観客数は7250!FFCクラブのブンデスリーガ観客数記録を塗り替えました。

1-0で迎えた後半、アクシデントが起きます。
Sassi01.jpg
なんと、味方のGKとの衝突で、ザッシー(バートゥジアックSaskia Bartusiak選手)が大怪我。
このとき不幸にもオウンゴールで、1-1の同点に。

Sassi02.jpg
ポツダムのシュルーダー監督も、励ましの声をかけてくれます。
試合翌日の発表によると、回復まで10ヶ月かかるとのこと。少しでも早く傷がいえますように。





そして、クロノゴルチェビッチ選手がペナルティーエリアでファウルを取られ、冷や汗握る81分のPK。
このとき、監督からの(おそらく、右に蹴るぞ!などの)指示を伝えるために、第2GKが全速力でゴールに向かって走りますが、伝言が届く前にむなしくもPKスタンバイ!!!!逆転決定!かと思いきや、GK「デジー」選手が見事に食い止めます。

TOR02.jpg
今日のできでは同点でもしかたない、、、、と誰もが思い始めたロスタイム2分、われらがキャプテン「ケアスティンさま」の逆転弾!

そして、、、試合終了。
勝利の瞬間、梢選手は、両手で顔を覆って地面にうっぷして喜んでいました。

梢選手が、ヨーロッパにサッカーをしにきた大きな目標だったCL出場。
デュイスブルクでその夢は半分かないましたが、チームとしても個人としても存分に実力を発揮できないままでした。
デュイスブルクの経営危機でCLどころではなくなったとき、梢選手はあえて、CL出場のチャンスを求めて強豪チーム、フランクフルトへの移籍を選びました。来年度はいよいよその夢がかないます!おめでとう!

2014-06-01-0963_GF.jpg

2014-06-01-0960_GF.jpg


2014-06-01-0959_GF.jpg

大喜びのFFC ディートリッヒSiegfried Dietrichマネージャー

2014-06-01-0966_GF.jpg

2014-06-01-0964_GF.jpg

2014-06-01-0969_GF.jpg

2014-06-01-0974_GF.jpg

2014-06-01-0976_GF.jpg
梢選手:「怪我上がりの急なフォワード抜擢なのに、よくがんばった。よかったよ」

【コメント】
ベルColin Belフランクフルト監督:勝利を収めたばかりだが、まず最初にザシー(バートゥジアックSaskia Bartusiak選手)のことを考えずにはいられない。彼女の膝の大怪我は、勝利の喜びに大きな影を落とした。ザシーはサッカーだけでなく人間性の点でも非常に重要な選手だ。試合直後にロッカールームでザシーに会ったとき、涙を禁じえなかった。
 ポツダムは非常にいいプレイをしたと思う。前半のできからいえば、ハーフタイムの時点で負けていても仕方なかったと思う。しかし、だんだん試合にうまく入り、ボールが回るようになり、得点することができた。もちろん、ポツダムのようなチームを相手に戦う場合は、90分間全力を出し切らなければならないことはわかっていた。ザシーの怪我を引き起こした不運なオウンゴールで1-1になったことで、逆にチームはよくなった。試合をコントロールし、効果的にプレイできるようになった。
 PKのシーンでは、私の意見ではファウルではなかったと思う。アナ(クロノゴルテェビッチ選手)は、得意のスピードでポツダムの選手に競り勝ち先にボールに触っていたからだ。ミェルデMaren Mjelde選手がどこに蹴るかは予測がついたが、デジー(シューマン選手)もよくわかっていたようだ。
 最終的に、1-1で試合が終わることに満足しなければと思っていたが、2点目を入れることができて信じられない思いだった。今日の勝利は運にも味方されたと思うが、チャンピオンズリーグ出場権を獲得できたのは、今季を通じての成果であり、自分たちががんばって得た成果だと思う。来週のヴォルフスブルクでの決勝戦が楽しみだ。

シュルーダーBernd Schröderポツダム監督: まずは、FFCにCL出場権獲得を祝福したい。 われわれはあと1勝するだけでよかったことはみな承知していた。そのためには、すべてが思うように機能しなければならなかったが、今日は残念ながら機能せず、相手ゴールに機能した。PKの失敗により、完全に頭をたれてしまった。まとめていえば、今日ドイツの女子サッカーファンは、よりよいプレイをしたチームが必ずしも勝つわけでない、という、すばらしい試合を見たことだろう。

ディトリッヒSiegfried Dietrich FFCマネージャー: 3年ぶりにCLに出場できることが決まった特別な瞬間だ。熱心なパートナーやスポンサーとともに、この数年間ポジティブに、前を向いてがんばってきた甲斐があった。バートゥジアックSaskia Bartusiak選手が、よりによって彼女が長い間プレイしていたFSV Frankfurtのlこのスタジアムで、大きな怪我をしたことは非常に残念だ。 次のヴォルフスブルクの試合では、有終の美を飾りたい。この Frankfurter Volksbank Stadionでのホーム最終戦のために尽力してくださった関係者の方々に、もう一度お礼を述べたい。

頑張れ、梢選手!
頑張れ、明日菜選手!
頑張れ、FFC フランクフルト!! タグ: 安藤梢  女子ブンデスリーガ  FFCフランクフルト  試合報告  田中明日菜 

[edit]

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。